2018年スラウェシ地震被災者への支援

投稿日時 2018-10-8 9:22:51 | トピック: その他

 ニュース等で報道されているとおり、2018年9月28日、中スラウェシ州ドンガラ県の北東約28キロを震源とするマグニチュード7.5の大地震が発生しました。地震による津波も沿岸部に押し寄せ、10月7日までに死者1763人、行方不明者5000人超と伝えられています。しかしながら、救助や捜索が進んでいない地域もあり、犠牲者数はさらに増える恐れがあるとされています。
 NINDJAは、中スラウェシ州テンテナで活動するInstitut MOSINTUWUが中心となって開始した緊急支援活動の一助となるように支援金1000万ルピアを、これまでみなさまにお寄せいただいているカンパより送金しました。
 Institut MOSINTUWUは、中スラウェシ州ポソの紛争後の地域社会における経済、社会、文化、政治、そして人権といった問題について、住民主体の解決に向けて活動してきたNGOです。
 Institut MOSINTUWUの設立者であり、ポソ紛争に関する調査をNINDJAとともに実施したLian Gogaliさんからの報告によれば、震災から6日目となった10月3日時点でも、被災地のパルおよびドンガラでは、食料、飲料、ガソリン、医療品など、必要品すべててが不足しているとのこと。ポソとテンテナで食料、飲料水、医薬品、ガソリン、ウェットティッシュ(使用できる水が大変限られているため)などを購入して、被災地へ運ぶ活動が開始されました。
 「配給のインスタントラーメンを食べつづけている被災者も多く、炊き出しが必要とされています。9月30日には、魚料理やゆで卵などの入ったナシ・ブンクス(お弁当)1000食をボランティアでつくり、被災地に届けました。今日もボランティアのみなさんと一緒に1日5000食をめざして、パルとドンガラでおなかをすかせている方たちにに届けます」とLianさん。食べ物が十分でなくお腹を空かせた状態で、がれきのなかを家族を探しつづけている人びとが多数いる厳しい状況を伝え、スラウェシ島内外に支援を呼びかけています。


NINDJAにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.nindja.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.nindja.com/article.php?storyid=49