更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
ジャワ地震被災者支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ジャワ中部地震被災者支援へのご協力のお願い
 2006年5月27日午前5時54分(現地時間)、マグニチュード6.2の地震がジャワ島中部のジョグジャカルタ市より15km程南の南部海岸近くで発生し、多数の死者(3000人以上)と負傷者が出ています。避難民は20万人に上るとみられ、家屋、病院など建物の被害も深刻であり、今後、中長期的な復興活動が必要になると思われます。
 NINDJAは、これまで現地と培ってきた草の根のネットワークを生かし、屋台、ヤギ、メロン栽培支援をおこなってきました。現在、いただいたカンパの残金を生計自立支援プロジェクトとして活用させていただいている段階です。今後ともご支援いただけると幸いです。

Warung NINDJAからご支援いただけます
モノ売り支援 : 「モノ売り支援」が本格的に開始
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-6-28 19:23:00 (2350 ヒット)

 6月20日に2370万ルピアを送金、中ジャワ州クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガン集落と隣のジョンゴ集落の出身のアンクリンガン(ジャワ式屋台カフェ)売りの支援活動がはじまりました。

■ NINDJAによる中部ジャワ地震被災者支援の第一弾「モノ売り支援」が本格的に開始しました
 ジョグジャカルタ特別州バントゥル県で被災して、屋台やそのほか商売道具を失ったアンクリンガン(ジャワ式屋台カフェ;紅茶や揚げバナナ、バナナの葉にごはんとおかずを少しずつ包んだもの―ナシ・クチンー<ねこめし>を売る)売り13名が最初の対象です。
 支援対象者の多くは中ジャワ州クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガン集落と隣のジョンゴ集落の出身。チャワス郡カランアッサム村は、西で境を接する同県バヤット郡ングランガン村と並んで、アンクリンガン売りの出身地として有名。これらの村からは労働人口の約75%が、アンクリンガン売りとして中ジャワ州スマラン県やジョグジャカルタ特別州に出かせぎしています。
 被災地ジョグジャでは建材費などがかなり値上がりしているので、壊れた屋台に代わる新しいものをここで作るとなると援助予算をオーバーしそう。彼らの出身地で作る場合、輸送費がばかにならない。ジョグジャ中、クラテン中歩いて、何とかなりそうな屋台工場(こうば)、やっと見つけました。ジョグジャ特別州グヌン・キドゥル県サプトサリ郡ジュティス村、ジョグジャ市内からバイクで1時間半くらいの山中にあります。総チーク材(堅くて強い)のタイヤつき、輸送費込みで破格の一台90万ルピア(約1万1000円)。この価格がとても安いことは、知り合いのアンクリンガン売りやそのほか屋台引きに聞いても、自分が歩いて得た情報でも、確かです。「これ、被災者支援なの、安くしといて、ねっ?」というわたしのことばに、「あぁ?あんたが援助活動するのは勝手だけど、どうしてぼくも援助価格にしないといけないの?」と工場のおにいさん。もっともな言い分である…。「削れるところは、ぼくの労賃しかないんだよ」とつぶやきながら、けっきょく彼はかなりの良心価格をくれました。本日、とりあえず屋台4台注文。1週間後に1台、3週間で4台上がってくる約束です。注文の追加は随時おこなっていく予定。
 アンクリンガン売りのシンボルであるヤカン。1台の屋台にかならず3つのヤカンがあり、つねにアツアツの紅茶をお客に提供します。アンクリンガン売りなどの業務用台所用品の露天が並ぶウォノサリ通りにて、ヤカン1つ1万3000ルピア(約160円)で交渉成立。とり急ぎ明日30個購入します。
 以上、報告遅れましたが、NINDAモノ売り支援はただいま進行中です。

(報告:間瀬朋子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る