更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
インドネシア人権基金
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
インドネシア人権基金へのご協力のお願い
 98年5月のスハルト退陣から十数年がたちました。インドネシアは、改革・民主化の道を歩みはじめたものの、まだまだ多くの課題が残っています。「インドネシア人権基金」は、軍事作戦の被害者や、開発によって生活の基盤を奪われた住民、攻撃されるマイノリティなど、さまざまなかたちで人権を侵害されている人びとに対し、緊急の支援をおこなうものです。
 みなさまからいただいたカンパは責任をもって管理し、インドネシアのNGOなどと協議のうえ、必要なときに届けさせていただきます。ぜひご支援をお寄せください。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-8-16 19:45:37 (2745 ヒット)

 2010年8月15日、ピディ県バテェ郡を訪問し、みなさまからいただき、プールしているインドネシア人権基金から50万ルピア(5000円)を、ニャッ・プテさんにカンパさせていただきました。

 アチェが軍事作戦地域(DOM)に指定されていた1990年、国軍兵士が住民を隣村に集め、演説をしたことがありました。目の見えないニャッ・プテさんは、自分の村にとどまっていました。そこへ国軍兵士が来て、ニャッ・プテさんをレイプしたそうです。
 ニャッ・プテさんは自身が汚れた存在になったと感じ、村を離れ、サバン(ウェ島)に住む叔母のもとへ身を寄せました。1998年のスハルトの退陣、DOMの解除後、村に戻ってきて、いまはゴザ編みをして生計を立てています。大きなゴザだと1カ月に1枚しかつくれません。12万ルピア(約1200円)で売って、材料費を引くと、手元に残るのは7万ルピア(約700円)。
 紛争被害者へのアチェ再統合庁(BRA)からの支援1000万ルピア(約10万円)は、家(トタン屋根と板、セメント床の簡素なもの)を建てたり、日々の食費を払ったりして消えました。
 50歳ぐらいのニャッ・プテさんは、生後1カ月で母親を亡くし、祖母に育てられました。6カ月ごろ、目の病気を患ったとき、祖母は村に伝わる伝統的な薬で治療しました。この治療のせいか、ニャッ・プテさんは少しずつ目が見えなくなっていきました。いまも光は感じることができるというニャッ・プテさんですが、「目が見えるようにならなくていい。世界を見たくない」と話しています。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-3-5 19:26:56 (3215 ヒット)

 2001年1月、アチェから来日したラシダを覚えていらっしゃるでしょうか。1998年3月に特殊部隊に誘拐され、5カ月間監禁、レイプされた経験を、東京で語ってくれた女性です。ともに来日し、アチェの人権侵害について訴えてくれたアチェ人権NGO連合のマイムル・フィダル代表(当時)は、2004年12月のスマトラ沖地震・津波で死亡、以来ラシダとの連絡をとれなくなっていました。
 2009年12月になって、ようやくラシダの連絡先がわかり、3月4日に9年ぶりの再会を果たすことができました。故マイムル・フィダルが「完璧な被害者」と名付けたほど、さまざまな人権侵害を体験したラシダですが、アチェ再統合庁(BRA)の紛争被害者支援の申請をしても、まったく援助を受けられずに暮らしていました。みなさまからいただき、プールしているインドネシア人権基金から100万ルピア(1万円)を、ラシダの資本(ヤギやアヒルを飼うなど)としてカンパさせていただきましたので、ここに報告させていただきます。

■ ラシダへのインタビュー(2001年1月11〜15日、東京にて)
 1998年、もし間違っていなければ3月の、ある晩12時ごろ、わたしとお母さんとお姉さん、弟が、ルモ・グドン(特殊部隊キャンプになり、拷問・処刑がおこなわれた民家)に連れて行かれたの。自由アチェ運動(GAM)に食糧を援助しているとか、武器を保管しているとか、GAMと結婚したなどと言われて。でも、わたしたちは、そんなこと知らなかった。
 お母さんがレイプされ、その後わたしが、お母さんの前でレイプされたの。彼らに「GAMと結婚しているんだろう」「おまえは処女ではないんだろう」と言われました。「いいえ、誓って違います」と言ったのだけど、「うそつき」と言われた。頭を木で殴られ、性器と乳首に電気ショックをかけられたの。それでも、わたしは気絶しなくて、左の乳首を切り取られたのよ。それで気を失って、レイプされた。気づいたら、お母さんが「ラシダ、いまレイプされたのよ」と言ったの。
 お姉さんもレイプされたの。お姉さんは7カ月の赤ん坊と一緒に連れられてね。赤ん坊は両足を軍につかまれ、頭を下にして何度も振られたの。その赤ん坊の前で、お姉さんはレイプされたの。お姉さんと弟は、2日後に帰されたんだけど、お母さんとわたしは、まだルモ・グドンに残されました。
 ルモ・グドンにいるあいだ、わたしは毎日拷問され、一晩一人ずつ、6人の男にレイプされたの。食事をとると殺すと脅されて、5日に1度くらいしか食べられなかった。村に戻ったときは、すごくやせていて、いまでもあまりご飯を食べられないわ。毎日、彼らの洋服を洗ったり、食事をつくったりさせられたの。イヤだったけど、断れなかった。インドネシア語がわからなくて、彼らの命令を理解できないと、拷問されたし。アチェ人のチュアック(国軍への情報提供者)が通訳をしたの。
 20日後、お母さんが連れ出されたのだけど、いまでもどこにいるかわからない。いまも、ルモ・グドンの話をすると、お母さんのことを思いだして、頭が痛くなる。たくさんの人の前で話すと、頭が痛くなるの。いまでも彼らの名前も顔も覚えている。彼らに会ったら、お母さんをどこに埋めたのか聞きたい。
 5カ月間、ルモ・グドンに閉じこめられたの。毎日、拷問されている人を見たわ。死ぬまで木で殴られる人もいたし、おばあさんが、膣に木やバナナ、瓶を突っ込まれるのも見た。わたしは、たくさんいる犠牲者の一人でしかないのよ。
 92年、お父さんはGAMと疑われて殺さてしまった。家の前で撃たれ、その後、軍に連れて行かれたの。朝4時ごろ、戻ってきた遺体は、頭の皮がはがされ、目も歯もなくなっていたの。父はGAMではなかったのよ。ただの百姓だったのよ。でもGAM司令官の名前とお父さんの名前が一緒だったから…。お父さんが殺される2年前には、家が燃やされたの。本当に、苦しいことばかりだった。
 ウィラント(当時の国軍司令官)がDOM解除を発表して、国家人権委員会が調査に来て、やっと解放されたの。そのあとNGOの人たちが、バンダ・アチェに連れて行ってくれて、治療を受けました。一度、彼らがやってきて、わたしにチュアックになるよう言いに来たんだって。でも、わたしは出かけていたの。そのあとは、もう来なかったけど。
 いまは弟と妹4人とおばあちゃんと抱えて暮らしているの。まだ弟も妹も小さいし、学校にやらなくてはならないのでたいへん。田んぼで賃労働をして、田植えをしたり、草むしりをしたりしているの。半日働いて8000ルピア。まだ男の人が怖くて、結婚したいと思わない。
 アチェは独立しなければ、同じことがずっと起きてしまう。わたしたちの目的は独立だけ。

■ その後のラシダ
 2003年、軍事戒厳令が布かれた際、特殊部隊に再度誘拐され、シグリの海岸沿いのキャンプに連行され、「外国に国を売った」と非難された。ピディ県シグリのNGOの支援で保護され、北スマトラ州メダンに避難するが、シグリの自宅が焼かれたことから、メダンにいることに耐えられず、東アチェ県ランサに住む姉のところに身を寄せた。ランサのバス・ターミナルに夜到着、姉の家までの道がわからなかったラシダは、国軍が作戦を展開していたことから、木の上で一晩を明かしたという。
 しかし、姉の家も国軍に監視されるようになり、ラシダはランサの食堂に住みこみ、働きはじめる。このとき出会った男性と結婚したが、結婚初夜、左の乳首がないことを知った夫はラシダを殴った。ラシダは夫の実家に住まわされ、家事労働者のような待遇を受けた。3年前、女の子が生まれたが、母乳をあげることもできないラシダは、ミルク代もシグリのNGOの支援に頼らなくてはならなかった。
 けっきょく夫と離婚し、故郷のピディ県に戻ったラシダは、4カ月前に二度目の結婚、いまは妊娠2カ月である。夫の兄は、国軍に殴られて、精神に障がいをきたしているが、ラシダも夫の兄も、なんの援助も受けられずにいる。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2002-2-16 15:16:00 (3338 ヒット)

 ムヒブディンは、99年に治安部隊に撃たれ、その後、拷問を受け、耳が聞こえなくなりました。現在、軍に撃たれて手術を受けた跡が、ふたたび傷になり、このまま治療を受けられないと生命も危ない状況です。みなさまから寄せられたカンパから5万円を、北アチェ県PCC(避難民支援をおこなうNGO)を通じて、犠牲者へと送らせていただきました。

■ 犠牲者ムヒブディンの証言
 1999年6月26日7時30分、わたしは行商のために、ピナンを買いに、GL PRO(オートバイ)に乗って、北アチェ県クタ・マクムル郡アル・ンバン・SPIII村へ行きました。途中で、大規模鎮圧騒乱部隊(PPRM/当時アチェに送られていた部隊)のLinud 100部隊が乗ったREO(トラック)3台と行き当たりました。突然、彼らは、理由なく、わたしに発砲してきました。1発の銃弾が、わたしの背中から腹のほうに貫通し、腸が飛び出しました。わたしはオートバイから倒れました。治安部隊は、わたしとわたしのオートバイをトラックに投げ込みました。
 わたしは意識を失いました。気づいたときはロスマウェ(北アチェ県県庁所在地)のケスレム病院(軍の病院)で手術されていました。わたしは左の腎臓をとられ、そのとき腎臓を必要としている軍人に与えられました。集中治療室で1週間、その後、治安部隊に監視されながら、男子用一般病棟で治療を受けました。わたしの腕と足は手錠をかけられていました。
 わたしは拷問を受けました。タバコの火を押し付けられ、喉、頭、局部を殴られ、軍靴で蹴られ、爪を剥がされ、体中を銃で殴られました。言葉による暴力も受けました。わたしは2度目の手術を受けなくてはならなくなりました。腸がまた破損してしまったからです。2度目の手術後も、絶え間ない拷問を受けました。耳が聞こえなくなりました。その後、バンダ・アチェ(アチェの州都)やメダン(隣の北スマトラ州の州都)まで治療を受けに行きましたが、やはり耳は聞こえません。
 3カ月半、ケスレム病院で拷問を受け、わたしはしばしば意識不明になるようになりました。99年10月10日、ロスマウェのプソン村にある叔父を通じて、わたしは家族の元へと帰されました。しかし250万ルピア(約3万円、この地域の人びとの8カ月程度の収入にあたる)払うことが条件でした。叔父の家で、やっと、わたしは意識を回復しました。しかし、まだ状態は安定しておらず、わたしはふたたび意識を失いました。
 家族は、わたしをロスマウェのチュット・ムティア病院へ連れて行きました。1週間後、意識を回復し、村に戻りました。村に戻って2日後、アルン社(日本のODAで建設された天然ガス精製工場)病院チームがやって来て、病院に来るように言いました。治療代はアルン社もちということだったので、家族はわたしをアルン社病院へ運びました。長く入院したあと、家に戻ることを許されましたが、1年間は治療をつづけなくてはいけないといわれました。このとき、わたしは杖をつけば歩けるようになっていました。しかし耳は聞こえませんでした。メダンで治療を受けるよう助言され、メダンに行きましたが、やはりダメでした。さらにシンガポールに行くように言われましたが、治療費が5000万ルピアとのことでした。