更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
孤児 : 会計報告(2001年4月)
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2001-4-30 12:33:00 (1458 ヒット)

■ FORJA DOMより奨学金支援のお礼

日本のみなさまへ

 NINDJAを通じて日本のみなさまから寄せられた奨学金支援について、わたしたち北アチェ県軍事作戦地域寡婦フィーラム(FORJADOM)のメンバーは、とても感謝しています。この支援は、子どもたちが教育を受け続けることを可能にし、彼らの生活に大きく役立てられています。わたしたちは、今後もみなさまの協力を得て、この奨学金制度がこれから先も長く続いていくことを望んでいます。
 わたしたちは、わたしたちのことを気にかけ、多くの支援を寄せてくださった日本のみなさまに、この間の心配りに対して感謝の気持ちを表します。ありがとうございました。

ロスマウェ、2000年11月1日
FORJADOM事務局長 Hudiah

■ NINDJAよりご報告
 アチェ「父親を亡くした子どもたち」への奨学金にカンパいただき、ありがとうございました。2000年9月7日、軍事作戦地域寡婦フィーラム(FORJA DOM)メンバーの女性たち全員に集まってもらい、
・ 日本の市民からのカンパであること
・ 子どもたちの学校関係の費用に役立てて欲しいこと
・ なるべく多くの子どもたちを支援したいと思い、一人一人への額を小さくせざるを得なかったこと
・ 長くつづけたいと考えているが、カンパの集まり具合が影響してしまうこと
・ 小学生、中学生、高校生の数が変化することで、奨学金の額も変わってくるため、1年に2回程度、データを新しくすること
など奨学金の説明をしてきました。
 そのうえで女性たち自身が銀行口座を開き、奨学金給付をおこなうスタッフ、銀行通帳の管理者などを全員で決定しました。このスタッフが毎月、村々を訪れて奨学金を渡しています。奨学金を渡す場が、村の情勢(治安部隊による人権侵害など)、女性たちが抱えている問題などについて話し合える場にもなり、女性たちの絆が強まっているそうです。

会計報告→ダウンロード

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る