更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : 店舗の開店が1カ月後に迫りました
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-7-6 20:14:49 (2163 ヒット)

 軍事作戦、津波の被害女性の経済的自立を目指し、女性たちへの縫製訓練をおこない、さらに女性たちがつくった製品を売る店舗の開店に向けて準備してきました。予想をはるかにうわまわるスピードでインフレが進み、店舗建築に予算の倍以上の資金がかかってしまいましたが、ようやくあと1カ月ほどで店舗を開店できる見通しとなりました。
 アチェでは、商品となる衣類の流行が約3〜6カ月ごとに変わります。あまり早く材料にする布類を買い付け、開店まで時間があいてしまった場合、すでに流行遅れになってしまう可能性もあります。店舗スタッフのニニンは、日々いちばや雑誌で流行をチェックするとともに、買い付けのタイミングを見計らわなくてはなりません。
 ちなみに、いまアチェで流行しているのは「虹ジルバブ」(ムスリム女性のつけるベール)。7色の布ではなく、グラデーションのかかった布でつくられたジルバブのようです。店舗はロスマウェ市になりますが、約1時間ほど西に向かったビルン県には、ロスマウェでは売られていない種類、模様の布があります。そんな情報を探しながら、6月後半に布など材料の買い付けをおこないました。
 店舗開店は、断食月のはじまる8月9日より前を目標にしています。レバラン(断食月明けの大祭)を控え、人びとの買い物量が高まる時期です。貧困層でも、1年に1度、新しく服を買います。店舗収益は、縫製プログラムに参加していない女性たち向けのプログラムを実施する費用として活用していく計画なので、店舗がカンパなどに頼らず運営され、収益を上げるために、この時期を逃すわけにはいきません。
 開店までの約1カ月、どのぐらいの商品を準備するか、女性たちの得意分野に応じて誰に何を何着頼むか、みんなで話し合いながら、村に材料を届けます。
 商品の種類、村ごとに女性たちが希望する賃金前払いの率も異なっているため、ニニンは現在かなり混乱しているようです。NINDJAとともに店舗を運営していくJari Acehで会計スタッフをしているエルナに教わりながら、予算を立てたり、会計報告を作成したりしています。
 スタッフが1人しかいない状況で、店舗の管理、材料の買い付け、商品の注文・回収をこなしていけるのか。なにより商品が売れるのか。開店してからの不安はまだまだ大きいのですが、ともに学び、経験しながら、よりよいプログラムにしていきたいと考えています。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る