更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
担当者 NINDJA  登録日時 2009-05-14 11:21 (3096 ヒット)

韓国と日本の市民社会の連帯を築くために
−2009年光州国際平和フォーラム「ODAと市民社会」報告


日 時:2009年5月30日(土)18時〜(開場17時30分)
場 所:ATJ/APLA事務所会議室
講演者:越田清和
参加費:500円

会場の都合上、必ずご予約ください。

開始時間 18時00分
定員数 20人 (予約数 14人)
予約締切時間 2009年05月30日 17時00分

【事務局より紹介】
 5月16日〜18日、韓国の光州で「ODAと市民社会」をテーマにした国際平和フォーラムが開催されます。開催の背景としては、韓国政府が近年ODA(特に対アジア各国)を急激に拡大してきていること、それに対して市民社会による調査研究・監視活動は動き出したばかりであることがあります。韓国が現在抱える問題点の共有、国際的なレベルでの経験や情報の共有などをつうじて、ODAに関する市民社会の国際的な連帯を構築していくことがフォーラムの目的です。
 ニンジャメンバーとして「日本の対インドネシアODAとそのモニタリング活動」について発表するため、今回のフォーラムに参加予定の越田清和さんに、その報告をしていただきます。対インドネシア援助について、韓国と日本の市民はどのような形で連帯していくことが可能なのか、べんきょう会参加者のみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

受付を終了しました