更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
担当者 NINDJA  登録日時 2013-11-24 01:42 (1914 ヒット)

中スラウェシのエネルギー開発現場へ!
「海の民」と開発を考える旅


中スラウェシ州東部で進められている石油・ガス開発は、バジャウとよばれる「海の民」の暮らしに壊滅的な影響を与えています。漁業で生計を立ててきた人びとは、漁獲量の激減により、その日に食べるものすら確保できなくなりました。高利貸しからカネを借りざるを得ない状況に追い込まれた人も少なくありません。2011年8月には、損害賠償や漁業以外の職業訓練などを求める人びとが、開発現場を警備するインドネシア治安部隊によって射殺される事件も起きました。実は、この地域でLNG開発を主導しているのは日本の商社、生産されるLNGは日本の電力会社へと輸出される予定です。現在建設中のLNG精製プラントについても、不透明な土地収用プロセ ス、不公正な建設作業員の雇用などが指摘されています。わたしたちのエネルギー需要を満たすため、その生産現場がどのような状況にあるのかを理解し、わたしたち自身の生活のありかたを考えてみませんか。

開始時間 23時00分
予約締切時間 2013年12月31日 23時00分
前のイベント 次のイベント