更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : アル・ロッ村の牛が売れました
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-17 19:49:35 (2140 ヒット)

 2000年、2003年と2度にわたって、国軍によるレイプの被害を受けたパヤ・バコン郡アル・ロッ村に牛7頭を支援してから3年がたちました(最初の報告は2007年2月9日の報告をご覧ください)。7頭のうち2頭は死亡・行方不明になってしまいましたが、残った5頭は順調に子牛を産み、2009年10月には、はじめて牛が売られていきました。

■ 牛の状況
 女性4人で1グループをつくり、1頭ずつ育ててきた親牛5頭は、現在までに6頭の子牛を産みました。
1)第2グループ:子牛1頭(1歳)
2)第3グループ:子牛1頭(1歳7カ月)
3)第4グループ:子牛1頭(2歳)
4)第5グループ:子牛3頭(2歳7カ月、1歳5カ月、7カ月)
 6頭のうち5頭が雄牛、1頭が牝牛でした。グループの女性たちは、収入を得るためにも、雄牛を売ることに決めました。2009年10月に売ったのは、第4グループの子牛(2歳)、第5グループの子牛(2歳7カ月、1歳5カ月)の3頭です。2歳7カ月の牛は600万ルピア(約6万円)、2歳の牛は500万ルピア、1歳5カ月の牛は400万ルピアで売られることになりました。

■ 売り上げの分配
 売られた牛の分配について、以前「06年8月の話し合いでは、小グループに子牛が生まれたら、売り上げの5%をグループのために積立て、残り95%のうち半分を子牛が生まれた年の管理者に、残り半分を4人で均等に分けるという方式に決まっていました。しかし、その後の話し合いで、慣習法にしたがった方式を採用することになりました。つまり、親牛は女性たち、Jari Aceh、NINDJAの共同所有となり、子牛の売り上げの半額、孫牛の売り上げの3分の2が、女性たちの取り分となります」と書いていますが、その後変わったようです(2月末に村に行くので、再度確認します)。
 1頭の売り上げから5%がグループ全体の積立金となり、4分の3がグループの女性の取り分、4分の1がJari AcehとNINDJAで共同管理する資金です。さらに売買の書類に2万5000ルピアかかります。
 つまり、仮に600万ルピアで売れた場合、

1頭:600万ルピア
・グループ全体の積立金 600万ルピア×5%=30万ルピア
・売買書類 2万5000ルピア
→残り 567万5000ルピア=グループの女性 425万6250ルピア+Jari Aceh/NINDJA 141万8750ルピア

となります。
 今回は3頭売り、グループ全体の積立金が75万ルピア、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分が354万3750ルピアとなりました。

■ 女性たちの声
 牛を売ったグループの女性たちは非常に喜び、カンパをくださったみなさんに感謝しています。できれば毎年、こうして収入をもてるようになりたい、将来は自身で牛かヤギを買える(飼える)ようになることを希望しています。まだ牛を売れていないグループの女性たちは、すでに牛を売れたグループの女性たちのように、収入を得られるよう、牛の面倒をしっかりみようと決意を新たにしたようです。
 現在も保留になってしまっているのは、感電死・行方不明になった牛を育てていたグループの女性たちへの支援です。Jari Aceh/NINDJAの共同管理分で、支援の可能性を探ってみようと思います。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る