更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
インドネシア反原発運動へのご支援のお願い
 インドネシアでは現在、中ジャワ、マドゥラ、バンカ・ブリトゥン(スマトラ島)などで、原発建設計画がもちあがっています。
 日本はインドネシアの原発建設計画に深く関与してきました。1990年代初頭には関西電力関連会社が実行可能性調査を実施、建設候補地の推薦をおこなったのを皮切りに、2006年には経済産業省による「アジア原子力発電導入支援事業」、2007年にはJETROとインドネシア原子力規制庁による原発建設・操業に関するセミナー、福島第一原発後の2011年11月にも福井県国際原子力人材育成センターによる原発技術者の受け入れなどが実施されています。
 建設予定地の住民の多くは原発建設に反対し、さまざまな行動が展開されてきました。とくに福島第一原発事故以降、各地の反対運動が協力しあう潮流も生まれています。どうぞ、インドネシアにおける反原発運動をご支援ください。
 みなさまからお寄せいただいたご支援は、インドネシア最大の環境NGOであるインドネシア環境フォーラム(WALHI)、グリーンピース・インドネシア、原発建設予定地のNGOや住民組織、原子力専門家などが参加する「反原発運動メーリングリスト」にて使途を協議のうえ、全額カンパさせていただきます。

Warung NINDJAからご支援いただけます
映像 : ムリア原発建設予定地となったバロン村の暮らし
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2014-6-10 13:06:15 (859 ヒット)

印刷用ページ このニュースを友達に送る