更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : いよいよ店舗開店準備に入りました!
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-17 17:51:18 (1519 ヒット)

 想像以上のインフレに苦しめられた店舗建設、ようやくほぼ完成に近づいています。資金が足りないため、女性たちが集まったり、寝泊まりしたりできるスペース(2階半分)は、今後の課題となりますが、店舗・事務所部分のペンキ塗りまで終了しました。本日2010年2月17日、店舗開店準備スタッフの面接をおこない、雇用契約を結びました。これから半年間、開店に向けた準備に入ります。

■ 店舗が目指すもの
 店舗・事務所の建設には、いくつかの目的があります。
 NINDJAのパートナーであるJari Acehは、紛争被害女性6グループ、津波被害女性7グループを組織化していますが、恒常的に女性たちと交流し、女性たちを支援するのは困難です(紛争被害女性グループに対しては、NINDJAを通じた奨学金支援がありますが)。外部からの助成金をとって、はじめて女性たちの支援が可能となるのですが、多くの場合、プログラムの内容はドナーの意向によって決められてしまいます。女性たちが手に職をつけ、自活できるよう、これまで縫製訓練をおこなってきました。
 さらに、仮に女性たちが、自分たちで稼げるようになったとしても、男性が家計を握ってしまうということが、アチェの多くの家庭で起きています。Jari Acehは、女性たちが稼いだおカネを自分たちで運用できるようにすることを目指して、女性の権利に関する研修を実施しています。店舗をもつことで、女性たちがつくった商品の販路が確保されると同時に、Jari Acehスタッフとの交流がそのまま「研修」にもなります。
 店舗の経営について不安は残りますが、仮に利益をあげられるようになった場合、この利益をさらなる支援へとつなげられるはずです。この間、北アチェ県の村々をまわり、Jari Acehが支援する13の女性グループ以外にも、支援を必要としている人びとが多くいることがわかりました。アチェ再統合庁(BRA)から紛争被害者への支援があるにもかかわらず、データが適切でなかったり、仲介に入った人物が手数料をとってしまったり、支援を受ける権利のある被害者の手に届いていないケースが多々あります。このような人びとは、怒り、不満、諦めといった感情を抱いており、最悪の場合、アチェ和平を破綻させる要因になる可能性もあります。
 利益が出た場合、Jari Acehが外部資金に依存せざるを得ない状況も変えられるかもしれません。ドナーの要求する手続きは、ときどき地元NGOが活動するのを困難にするほど大きな負担となります。またドナーの意向に沿ったプログラムしか実施できないという問題もあります。
 店舗が少しでも利益をあげ、長く生き延びるためには、市場や流行を分析しなくてはなりません。けっして簡単なことではありませんが、インフレで何度も挫けそうになった店舗建設も、なんとか乗り越えられましたし、みなで協力して挑戦していきたいと思います。

■ 店舗スタッフが加わりました
 店舗開店に向け、新しいスタッフが加わりました。中ジャワ州ソロ出身、でもアチェ生まれのニニンです。2010年の断食月である8月の開店を目指して、これから半年、女性グループに注文したり、材料である布やボタン、ビーズを運んだり、ディスプレイ用の棚を準備したりしてもらうことになります。店舗が開店したあとは、基本給に売り上げ純利益の10%が彼女の給料(90%は今後の支援のために積み立て)。年2回のTHR(レバラン手当)は、売り上げしだいです。ニニンには、ただの店舗スタッフとしてかかわるのではなく、店舗経営に責任をもってほしいとお願いしました。ニニン自身も、店舗のレイアウト、商品のディスプレイなど、自分のイメージをふくらませているようでした。
 2月中に、村々を一緒にまわり、女性グループとの交流をはじめてもらうほか、3月はじめには、開店準備の予算立てをします。現在、みなさまからいただいたカンパの残りは、3万円+850万ルピア(8万5000円)程度です。さらなるご支援をいただけると幸いです。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る