更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
孤児 : 医学を勉強したい
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-4-2 20:19:01 (2283 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第四弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡ウレ・グレェ村のムンタシルです(写真は姪を抱くムンタシル)。

 無口で、ときどき微笑みをみせるムンタシル・ビン・M・タエブ(18歳)は、ロスマウェ第5高校3年生である。彼には父親がいない。
 18年前の1990年、まだ赤ん坊だったころ、父親を失った。父親M・タエブは、自由アチェ運動(GAM)に関与していると非難され、国軍に連行されたまま、いまも行方がわからない。
 以来、ムンタシルは母親フディアに育てられてきた。農業労働者として水田で働くフディアの収入では、ムンタシルを含めた3人の子どもを育てるのは困難だった。それでも幸運なことに、ムンタシルはブロ・ブラン・アラの小学校に通うことができた。6年生になるとき、ムンタシルはNINDJAからの奨学金を得るようになり、学費の負担は少し軽減した。
 ムンタシルの趣味は絵を描くこと。中学に入ってから、ますます進歩し、友だちから絵を頼まれたり、学校のポスターをつくるよう注文されたりするようになる。ただし、絵を描いたことで、先生から怒られたこともあった。「友だちの制服に絵を描くように頼まれたんだ。それで先生に怒られたよ」
 現在、青年になりつつあるムンタシルは、毎朝7時に学校へ出発する。通学にかかる交通費は2000ルピア。学校から帰ると、母親を手伝って、夕方まで水田に行く。夜には村でコーラン朗詠だ。空いた時間には、見たものなんでもスケッチする。いまでは村の結婚式の垂れ幕も彼の作品だ。
 絵を描くほかに、彼は動物を育てるのも好きである。鳥や猿を飼ったり、母親を手伝って、ニワトリやアヒル、ヤギも育てている。
 ムンタシルのいまの願いは、大学に進学することである。NINDJAからの奨学金が、大学まで出ることを望んでいる。「大学に進学して、医学を勉強し、村の人びとの役に立ちたい」

(報告:イムラン・MA)

印刷用ページ このニュースを友達に送る