更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
ジャワ地震被災者支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
ジャワ中部地震被災者支援へのご協力のお願い
 2006年5月27日午前5時54分(現地時間)、マグニチュード6.2の地震がジャワ島中部のジョグジャカルタ市より15km程南の南部海岸近くで発生し、多数の死者(3000人以上)と負傷者が出ています。避難民は20万人に上るとみられ、家屋、病院など建物の被害も深刻であり、今後、中長期的な復興活動が必要になると思われます。
 NINDJAは、これまで現地と培ってきた草の根のネットワークを生かし、屋台、ヤギ、メロン栽培支援をおこなってきました。現在、いただいたカンパの残金を生計自立支援プロジェクトとして活用させていただいている段階です。今後ともご支援いただけると幸いです。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-10-22 20:16:00 (3079 ヒット)

 9月19日、20日に、ジョグジャカルタ特別州バントゥル県と中ジャワ州クラテン県でのNINDJAの地震被災者への支援活動を見てきましたので報告いたします。

■ バントゥル県の屋台支援
 19日は、バントゥル県を訪れました。はじめに、バングン・タパン郡タマナン村グランガ・キドゥル集落を訪問し、NINDJAが自転車屋台を支援したパルティニンシさん(37歳)から話を聞きました。
 パルティニンシさんの家族は、夫のスバルノさん(40歳)、長男(18歳)、長女(13歳)、次女(9歳)、三女(5歳)の6人家族です。夫のスバルノさんの建設労働者として、週6日働いています。1日の賃金は2万5000ルピア(約330円、1円=75ルピアで計算)で、夫の収入だけでは生活が苦しいので、パルティニンシさんも週6日、サロメ(Salome)というお菓子を作って、朝夕、近くの学校などに売りに行っています。1日に1万5000ルピアほど稼げるそうです。地震によって商売道具を失いましたが、NINDJAの支援(自転車に取り付けるケース、中古自転車、料理道具など)を受けてから2カ月間、地震の前と同じように商売できているとのことでした。「(NINDJAの支援を受けて)とても嬉しいです。役に立っています。子どもがまだ学校に通っていますから、稼がなくてはなりません」とパルティニンシさんは笑顔で答えてくれました。
 その後、バントゥル県の大通りに行き、実際に屋台で売っているところを見に行きました。バイクで走っていると、以前の活動報告(7月23日)にあったようにNINDJAプレートをつけた屋台が道端で営業しているのが目に入ってきました。
 そのうちのアンクリンガン(ジャワ式屋台)で商売をしているスラットマン(33歳)さんから話を聞きました。スラットマンさんは、クラテン県チャワス郡の村の出身で、村に妻と5歳の男の子を残してバントゥル県に出稼ぎに来ています。村の自宅も地震の被害を受けました。もう11年、アンクリンガンで商売をしているそうです。アンクリンガンでは、お茶や生姜湯などの飲み物と、揚げバナナ、揚げ豆腐、ナシ・ブンクス(ご飯におかずを添えてバナナの葉で包んだもの)など売っています。ナシ・ブンクスは、1日で100袋も売れるそうで、スラマットさんは昼の1時から夜の1時まで12時間働いて、1日4万ルピアから5万ルピアの収入を得ています。またこのアンクリンガンは、同じ村出身のハルトヨさんと2週間交代で使っているということでした。
 パルティニンシさんの自転車屋台によるサロメ売りも、スラットマンさんのアンクリンガンも、地震の前からやっていた商売なので、商売道具さえあれば、あとは問題なく以前どおりの活動を続けることができているようでした。

■ クラテン県のヤギ支援
 翌20日は、クラテン県プランバナン郡センゴン村を訪れ、「カンビンニサシ(ヤギ飼育育成)」計画を見ました。現在、2グループ、10世帯に雌ヤギ2匹ずつが与えられています。
 与えられているヤギの種類はグループによって異なっており、1つのグループはカンビン・ギバスを、もうひとつのグループはカンビン・ジャワを飼っています。グループによってヤギの種類が違うのは、もともと飼っていたヤギの種類に従って支援しているからです。活動報告(8月23日)にもあったように、カンビン・ギバスは、尻尾がとても大きなヤギです。各世帯に2匹与えられている雌ヤギは妊娠しており、あとは無事子ヤギが生まれるのを待つだけでした。
 この村には、水田や畑などの農地もかなりありますが、今回の支援対象の世帯のほとんどは、農地を持たず、夫は建設労働者(日当、2万5000ルピアから2万ルピア)、妻は農業労働者(日当、1万ルピア、ただし仕事は毎日あるわけではない)といった世帯です。そのため、ヤギが1匹手に入れば、子どもの教育費を補うことができ、嬉しいとのことでした。
 この種のプログラムは失敗することが多いのですが(だいたい子ヤギが生まれるまえに、親ヤギが売られてしまう)、間瀬さんたちはかなり慎重に進めているので、少なくとも初めの子ヤギが生まれるまではうまく行きそうです。子ヤギが1度生まれたら、そのことだけでもとりあえず成功といっていいのではしょうか。
 屋台支援も、ヤギ飼育育成支援も、ほんとうに小さな支援ですが、それでも確実に人びとの手に届いていると感じました。

(報告:久保康之)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-7-23 19:16:00 (2570 ヒット)

■ NINDJA屋台が完成!
 7月15日(土)、アンクリンガンのNINDJA屋台が完成しました。グラスやお皿などほかの基本商売道具ともに、バントゥル県カシハン郡ティルトニルモロ村ニテン地区に住む、クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガンおよびジョンゴ集落出身のアンクリガン売りたちに無事届けることができました。値段にしては(輸送費込みで90万ルピア、約1万1000円)、材質・見た目ともに上出来で、アンクリンガン売りはもとより、わたしも満足しています。このアンクリンガン売りの一団は、出身地と出かせぎ地の両方で被災しました。出稼ぎ地であるバントゥル県ニテン地区はほぼ全壊。

■ NINDJA屋台観光!?
 アンクリンガン屋台を含め、NINDJA支援でつくった屋台・自転車屋台には、NINDJAナンバープレートがついています(写真)。屋台全部ではなく、屋台修理や商売道具の一部を支援されたモノ売りのなかにも「自分もNINDJAナンバーをつけたい!」という人がいて、現在、屋台・自転車屋台が20番まで登録されています。彼らが商売しているのは、ジョグジャ市に隣接するバントゥル県内、とくにバントゥル通り、イモギリ通り沿いがメイン。震災後、住まいを失ったことから心機一転、バントゥル県からジョグジャ市内(タマンシスワ通り)に移って商売しようという人もいます。
 ジョグジャに来る機会があれば、ぜひNINDJA屋台を探してみてください。アンクリンガンでお茶(アイスティー800ルピア、約10円)を飲んだり、鶏そば屋台でお昼(鶏そば1杯、約45円)を食べたりするとき、「NINDJAの会員・ドナーです」と告げれば、ひょっとしたら特典があるかもしれません!

■ ここまでの支援プロジェクト
 彼らが商売をはじめたら一度商売地をチェックして歩くつもりですが、アンクリンガン売りプロジェクト第一弾はこれでひとまず完了。
 アンクリンガン売り(13人)のほか、鶏そば売り(4人)、バソ売り(ミートボールスープ、1人)、チロック売り(タピオカ粉で作ったお団子風のおやつ、3人)、ジャワ風焼きそば売り(4人)、焼きヤギ肉・ヤギ肉煮込み売り(1人)、マドゥーラ地方風焼きとり売り(1人)、タフ・グリン売り(厚揚げどうふに甘辛しょうゆを絡めたおやつ、1人)、ジャムー売り(生薬飲料、2人)、ロンデ売り(白玉入りしょうが湯、1人)、野菜の行商をする人など、少しずつですが、ほんとうに困っている小商人を支援してきたつもりです。
 ここまで約30件の支援プロジェクトをつくってきました。プロジェクト数では少ないものの、彼らが商売を再開できることで、その家族や手伝いなど多くの人びとが救われるなら意味があると考えて、支援プロジェクトを選考。屋台完成がまだのプロジェクトもありますが、屋台の支払いや商売道具の購入・納入をほぼ終えました。さっそく商売を再開した小商人たちがたくさんいます。約30件のプロジェクトで、すでに1500万ルピア弱(約19万円)を支出したことを報告いたします。
 実行がほぼ確実になっているものの、支払いやモノの購入・納入がまだのプロジェクトが7、8件。うち屋台支援プロジェクトが大半ですが、ここにkambingnisasi(集落の「ヤギ化」)の試験プロジェクト(クラテン県プランバナン郡センゴン村センゴン集落にて)や素焼きつぼ・釜を作っている村への道具支援プロジェクト(クラテン県バヤット郡パセバン村クボンダラム集落)もあります。

■ プロジェクトの進め方とその反省
 一度にたくさんの小商人を対象にできないし、たびたびのサーベイ・ネゴをどうしても避けられないし、支援プロジェクトの進行が捗々しくなかったこと、NINDJAのドナーや事務局のみなさんにたいしてお詫びします。小商人ひとりひとりの経済活動をひとりひとりに合ったかたちで助けようと思うと、どうしても時間がかかってしまいました。この間、ほとんど毎日朝から晩まで歩いてきたはずなのですが、これだけしかできません。ごめんなさい。
 インドネシア人の仲間を巻き込んで、彼らにもずいぶん歩いてもらいました。プロジェクト・ファインディング、支援物資調達地や価格にかんするサーベイとネゴ、プロジェクト精査、被災地・被災者への物資納入のすべてをインドネシア人3人に協力してもらってやっています。組織としてあるわけではありませんが、わたしたちは毎日元気に活動中です。

(報告:間瀬朋子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-7-5 19:19:00 (2934 ヒット)

 NINDJAによるジャワ島中部地震被災者支援「モノ売りプロジェクト」、本日アンクリンガン(ジャワ式屋台カフェ)たちなどに提供する商売道具(主に台所用品)を購入。今回、屋台骨組みごと援助されるアンクリンガン売りはそれほど多くありません。屋台は震災前のものを使えばよいけど、紅茶のグラスが割れたり、ヤカンがつぶれたりして、商売できなくなった人たちにも支援の手を差し伸べることにしました。グラスや皿、スプーン類、ヤカン、ビニール幕などの基本的道具を揃えてあげれば、明日にでも商売再開できる人たちがたくさんいます。モノ売りひとり当たり12万ルピア(約1500円)程度の小さな援助にも充分意味があります。魔法瓶や補助イスなど、なくてもどうにか商売できるものに、今回 NINDAは援助しません。NINDJAからの基本的商売道具の供与でなんとか商売を再開すれば、大半のアンクリンガン売りたちは2週間後には魔法瓶も補助イスも自分で買えるでしょうし、子どもたちの学費も払えるはず。再開店の目途さえ立てば必ずやっていけると、ここ何年かモノ売りたちの生活をみてきたわたしは確信しています。

■ 購入したもの
ビニール幕(4m×6m)6枚、グラス132個、皿132枚、食事用スプーン132本、マドゥラーを兼ねる飲み物用スプーン132本、氷保存容器12個、揚げ物用フライ鍋6個、フライ返し4本、炊飯・蒸し物用鍋10個、灯油コンロ6個、ザル2個、大バケツ2個、ヤカン30個。総額約3万7000円の買い物でした。

 ジョグジャでジャワ風焼きそばを売っている集団のひとつがジョグジャカルタ特別州グヌン・キドゥル県ウォノサリ郡ピヤマン村の出身者。彼らの多くも、出かせぎ地であるバントゥル県のプレレット郡やセウォン郡で被災し、屋台や調理道具などを失いました。商売道具をなくした焼きそば売りたちは現在、被災しなかった仲間の焼きそば売りのところで下働きしたり、工事現場で日雇い労働したりして、焼きそば売りを再開する資金を探しています。焼きそば売りの屋台は、アンクリンガン売りのものより若干高価。1台125万ルピア(約1万5500円)です。ピヤマン村でつくることにしました。輸送賃をNINDJAもちにするかどうかは、検討の余地があると思います。
 国内外ふくめ各地から入ってくる支援物資を右から左へ投げ飛ばすのが精一杯、物資の在庫をさばくことにやっきになり、どこで誰が困っているのか、分配の問題は生じないのかなど、援助される対象や援助の質を意識する時間がない…という状況に、この間ずっと不満をもってきました。モノを運ぶ前に、被災地を視察しない援助団体がたくさんあります。メディアなどの二次的情報と地理的アクセスの容易さが、各団体の援助活動を圧倒的に左右します。自分の眼で見て支援対象地を決定してモノを運ぶ、時間はかかりますけど、これしかない気がしてなりません。
 NINDJAの枠組みのなかでジャワ島中部地震にたいする支援がはじまり、それをわたしもお手伝いできることになりました。個人的なことですが、これまでお世話になってきたジャワの人びとが一番困っているときに動かなければ、わたしはずっと後悔するでしょうから、ほんとうにありがたい機会です。
 NINDJAが援助の形も対象もわたしに一任してくださったことはたいへん重いのですが、嬉しいことでもあります。自分で歩いて見て聞いて、支援対象者に応じてこちらは何をしてあげられるのかを考えて実行する…、ほんとうは当たり前の形で援助ができる。これは地震発生時から抱えてきた支援活動にたいするわたしの不満を一気に解消してくれました。カキリマ(屋台)支援プロジェクトも、被災者であるひとりひとりの屋台商人と向き合ってとことん話し合いながら、進んでいます。
 バントゥル県プレレット郡ウォノクロモ村で被災したアンクリンガン(ジャワ風屋台カフェ)売りのヤシンさん、地震で家も家財道具も失いましたが、屋台骨は無事でした。屋台で使うヤカンは、毎日家で洗ってしまわれていたので、倒れた壁に押しつぶされてぺちゃんこになりました。屋台で売る揚げ物を作るための中華鍋なども壊れました。6月23日、NINDJAはこれら壊れた調理器具(総額約2500円)を支援。翌週から、ヤシンさんはアンクリンガン売りとして商売再開。まだまだ廃墟の様相残るジェジェランいちば横で、元気に紅茶や揚げバナナを売っています。
 クラテン県チャワス郡カランアサム村ナメンガン集落出身の被災者向けアンクリンガン屋台は、すでに注文しました。来週には1台、再来週には2、3台と、次々でき上がってくるはず。壊れたヤカンや食器、台所用品に代わるものも、すでに購入しました。こちらも屋台完成と同時に配り、被災者が早く商売に戻れるように支援したいと思います。詳細はまた報告します。

(報告:間瀬朋子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-6-28 19:23:00 (2281 ヒット)

 6月20日に2370万ルピアを送金、中ジャワ州クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガン集落と隣のジョンゴ集落の出身のアンクリンガン(ジャワ式屋台カフェ)売りの支援活動がはじまりました。

■ NINDJAによる中部ジャワ地震被災者支援の第一弾「モノ売り支援」が本格的に開始しました
 ジョグジャカルタ特別州バントゥル県で被災して、屋台やそのほか商売道具を失ったアンクリンガン(ジャワ式屋台カフェ;紅茶や揚げバナナ、バナナの葉にごはんとおかずを少しずつ包んだもの―ナシ・クチンー<ねこめし>を売る)売り13名が最初の対象です。
 支援対象者の多くは中ジャワ州クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガン集落と隣のジョンゴ集落の出身。チャワス郡カランアッサム村は、西で境を接する同県バヤット郡ングランガン村と並んで、アンクリンガン売りの出身地として有名。これらの村からは労働人口の約75%が、アンクリンガン売りとして中ジャワ州スマラン県やジョグジャカルタ特別州に出かせぎしています。
 被災地ジョグジャでは建材費などがかなり値上がりしているので、壊れた屋台に代わる新しいものをここで作るとなると援助予算をオーバーしそう。彼らの出身地で作る場合、輸送費がばかにならない。ジョグジャ中、クラテン中歩いて、何とかなりそうな屋台工場(こうば)、やっと見つけました。ジョグジャ特別州グヌン・キドゥル県サプトサリ郡ジュティス村、ジョグジャ市内からバイクで1時間半くらいの山中にあります。総チーク材(堅くて強い)のタイヤつき、輸送費込みで破格の一台90万ルピア(約1万1000円)。この価格がとても安いことは、知り合いのアンクリンガン売りやそのほか屋台引きに聞いても、自分が歩いて得た情報でも、確かです。「これ、被災者支援なの、安くしといて、ねっ?」というわたしのことばに、「あぁ?あんたが援助活動するのは勝手だけど、どうしてぼくも援助価格にしないといけないの?」と工場のおにいさん。もっともな言い分である…。「削れるところは、ぼくの労賃しかないんだよ」とつぶやきながら、けっきょく彼はかなりの良心価格をくれました。本日、とりあえず屋台4台注文。1週間後に1台、3週間で4台上がってくる約束です。注文の追加は随時おこなっていく予定。
 アンクリンガン売りのシンボルであるヤカン。1台の屋台にかならず3つのヤカンがあり、つねにアツアツの紅茶をお客に提供します。アンクリンガン売りなどの業務用台所用品の露天が並ぶウォノサリ通りにて、ヤカン1つ1万3000ルピア(約160円)で交渉成立。とり急ぎ明日30個購入します。
 以上、報告遅れましたが、NINDAモノ売り支援はただいま進行中です。

(報告:間瀬朋子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-6-17 19:53:00 (2218 ヒット)

対象
震災でロンボンを失ったが、今後もロンボンを用いたモノ売りとして生計を立てる意志のある者

第一弾支援地域
クラテン県チャワス郡カランアッサム村ナメンガン集落の「ヘ(Hik)(アンクリンガン)」売り、および若干名のバントゥル県プレレット郡ウォノクロモ村のヘ売りと鶏そば売り

支援目的
(震災で失った)商売道具を支援することによって、被災したモノ売りたちが今後自立的に震災で生じた問題を解決していけるであろう機会を提供する

支援者選択の決め手
被災の強度(居住地、商売地、出身地)、経済力、自立への可能性。カランアッサム村ナメンガン集落の出身者たちは、主にヘ売りとしてジョグジャカルタに出かせぎしていて、出稼ぎ先居住地で被災。同時に出身地のクラテン県カランアッサム郡も震災でダメージを受けた。バントゥル県プレレット郡ウォノクロモ村ジェジェランいちば周辺(今回の地震でもっとも被災の激しい地域のひとつ)で商売するヘ売りと鶏そば売りがいる。ナメンガン集落のヘ売りと合わせて、合計19名のモノ売りたちを、NINDJA第一弾支援の対象とできればと思う。

支援額見積もり
できるだけ多くの被災者を支援できるよう、ロンボン等の額は極力抑えたい。総チーク材の高級ロンボン(ふつうヘ売りたちは、これをつかう)はあきらめ、安い建材を雑ぜた「エコノミー」ロンボンをつくる(ヘ売りたちの了解を得ている)。必要に応じて、ヤカン・グラスなどほかの道具も合わせて、ひとり100万ルピア内外。道具だけしか支援しないケースもある。したがって約25万円弱がロンボン・道具購入費。そのほか輸送費(ロンボンを村でつくるのかジョグジャでつくるのかによって変わってくる。思案中)もかかるだろう。

 6月15日、ナメンガン集落にいる、ロンボン・やかん食器等を失った被災者をひとりひとり訪問し、13名に支援が必要であるとみた(16日からジョグジャでもう一度被災状況をチェックして、支援者を決定)。16日、バントゥル・ジェジェランいちば周辺で援助が必要か確認作業。
 以上、簡単ですが、取り急ぎ報告いたします。

(報告:間瀬朋子)


(1) 2 »