更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
孤児 : 会計報告(2003年9月)
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2003-9-30 12:36:00 (1316 ヒット)

 アチェ「父親を亡くした子どもたち」への奨学金にカンパいただき、ありがとうございました。2000年9月7日、軍事作戦地域寡婦フォーラム(FORJA DOM)メンバーの女性たちと話し合い、第1回の奨学金供与をおこなってから、みなさまからのご支援により、奨学金供与も4年目を迎えることになりました。
 新聞・テレビなどの報道でご存知かと思いますが、2003年5月19日からアチェで軍事戒厳令が敷かれました。その後約100日の間で、インドネシア国軍報道で752人のアチェ人が殺害されたといわれています。さらにインドネシア国軍と独立を求めるゲリラ「自由アチェ運動(GAM)」との衝突を恐れるなどの理由で、数万人の住民が避難を迫られました。また500以上の学校が焼き討ちされています。
 軍事戒厳令下におかれたアチェでは、NGO・市民団体による活動も大幅に制限されています。避難民に対する人道支援は軍事戒厳令司令部の管理下におかれ、インドネシア赤十字ですら、自由に避難民キャンプに入ることができません。インドネシア国軍による民間人への暴力や人権侵害について調査したり、キャンペーンをしたりしてきた活動家たちの多くが逮捕され、脅迫を受けるようになっています。またインターネットや携帯電話も自由に利用できなくなっており、アチェの人びととの連絡をとるのすら困難になっております。
 このような状況のなか、わたしたち日本の市民のアチェの人びとへの支援も、この間は緊急人道支援にシフトしていました。8月にアチェに入り、直接、支援を届けることを目標として、みなさまからのカンパを集めてきました。しかし残念ながら、軍事戒厳令司令部は、外国人のアチェ入域を制限(実質的には禁止)しており、現在まで、日本に限らず海外のNGOはアチェに行くことができずにいます。国際赤十字も活動を停止し、アチェを離れるように命じられています。
 上記のような理由で、この間、みなさまへのご報告が遅れてしまったことを、深くお詫び申し上げます。8月にインドネシアを訪れた際、奨学金をFORJA DOMのメンバーの女性たちに配るのを担当してもらっている北アチェ県のNGO「JARI Aceh」と連絡がとれ、これまでの状況について聞くとともに、今後のことについて話し合うことができました。
 JARI Acehによれば、たしかに軍事戒厳令適用後、奨学金を配るために村々を訪れるのは不可能になってしまったが、女性たちが毎月、奨学金を受け取りに、JARI事務所に来ていたということです。また軍事戒厳令下における暮らしにも「慣れて」きたため、9月からは、もう一度、村々を訪れるよう試してみるということでした。
 奨学金を供与している村々は、それぞれ、武装ゲリラの勢力が強いと言われており、それだけインドネシア国軍による軍事作戦も激しいものとなっています。この奨学金を受けている高校生の男の子がインドネシア国軍に殴られた、FORJA DOMのメンバーの女性の息子がインドネシア国軍に殺害されたなどの情報も入ってきています。さらに軍事作戦が展開されている状況で田畑に行くことができない、避難生活から戻ってきたら家畜や家財が略奪されていた、など生活も厳しい状況です。
 FORJA DOM、JARIともに、このような状況でも何とか子どもが学校に行きつづけられるよう、これからも支援をしてほしいという要請がありました。すでに3年たっていることから、カンパを募りつづけるのは困難だと思いますが、何とか変わらぬご支援を賜りたく、よろしくお願いいたします。

会計報告→ダウンロード

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る