更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : 縫製訓練参加者を訪問して
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-28 0:29:33 (2363 ヒット)

 2010年2月26日、紛争被害女性グループのある北アチェ県クタ・マクムル郡アル・ランベ村とグハ・ウレェ村を訪問しました。どちらの村からも、07年7月〜12月(その後08年1月〜09年3月までは希望者のみ)旧Jari Aceh事務所での住み込みの縫製訓練に2人ずつが参加しています。昨日に引きつづき、店舗開店に関する説明とスタッフのニニンとの顔合わせをおこないました。
 アル・ランベ村から縫製訓練に参加したヌルハヤティとヌルシダヤの2人は、現在ロスマウェ市内の幼稚園の先生になり、寮で暮らしています。けれども、まだ研修中なので給料もありません。午後に終わる幼稚園の仕事のあと、縫製の仕事をできるように、Jari Aceh事務所で暮らしたいという希望が出されました。
 Jari Acehは紛争中、アル・ランベ村の女性たちの希望に沿って、ショウガの苗を支援したことがあります。しかし乾季に植えられた苗はほぼ枯れてしまいました。以来、アル・ランベ村への支援はありません。女性グループからは、村で縫製訓練をしてほしい、また年配の女性に読み書きを教えてほしいといった声もあります。
 グハ・ウレェ村では、ナザリアとティザイナに会いました。彼女たちは、訓練で身につけた技術を活かし、現在も1カ月に3〜10件ほどの注文を受けて、洋服やムクナ(礼拝用のベール)をつくっているそうです。実際に、彼女たちのつくった洋服やムクナを見せてもらいましたが、とても繊細な刺繍がほどこされていて、8月に開店する店舗用にも高いクオリティの商品が期待できそうです。彼女たちは、実家で親の手伝いなどもしたいので、注文を受けて村で縫製や刺繍の仕事をするというこれまで通りのスタイルで仕事を請け負いたいと考えていました。
 今日は「ムハンマド生誕祝(モウリッド)」というイスラームの祝日でした。各家で、特別な料理をつくります。わたしたちも訪問する先々のお宅で、モウリッドの食事でもてなししてもらい、お腹いっぱいになるまでごちそうを食べました。たまにしかないお祝いの席に参加できて、とてもうれしく思いました。
 また、縫製訓練を受けた女性たちがみな、ロスマウェの店舗で商品を販売することを前向きに考えてくれていることがわかり、うれしく思いました。村の女性たちの期待に応えられるように、開店に向けてのこれからが正念場です。

(報告:一木則子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る