更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
ジャワ地震被災者支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ジャワ中部地震被災者支援へのご協力のお願い
 2006年5月27日午前5時54分(現地時間)、マグニチュード6.2の地震がジャワ島中部のジョグジャカルタ市より15km程南の南部海岸近くで発生し、多数の死者(3000人以上)と負傷者が出ています。避難民は20万人に上るとみられ、家屋、病院など建物の被害も深刻であり、今後、中長期的な復興活動が必要になると思われます。
 NINDJAは、これまで現地と培ってきた草の根のネットワークを生かし、屋台、ヤギ、メロン栽培支援をおこなってきました。現在、いただいたカンパの残金を生計自立支援プロジェクトとして活用させていただいている段階です。今後ともご支援いただけると幸いです。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-11-21 11:56:52 (1634 ヒット)

 第3期メロン栽培がはじまりました。しかし、超多忙の一歩手前の状況。今のところ、まだ毎日畑にどっぷりというわけではありませんが、畑にいくと、帰り道は必ず雨!というのに閉口しています。
 どういうわけか、肥料の入手が難しくなっていて、ずいぶん前もって予約しておかないと購入できません。政府なのか、肥料取りあつかい店なのか、誰なのかわかりませんが、肥料の流通を操作している人がいそうな感じがします。「流通は、政府が握っているから…」と、村の農業用具販売店の人は言いますが。肥料の入手困難は、中ジャワ州、ジョグジャカルタ州、東ジャワ州で発生している状況です。BPS(中央統計局)が発表する農民の肥料需要に関するデータがメチャクチャのため、政府が肥料流通を管理できないということも、誰かがどこかで流通を操作し、不当に利益を得ているということも、大いにありえます。
 恵みの雨を得て、「いまこそ、さあ耕そう!」としている農民にとって、降りかかってくる肥料不足は、頭の痛い問題です。

2008年11月13日 スロ(スラミン)さんとダルさんに遅れること3日、ガンドゥンさんのところでメロン種のプラスティックポットへの植えつけがおこなわれた。ガンドゥンさんの妻スリさんとダルさんが、手伝いに駆けつける。作業は、朝7時から11時までつづいた。ガンドゥンさんは、予備もふくめ、5500本のメロン苗を準備した。スロさんはひとり、担当畑で、竹支柱の横渡し棒を結ぶ作業をおこなった。

2008年11月15日 スロさんは、担当畑で、苗を移植する穴をつくっていく。彼ひとりで作業をしていた。ガンドゥンさんは、ポンスカ(NPK)という基本肥料を担当畑に振りまきながら、土地をならしていく作業に集中する。肥料を施された畝には、元どおりビニール覆いが掛けられていく。ガンドゥンさんも、7時〜13時の間、ひとりで畑に立ち、今日一日で担当畑の半分に関する作業を終えた。わたし自身は、品物がすぐにはないということで、後日分の肥料を予約確保することに走り回った。

2008年11月16日 スロさんとダルさんは、10日にポットに植えた苗を畑に移植する作業。スロさんの担当畑では、スロさん自身と妻のスラストゥリさんが作業するほか、プルさん、ダニさん、ベジョさんが手伝いにやってくる。スロさんが「零細」NINDJAのメロン・プロジェクトに従事しているとすれば、プルさんら3人は、ムクル集落をふくむクラテン県ウェディ郡でいちばんの勢力を誇るボスのもとで、メロン栽培にたずさわってきた。明日の早朝、スロさんは、プルさんが担当する畑で、今日と同じく、苗移植作業を手伝う約束だ。このような形態で、農民の「ゴトン・ロヨン(相互扶助)」は、いまも健在である。
 スラストゥリさんは、みなのために朝食を準備してきた。これも、農作業を手伝ってもらうときの通例である。朝6時から正午まで作業して、スロさんの担当畑には2896本のメロン苗が移植された。
 ダルさんの担当畑でも、早朝時から苗移植作業が始まった。今日は日曜日。ダルさんの子・プリタはまだ小学校4年生だが、学校が休みなので、父親の農作業を手伝う。これまでも農業労働者としてダルさんを手伝ってきたビイェムさんは、もちろん今日も畑に出てくれる。9時ごろ、ダルさんの妻が畑に朝食を届けにやってきた。11時、ガンドゥンさんがやってきて、ダルさんの苗移植作業を手伝う。13時半には、ダルさんの担当畑でも、苗移植作業が完了。スロさんの担当畑で先に作業を終えたプルさん、ダニさん、ベジョさんが手伝いを申し出てくれたため、ダルさんはとても助かった。明日、ダルさんもプルさんの畑での作業を手伝えばよいことである。プルさんの担当畑は、ムクル集落のあるブランカル村から少し離れたパスン村にある。メロン農民は互いに自分の労働力を融通しあって、農業労働者として第3者を雇うという余分なカネを支出するのを極力避ける。ダルさんの畑には、およそ2600本のメロン苗が植えられた。

(報告:ハルン・スアイビー)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-11-21 11:40:03 (2009 ヒット)

 第2期の収穫を終えたばかりの11月10日、NINDJAは第3期メロン植えつけを開始しました。雨季に突入したばかりの今期は、一年のなかでももっともメロン栽培に適した時期であるといわれています。つねに雨が落ち、水不足の問題から解放されるものの、洪水の心配はまだ小さいですし、メロン葉の生育を妨げる日照りの心配もほとんどないからです。ムクル集落の人びとは、この時期を目指して、一斉にメロン栽培を始めるため、前期は休閑地だった、NINDJA畑のお隣りも、とうもろこし畑だったお向かいも、今期はいっしょにメロン畑になります。ここまで日照りにやられ、収穫成果のかんばしくなかったNINDJA畑ですが、前回の失敗を踏まえつつも、気持ちの面で焦ることなく、好季節の風に乗って、再発進します。
 今期は、a)以前からのNINDJA畑に約5000本にくわえ、b)新たに借り入れた畑に約5000本の、合計約1万本のメロン苗を栽培します。b) の土地のうち半分は、前期はガンドゥンさんのもとでメロン農民見習いをしていた、その弟のスロ(スラミン)さんが、残り半分はガンドゥンさんの隣人で、すでにメロン栽培経験のあるダルさんが、栽培を担当します。a) の土地の栽培を担当し、a) b) 共同でNINDJA畑全体の農業資材を購入したり、栽培品質コントロールをおこなったりするのは、ガンドゥンさんです。つまり、ガンドゥンさんは、実際にNINDJA畑でメロンを作るとともに、NINDJAのコーディネーターとしても動きます。
 プラスティックポットへのメロン種の植えつけにかんしても、メロンの種を5〜8時間水に浸して、モヤシ状にする重要なプロセスは、ガンドゥンさんの手でおこなわれ、スロさんとダルさんはガンドゥンさんからモヤシ状の種を受け取って、各自ポットに植えつけていきます。種はきれいに折りたたんだ新聞紙に挟まれたのち、さらにバスタオルに包まれてから、大切にプラスティック皿に載せられていました。スロさんが受け取ったのは、オレンジ色の肥料・農薬を施されたプレマシッド種のメロン、ダルさんのは、同じくピンク色のアクション種です。ガンドゥンさんも、アクション種を栽培します。どんな種子を選ぶかは、個人の好み次第。それぞれが経験的に育てやすいと思っている種子を選んでもらえればよいと、NINDJAは思っています。モヤシ状の種は、土の入った小さなプラスティックポットにひとつずつ丁寧に植えつけられていきました。
 こうした植えつけが実施される10日以上前から、肥料を混ぜた土をプラスティックポットに詰めていく作業がおこなわれてきました。前回収穫の後始末、新畑の耕起、施肥、畝作り、支柱立てなども勘案するなら、植えつけの2週間前からすでに第3期のメロン栽培は始まっています。農民のくらしは、季節に追われ、じっとしている暇を許しません。
 ビニール覆いのなかで、苗は4〜5日寝かされ、本葉が出るころ、ポットから畑へ移植されます。畑へ移植してからの約1カ月間が、メロン栽培のがんばりどころ。したがってクリスマスを迎える前に、今期の栽培の成否がほぼ明らかになるはずです。栽培過程にかんしては、また報告いたします。2009年新年早々の、NINDJA畑の大収穫を、どうぞいっしょに祈ってください。

(報告:間瀬朋子)

写真上から
アクション種の植えつけ
プラスティックポットに土を詰める


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-11-17 11:34:46 (1491 ヒット)

 今回の栽培過程において、正直なところ、収穫までこぎつけないほうが「損をしない」という、会計収支上の損得勘定がありました。しかし、ムクル村のメロン農民ガンドゥンさんもNINDJAも、暑さを克服する方法がなになのかどうしても知りたくて、半ば意地を張って、生長不良の苗に実をつけさせて、収穫をおこないました。
 儲けは、たった150万ルピア。高い肥料・農薬を使って、労働力を目一杯投入したにもかかわらず、「放っておいても実るマンゴー」程度の儲けです。150万ルピアのうちの4分の1(37万5000ルピア)が、メロン農民ガンドゥンさんの取り分で、第2期植えつけ期間2カ月半の労賃になります。残りの4分の3は、NINDJAの取り分として、この間のプロジェクトにかんするオペレーション費用および次期プロジェクト遂行費用になります。これはメロン栽培地域で一般的な栽培契約にのっとったシステムです。NINDJAは、メロン栽培農民にたいして、労賃の上乗せ(儲けの半分の10%)もおこないます。
 ガンドゥンさんにとっても、NINDJAにとっても、最初の収穫は、かなり苦い経験になりましたが、同時に多くのことを勉強しました。1)オーガニック成長剤を投与することで、成長促進を図れること、2)乾季の栽培は、今回のような砂地ではなく、泥地を選んだほうがよいこと、3)できれば一年でいちばん暑い時期にはメロンを植えないこと、3)成長が芳しくないとわかったら、早急に畑の移動や苗引き抜きを即時敢行することで、損益を最小に抑えるべきこと、4)コストはかかっても、水やりはなんとしても欠かさないことなど、ビジネスとしてのメロン栽培にようやく目覚めた気がします。
 さまざまな話し合いをつうじて、ガンドゥンさんとNINDJAとの信頼関係は、ますます強くなりました。周辺のメロン農民が、NINDJA畑に立ち寄り、情報交換を楽しむ光景も、日常になりました。最近では、肥料や農薬を買いつけた後、メロン農民がお互い伝票を見せ合い、安く仕入れられる方法をみなで考えたりもしています。メロン栽培村を歩いていると、「次期は、天候が味方してくれるから、NINDJA畑もきっと大丈夫」という優しい声が、たくさんの村びとから掛かります。試練のときはつづきますが、ガンドゥンさんとNINDJAは、ムクル村に根を張って、じっくりメロン栽培に取り組みます。

(報告:間瀬朋子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-10-14 10:00:00 (1530 ヒット)

 メロン栽培を邪魔するいちばんの敵は、暑さと、それにともなう水不足。5月に植えたメロンは、苗床に移植されてから2週間で生長不良が明らかになり、ガンドゥンさんとNINDJAは、早々に栽培を断念しました。収穫の見込みのない苗を育てるために、肥料や農薬を無駄遣いするのは避けなければなりません。
 8月28日、これを植えなおしした第2期のメロンも猛暑に負け、9月20日すぎには葉と茎の生長をすっかり止めました。しかし、2日に一度、畑を水に浸し、葉にオーガニックの成長剤を施すことで、葉や茎が伸びなくても、メロンが実をつけられる方法をとり、なんとか今日まできました。今、NINDJAメロンの実は、赤ちゃんの頭より大きいくらい、1kgの大きさになっています。あと18日、さらなる生長を待って、収穫です。近隣の畑のなかでは、今期最後の収穫になるでしょう。
 2回NINDJAメロンを植えてみるなかで、ガンドゥンさんもNINDJAも、乾季のもっとも厳しい環境にどのように対応していくべきか、真剣に考えました。NINDJA畑以外のメロン畑でも、同じような深刻な状況があったため、集落のメロン農民がいっしょになって猛暑期のメロンの成長について話し合う機会が自然に発生しました。暑さによるメロンの生長停止の理由は、メロン農民たちにもわかりません。突然葉がくるくると丸まり、粉を吹くように黄色くなります。根っこには球根状のものができてきます。メロンの苗に問題が発生するのか、土壌に問題が発生するのか、病気の苗と土を研究所に持ち込んでみる必要があります。
 「メロン農民は、自己の利益追求に忙しく、価格維持のためにメロン栽培時期を調整したり、メロン仲買商人に価格交渉したり、害虫駆除のために共同の方策をとったりできません。自分が収穫するメロンが売れるか売れないかがすべてで、他人のことまで考える余裕はありません。水分配にかんして、メロン農民とコメ農民との間に協力関係も生まれにくいです。コメ農民は、大きな収入を期待できるメロン農民を妬ましく思っています。農民が一致団結できるとは思いません」と言い張るガンドゥンさんにとって、自然発生したメロン暑さ対策の話し合いの場は新鮮だったそうです。
 NINDJAとメロン栽培について相談するガンドゥンさんは真剣。1)暑さ対策に、たばこの葉用のネットをかぶせるのはどうか、2)暑さ対策には水。借地に井戸を掘れないなら、震災時に集まった大きなビニールシートを使って、簡易プールを造り、そこに畑を水に浸すために借りたポンプで水を引き入れ、溜めておく。毎日午前中、プールから如雨露でメロン苗に水やりする。ガンドゥンさんとNINDJAとの労働契約「ムラパット制」の例外として、この水やり費用(農業労働者をひとり雇う日当Rp. 15,000)はNINDJA持ちにするのはどうか、3)育たなかった小さな葉や茎でも、実をつけることが可能なように、成長剤を投与するのはどうかなど、素人で「小金持ち」のNINDJAは、メロン農民が思いつかない「妙案」を持ちかけます。ガンドゥンさんは、「妙案」のひとつひとつを受け止め、畑で採用するかどうかじっくり解答を出します。
 第2期の栽培で採用したのは、3)のオーガニック成長剤投与策。ムクル集落周辺で、この成長剤は入手できないため、NINDJAがジョグジャのゴデアン地区で購入して、畑に持っていきました。成長剤の使用は、上々の結果をもたらしています。次期には、種の発芽時期から成長剤を使ってみようということになっています。
 1年後の猛暑期には、2)のマニュアル水遣り策も採用する予定。3)のオーガニック成長剤投与策と併用することで、猛暑期にもメロン栽培を確実に成功させようというものです。
 ちなみに、1)の暑さ遮断ネット利用にかんしては、「コストがかかりすぎます。まだNINDJAプロジェクトにたいして、十分な貢献をしていない自分には、この方法を即座に採用できません」というガンドゥンさんの返答。しかし、ネットの効用にたいする期待をまっこうから反対するわけではないようです。
 雨季の初旬、今年のカレンダーで言えば11月初旬からが、メロン栽培の最好期に当たります。ガンドゥンさんとNINDJAも、ここに次期(第3期)のメロン栽培開始をぶつけます。11月9日か10日を目標に、第2期のメロン収穫(10月30日予定)を待ちながら、第3期の栽培を準備する時期に入っています。来期もどうぞよろしくご支援ください。

(報告:間瀬朋子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-9-18 1:36:00 (1609 ヒット)

2008年9月10日 現在、ガンドゥンさんはNINDJAメロン畑のほかに、別のメロン畑での作業も請け負っている。この別の畑のメロンは、植えつけから35日を経過したところで、作業の忙しさがピークを迎えているという。昼間、ガンドゥンさんはこちらの畑でてんてこまいだ。15:00、今度はNINDJAの畑で作業を開始。今日は、水やり。1本の苗に約1リットルの水をやる。ガンドゥンさん、スロさん、ガンドゥンさんの義父サムさん、わたしの4人がかりの作業である。井戸からバケツで水をくみあげ、苗床まで運んでくるのは、ガンドゥンさん。スロさんとわたしが、苗に水をかけていく。NINDJAメロン畑の1回の水やりに、バケツ72杯もの水が必要である。この水やりは2日に一度。このほか畑全体を水に浸す工程が週1度おこなわれる。水やりを終えるとすぐに、ガンドゥンさんは農薬散布をはじめた。今日の作業が終了したのは17:30。

2008年9月11日 畑を水に浸す作業をおこなおうと思っていたが、今日は断念。井戸の持ち主が、自分の畑で水やり作業をおこなう日と重なってしまったからである。NINDJAメロン畑は、隣の畑と井戸を共用させてもらっている。畑を水に浸す作業に代えて、今日は不要な葉を取り除く作業をする。10:00には作業終了。2008年9月12日 5:30からメロン畑を水に浸す作業。わたしが畑に到着した7:30、すでに作業ははじまっていた。メロンをガンドゥンさんに任せて、サムさんとわたしは、1200本のナガササゲに水をやる作業を担当。半日がかりの仕事である。現在、NINDJAメロン畑の空き部分に、ナガササゲを植えている。メロン栽培の合間に、ナガササゲ栽培も同時におこなう。失敗の可能性が低く、実れば毎日少しずつの収入になるナガササゲの栽培は、メロン栽培のリスクを補うのに一役買う。サムさんは無心で水やりに取り組んでいる。わたしはといえば、のどが渇いて、断食を中断するのが残念で、休み休みの作業。役立たずで、サムさんには申し訳ない。「断食月が明けたら、もっとがんばるから」と、心のなかで誓う。ガンドゥンさんとスロさんは、メロンにムティアラ印のNPK肥料を施していく。11:00、ナガササゲの作業を完了。畑を水に浸す作業が完了したのは、16:30だった。

2008年9月14日 午前中から、ガンドゥンさんはメロン苗に農薬散布と施肥をおこなっていた。15:00、ガンドゥンさん、スロさん、わたしの3人で水やりの作業。仕事が終わったのは、17:40。そのまま畑で、この日の断食明けを待った。朝から夕方まで毎日畑で全力投球のガンドゥンさんとスロさんが、途中で断食を断念しないで済むよう、願わざるをえない。彼らはほんとうにすごい。

2008年9月15日 メロン栽培に化学肥料をつかいすぎていると思う。最近、メロンを食べるのがなんだか怖い。NINDJAメロン栽培プロジェクトでは、従来型メロン栽培を少しずつ見直していこうと思う。ガンドゥンさんと相談して、有機肥料を取り入れてみることにした。この肥料は、先日、ムカル村の周辺ではなく、ジョグジャのゴデアンで買ってきた。主にガンドゥンさんが、この施肥の作業を担当。スロさんとわたしは、水を汲んできて、肥料と混ぜ合わせる工程を手伝う。15:00から17:00まで、施肥に2時間を費やした。

2008年9月16日 15:00から17:15まで、ガンドゥンさん、スロさん、わたしの3人で、いつものとおり、水やりの作業。

2008年9月17日 たいてい7:00にジョグジャ・スレマン県に位置する家を出てメロン畑に向かうのだが、このごろはそれでも遅いくらいである。到着するとすでに、畑での作業はだいぶ進んでいる。スロさんは農薬散布、ガンドゥンさんは畑を水に浸す作業をはじめていた。9:00、スロさんはNINDJAメロン畑での作業を終えて、今度は別のメロン畑を手伝いにいく。スロさんやガンドゥンさんのように、自分の土地をもたない人びとは、他人の土地をかけもちで耕して、ようやく食いつないでいる。土地なし農民の暮らしは厳しい。11:30、今日は早めに帰宅。

(報告:ハルン・スアイビー)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »