更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : アル・ロッ村でヤギを買い付けました
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-8-16 23:43:20 (1969 ヒット)

 支援した牛が感電死・行方不明となってしまったアル・ロッ村の牛2頭について(詳細は、2010年2月25日の報告をご覧ください)、その後も話し合いが重ねられ、2グループともにヤギを2頭ずつ支援することになりました。2010年8月16日、ヤギの買い付けに行ってきましたので、報告させていただきます。
 アル・ロッ村の女性たちは、はじめ近くブラン・ジュルンでのヤギ買い付けを希望していました。しかし市が立つのは火曜日で、8月10日(火)は断食月開始前日、17日(火)はインドネシア共和国独立記念日と重なってしまいました。北アチェ県では、ほかにロスコン(土曜日)、パントン・ラブ(日曜日)で家畜市場が立ちますが、アル・ロッ村からは、かなり距離があり、輸送費もかかります。さらにヤギの難しいところは、適応する地域があること。内陸で生まれ育ったヤギを海沿いの村に連れて行くと、病気になってしまいます。けっきょく、アル・ロッ村の住民が育てているヤギを買うことになりました。
 購入したのはメスのヤギ4頭(2頭は60万ルピア、2頭は35万ルピア)です。子ヤギが生まれたら、5%をグループ全体の積立金、4分の1を女性たち自身、そして4分の3をJari Aceh/NINDJAが管理し、親牛が買える金額まで貯めます。1年に1〜2頭の子ヤギが生まれること、成長すると30万〜50万ルピアで売れることから、うまくいけば3年後には親牛が1頭買える計算です。
 3年ほど話し合って、ようやく感電死・行方不明になった牛2頭の問題が解決したところで、現在新しく出てきたのが、親牛1頭が病気がちという問題です。この親牛を育てている女性グループで話し合いがもたれ、おそらく親牛とその子牛1頭を売却、その資金で新たな親牛を購入し直すことになりそうです。
 2006年末に牛7頭を支援してほぼ4年、子牛を売りはじめたグループがあるいっぽうで、親牛を交換するグループあり、さらに2グループはヤギを育てながら、牛を購入する資金を貯めていく…なんとも気の長いプログラムとなっています。しかし、半年、1年で成果を出すことを求められるプログラムが多いなか、期限を定めず、じっくり人びととつき合いながら進めていくことの意義もきっとあると信じています。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る