更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : 女性グループからの製品の買付けに向けて
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-26 23:35:12 (2315 ヒット)

 2月25日、店舗開店に向けて、Jari Acehが2006年8月から6カ月間の縫製訓練をおこなった津波被災村の女性グループを訪問しました。はじめて、北アチェ県タナ・パシール郡、西バクティア郡を訪問した新しいスタッフのニニン(詳しくは2010年2月17日の報告をご覧ください)が中心になって、各女性グループの現状について聞き取りをおこなってきました。

■ ニニン、はじめて村を訪問
 2006年8月から縫製訓練がおこなわれたのは、タナ・パシール郡マタン・ジャネン村と西バクティア郡ムナサ・ハグ村、ブランデ・パヤ村、パヤ・バトゥン村、ロッ・ウンチン村、ブラン・ル村です。それぞれの村でメンバーの女性たちに集まってもらい、まずはJari Acehが2010年8月を目標にロスマウェ市内に店舗を開店する準備を進めていること、その店舗では縫製訓練に参加した女性たちのつくった洋服やジルバブ(ムスリム女性のかぶるベール)を販売する予定であることなどを説明しました。
 どの村の女性からも「せっかく技術を習得しても、これまでは売る場所が限られていて、ほとんど収入につながらなかった。Jari Acehの店舗に売れるようになるのは嬉しい」という声があがりました。これまでも報告を通じて聞いていましたが、村では親戚や知り合いからの注文がたまに入るのみで、定期的な収入には結びついてこなかったとのこと。今後の販路確保に皆の期待が高まっているのをひしひしと感じています。
 説明終了後には、新スタッフのニニンが今後女性グループへの商品の注文と買付けをおこなっていくにあたり、以下の点を中心に現在までの状況を細かく確認しました。

・メンバーそれぞれの専門は何か(縫製、刺繍、または両方)
・支援された縫製用、まつり縫い用、刺繍用ミシンはどのように管理されているのか
・同じく壊れて使えないミシンはどれくらいあるのか

 村によってグループの規模が異なりますが、どの村も縫製と刺繍の割合は大体半数ほどで、両方ができる女性もそれなりにいることから、今後の商品の注文・買付けは村単位でおこなうことができそうです。ただし、ロッ・ウンチン村の女性たちからは「訓練を受けた期間が6カ月だけなので、商品にできるような品質のものをつくる技術をもっているメンバーは限られている」という声もあがりました。資金的な問題もあり、技術向上のための訓練をすべてのメンバーに対して実施することは難しいのが現状ですが、店舗の経営が少しずつ軌道に乗り、利益があがってきた際には、実現させていきたいと考えています。
 ミシンに関しては、ほぼすべての村で、メンバーが自宅で保管し、交代で利用しているということが明らかになりました。本来であれば、共同で管理・使用できるのが理想的ですが、6カ月の縫製訓練プログラム終了後以降は、ミシンを設置する場所の賃料を支払うことが困難となっているためです。支援プログラムが抱える問題を改めて感じた一場面でした。ミシンの状態についても同様で、女性グループには、メンテナンス・修理のための代金を支払う余裕はないため、3年半が経過した現在、不具合が起きていたり、完全に壊れて使用できなくなっていたりするミシンも少なくはありませんでした。ムナサ・ハグ村のグループ・リーダーからは「店舗用の商品をつくるために、ミシンの修理もおこなってほしい」という要望がなされました。ミシンなどの修理のため、商品の売上げの一部をグループの積立金とすること、また店舗の利益があがった場合にはサポートすることが今後の目標です。

■ サイダが大活躍
 今日の西バクティア郡の各村の訪問にあたっては、旧Jari Aceh事務所での住み込みの訓練にも最後まで熱心に参加していたサイダ(ムナサ・ハグ村在住)の活躍が目立ちました。はじめての村への訪問、村の女性たちのパワーに圧倒されていた新スタッフのニニンをうまくサポートして、女性たちとの話し合いを進めてくれたり、別の村のグループとの連絡役を買ってでてくれたり…。3月以降に予定している商品の買付けに際しても、きっと西バクティア郡5村のグループのまとめ役になってくれるのではないか、と店舗開店に向けてスタッフ一同心強い気持ちです。
 ニニンにとっては、村に行き、村の人びとの前で話をすること自体はじめて。ロスマウェ市から遠く、暮らしもまったく異なる村の状況に、正直なところ驚きととまどいを隠せないようでした。それでも「すべて経験」と前向きです。女性たちにどうやって布などの材料を運ぶか、どのような商品を注文するか、さまざまにイメージしていました。
 なお西バクティア郡には、アチェの伝統的な太鼓ラパイのグループがあります。アチェのなかでも有名なグループで、すでにジャカルタなどで公演した経験ももっています。開店のときには、ラパイを叩いてもらうという話もまとまりました。

(報告:野川未央)

印刷用ページ このニュースを友達に送る