更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : 店舗完成までの道のり長く……
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2009-11-30 14:10:32 (1151 ヒット)

■ 村の生計について
 NINDJAが支援してきた津波の被災地域は、2004年12月の津波の被害からはすでに回復してきています。津波被災村の住民は、養殖池の収獲から収入を得ることができるようになってきました。現在までエビは収獲できるようになっていないものの、魚はそれなりの価格で売れており、あとは、津波前と同様にエビが収獲できるようになることを待つばかりです。また、長くつづいた紛争で大きな被害を受けたアル・ロッ村やアル・ランベ村でも、人びとの生活はおおむね回復しているといえます。3月は田植えとピナン(ビンロウ)の収穫がメインで、特に女性たちは、田んぼでの農作業にいそがしい毎日です。他人の田んぼで農業労働者として働く人も多く、そうした労働者の1日の労賃は平均2万ルピア(約200円)です。
 
■ プログラムの参加者たち
 縫製訓練の参加者たちが村で得る注文は、もっぱらジルバブや礼拝時のベールです。そのため、刺繍を学んだ女性の方が、裁縫を学んだ女性よりも収入を得ることができるというのが現状です。洋服(スカートやシャツ)は街の市場で安いものを購入できるため、注文をとることが難しいのです。こうした状況では、裁縫を学んだ女性は親戚縁者の持ち物を修繕するという仕事くらいしか入ってこないため、店舗が早く開店することが望まれています。逆に刺繍を学んだ女性のところには、自分の村以外の人からも注文が入ることがあるという報告を受けています。
 店舗の開店が遅れているため、3月現在、5人の女性がJari Acehに住み込んで技術向上の訓練をつづけながら、以前よりは比較的頻繁に村に戻る機会を得、村にいる最中には家事や農作業などそれぞれの家族の手伝いをしています。縫製・刺繍による収入は、現在のところ不定期で額も少ないものの、それでも現金収入が限られている村の女性にとって、家族の生活を支える重要な収入となっています。村に子どもを預けて訓練を受けているサイダは、刺繍で収入を得るたびに、子どものための必需品を購入する資金にしているということですが、ほかの参加者女性も、家族の家計に協力することができ、自信につながっていると言えます。

■ 止まらぬインフレ
 その後、8月の開店を目標に進めていた店舗建設は、予想をはるかに超える物価高騰で、残念ながら、ようやく建物自体が何とか形になったという状況です。これにはJari AcehもNINDJAも頭が痛い限りですが、可能な限り早く店舗内装ならびに女性たちが集まれる(寝泊りもできる)スペースを完成させられように努力していくつもりです。
 また、これまでの訓練の参加者のなかかから、今後も継続的に商品製作をおこなっていく意思のある女性を集め、一週間程度の短期集中訓練を2009年度内におこないたいと考えています。女性たちは、基礎的な技術は習得しているため、自分たちでデザインや新しい商品が開発できるようになるための知識・技術を得ることを目的とします。この訓練については、(特活)WE21ジャパンみやまえ様からの支援金を中心に実施する予定となっています。

 このように、まだまだ乗り越えるべき壁が多いアチェでの女性支援プログラムです。津波発生から5年がたとうとしていますが、今後もみなさまのご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。

(報告:Jari Aceh/野川未央)

印刷用ページ このニュースを友達に送る