更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : 牛をなくした2グループにも再度のチャンスを
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-25 22:06:43 (2392 ヒット)

 2010年2月24日、パヤ・バコン郡アル・ロッ村を訪問し、牛を支援した女性グループと話し合いをもちました。新たに売れた牛1頭の売り上げのうちJari Aceh/NINDJAの共同管理分(分配方法については、2010年2月17日の報告をご覧ください)を女性リーダーより直接受け取り、その後、分配方法の確認、支援した牛が死亡・行方不明となっていた2グループの今後についての議論をおこないました。

■ 生まれた牛の分配方法
 2月17日の報告で、「2月末に村に行くので、再度確認します」とお伝えしたとおり、売られた牛の分配について確認してきました。慣習法にもとづいた分配では、女性たちの「支援」にはならないということから、「1頭の売り上げから5%がグループ全体の積立金となり、4分の3がグループの女性の取り分、4分の1がJari AcehとNINDJAで共同管理する資金とする」と再確認されました。また、それにのっとって、先日新たに売られた牛1頭分の売り上げ(550万ルピア)のうち、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分130万ルピアを女性グループのリーダーより受け取りました。これで、グループ全体の積立金が102万5000ルピア、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分が484万3750ルピアとなりました。
 ただし、収入を得るために売却する牛は雄の場合のみです。雌牛の場合には、新たな親牛とすることができるため、売却せずに大事に育てていきます。ただし、この雌牛の分配の割合についても、基本的には4分の3が女性の取り分、4分の1がJari Aceh/NINDJAの取り分となります。つまり、雌牛4頭につき、3頭が女性グループの完全な所有物となり、のちにその雌牛たちに子牛が生まれた場合には、すべて女性たちの取り分に。同様に、1頭がJari Aceh/NINDJAの所有物になりますが、この1頭が子牛を生んだ場合には、女性たちによる飼育代金として2分の1を支払い、2分の1はJari Aceh/NINDJAの資産とすることになりました。
 なお、これまで売却した4頭によって収入を得たメンバーに、そのつかい道を確認してみたところ、グループのなかで中心になって牛を育てた(毎年交代)ために取り分も多かった女性は、ヤギを購入して新たな収入源としたということでした。それ以外のメンバーは、子どもの学費、生活費につかったようです。女性たち自身が、その収入を自分たちで管理・使用できているということを聞いて、とてもうれしく思いました。

■ 2グループに再度チャンスを
 支援した親牛が感電死・行方不明となってしまった2グループについて、この間ずっと保留となってしまっていましたが、今日はその2グループの女性のうち5人ほどが話し合いに参加してくれたため、今後の方向性についての議論をおこなうことができました。
 当事者である女性たちからは、Jari Aceh/NINDJAから新しい親牛を支援してほしいという意見がつねにあがっていました。しかし、そのようなかたちにしてしまうと、今後別のグループの牛が死亡したりした場合にも、同様に支援をしないと不公平になってしまいます。また、「熱心に飼育しなくても、また支援してもらえる」という意識が女性たちのあいだに生まれるという意見が、女性たち自身から出ました。
 そこで、NINDJAからは、この間の牛の売却によるJari Aceh/NINDJAの共同管理分から100万ルピア、そしてそれ以外を女性たち自身から捻出することで、2グループの女性たちに再度親牛を供与することを提案しました。
 それに対して、女性たちから活発に議論が交わされ、下記のように再スタートを切るという決定がなされました。

第6グループ:自身で捻出できる資金がないため、Jari Aceh/NINDJAからの100万ルピアでヤギを2頭購入する。子ヤギが生まれたら、5%をグループ全体の積立金、4分の1を女性たち自身、そして4分の3をJari Aceh/NINDJAが管理し、親牛が買える金額まで貯めます。1年に1〜2頭の子ヤギが生まれること、成長すると30万〜50万ルピアで売れることから、うまくいけば3年後には親牛が1頭買える計算です。

第7グループ:会合に出席した2人は、自分たちでお金を捻出してでも、再度親牛を手に入れたいと考えていました。Jari Aceh/NINDJAから100万ルピアを支援し、残りの金額を女性たち自身が用意して、新たな牛を購入する方向で話が進んでいます。ほかの2人の意見を確認し、まずは約200万ルピアを準備する、その後連絡をもらうということになりました。

 女性たちの議論(そのほとんどはアチェ語でおこなわれ、リーダーの女性がインドネシア語で説明をしてくれました)が非常に活発であることに、感動と今後への期待を抱きながら、村をあとにしました。Jari Aceh/NINDJAは、3月上旬に再度、アル・ロッ村を訪問し、実際の購入に向けて調整を進める予定です。

(報告:一木則子/野川未央)

印刷用ページ このニュースを友達に送る