125号(2010年10月号)目次

投稿日時 2010-10-25 23:15:00 | トピック: ニュース

A4版28ページ/800円

今月の写真(写真:ハルン・スアイビー、文章:ギト・ニルボヨ)

【特集】
・フィレップ・カルマに学ぶ―インドネシア政府によるパプアの人権侵害(アンドレアス・ハルソノ)
・ムラピ山噴火にともなう救援活動をおこなった5日間(エスカ・ドゥイ・パルピ)

【活動報告】
・「濡れた乾期」の結末〜第7期ニンジャ・メロン栽培結果報告〜(間瀬朋子)

【連載】
・日本=インドネシア第4回 母子手帳とインドネシア社会(メタ・スカル・プジ・アストゥティ)
・島々を行く第3回 ワンギワンギ島(つづき)(村井吉敬)
・モノ売り考第7回 アンクリンガン(間瀬朋子)
・レンチョン通信(イムラン・MA)
・パリンド通信(ダネル・ラシンポ)

【今月のニュース】2010年7月〜9月
・反テロ庁、テロ特別法廷が議論に
・反テロ部隊による人権侵害の指摘相次ぐ
・警察幹部の疑わしき銀行口座問題、解明なるか
・アフマディヤ襲撃、信仰の自由が問われる
・記者に対する暴力や脅迫が頻発
・対外債務額増加もモラトリアム申請せず
・国境、出稼ぎ労働者問題でマレーシアとの関係悪化
・東カリマンタンで住民同士の衝突
・中スラウェシ州で騒乱、住民8人が射殺される
・アチェ、和平合意から5年
・アブ・バカル・バアシル、逮捕される
・国家警察、OPM指導者射殺を認める
・西パプア州で警察機動隊と住民の衝突発生

ご購入→ショップ


NINDJAにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.nindja.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.nindja.com/article.php?storyid=3