更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
インドネシア人権基金
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
インドネシア人権基金へのご協力のお願い
 98年5月のスハルト退陣から十数年がたちました。インドネシアは、改革・民主化の道を歩みはじめたものの、まだまだ多くの課題が残っています。「インドネシア人権基金」は、軍事作戦の被害者や、開発によって生活の基盤を奪われた住民、攻撃されるマイノリティなど、さまざまなかたちで人権を侵害されている人びとに対し、緊急の支援をおこなうものです。
 みなさまからいただいたカンパは責任をもって管理し、インドネシアのNGOなどと協議のうえ、必要なときに届けさせていただきます。ぜひご支援をお寄せください。

Warung NINDJAからご支援いただけます
元「慰安婦」 : マルディエムさん、亡くなられる
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-12-21 20:16:00 (3191 ヒット)

 2007年12月20日22時30分(日本時間21日0時30分)、マルディエムさんが亡くなられました。マルディエムさんのご冥福をお祈り申し上げます。
 なお、みなさまから寄せられていたカンパ残金から200万ルピア(約2万5000円)を、マルディエムさんの伝記作家エカ・ヒンドラティさんを通じて、21日におこなされたお葬式代として寄付させていただきました。

■ 「従軍慰安婦」問題を訴え続けたマルディエム、死去
 元「従軍慰安婦」として闘い続けてきたマルディエム(79歳)が、20日22時30分(西部時間)、ジョグジャカルタ市の自宅で病気のため息をひきとった。息子のマルディヨノ(60歳)によれば、断食月に高血圧症が再発し、家で転倒して以来、寝たきりだったという。
 マルディエムの弁護士であるブディ・ハルトノは、「彼女は仲間のためにつねに闘い続けてきた。『従軍慰安婦』が、日本によって雇われた売春婦ではなく、性的虐待の被害者であったことを国内や国際社会に広く知らせることによって」と語った。そして彼女の闘いによって、歴史教科書に「従軍慰安婦」の問題が掲載され、そのことは政府からも肯定的に受け止められたことなどに触れ、マルディエムの闘いが決して無駄ではなかったと述べた。(Antara, 07/12/21)

(写真はマルディエムさんのお墓)

印刷用ページ このニュースを友達に送る