更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
女性 : アチェ女性自立支援の新たな展開〜アチェ女性×日本の絹織物〜
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-12-25 13:36:00 (657 ヒット)

 NINDJAは2010年8月、「アチェ女性自立支援」として軍事作戦、津波の被害女性の経済的自立を目指し、女性たちへの縫製訓練をおこない、さらに女性たちがつくった製品を売るための店舗をロスマウェ市で開店した。現在、新たな取り組みとして、アチェの女性たちがつくった布小物を、フェアトレード商品として日本で販売するという試みをおこなっている。
 商品の売り上げが、女性たちの収入につながるのはもちろんのことであるが、フェアトレード商品として日本で販売することで、アチェのことをより多くの日本人に知ってもらう機会の一助になればと思っている。
 この試みの特徴は、商品につくられる生地が山梨県郡内地域の地場産業である絹織物であることだ。山梨県西桂町にあるネクタイ生地を生産する機屋さんから提供していただいたネクタイ生地のB反(ほんの少しのキズなどのため出荷できない生地など)や端切れをつかっている。ネクタイ特有のデザインや、シルクの高級な質感がこの製品の特徴だ。さらに、端切れを活用することで、エコ的な要素も付加されると考える。また、日本向けの製品をつくったあとに余った生地で、アチェの店舗で販売するための製品を女性たちにつくってもらうことも可能である。もし、アチェの市場では入手することのできない日本のネクタイ生地での製品ができれば、その珍しさからアチェ店舗の目玉商品となる可能性もあるだろう。

■ アチェ女性フェアトレード商品の着想
 この試みは、2010年夏からはじまった。きっかけは、2010年2月に、NINDJAスタッフとともにアチェを訪れ、2006年8月から6カ月間の縫製訓練をおこなった北アチェ県タナ・パシール郡、西バクティア郡の津波被災村の女性グループ、クタ・マクムル郡アル・ランベ村とグハ・ウレェ村の紛争被害女性グループなどの、各女性グループの現状についての聞き取りに同行させてもらったことだった。
 日本に帰国してからは、彼女たちのために自分には何ができるか、これからどのように関わることができるだろうか、とずっと考えていた。また、わたしは当時、ネクタイを生産する事業所でアルバイトをしていたのだが、仕事中に出る端切れを捨てるのがもったいない、これを何かに活用できないだろうか、とも考えていた。ふと、ネクタイの絹織物を使用したアチェ女性フェアトレード商品のアイディアが浮かび、それまで別々だった二つの点が、線で結ばれることとなったのだ。
 それからは慌ただしく、ネクタイの事業所にB反生地の提供依頼をし(社長は快く了承してくれた)、日本人にはどのような商品が気に入られるか、アチェ女性たちはどんな製品ならつくることができるかを考え、サンプルづくりに取り組んだ。夏にはアチェへ生地を運び、実際に女性たちに製品をつくってもらい、商品ができあがった。商品のラインアップはシュシュ(女性用ヘア・アクセサリー)や巾着、ポーチ、ブックカバー、カードケースなどである。

■ 学園祭での販売
 わたしの通っていた都留文科大学(山梨県)の文化祭(2010年10月28〜30日)では、所属するサークルの展示コーナーの一角で商品の販売をさせてもらった。文化祭当日の天気が悪天候であったことと、顧客のほとんどが学生であったため、少し割高なフェアトレード商品が売れるのかどうか不安もあったが、予想していたよりは多くの売り上げを上げることができた。
 文化祭での販売は、売り上げだけでなく、顧客の反応をみることも目的のひとつであった。フェアトレードとアチェに関する説明展示も同時にしていたが、展示を熱心に読んでくれたのは少数で、多くは商品を手に取り、自分の気に入ったデザインのものを探し、購入するようだった。それでも、声をかけ、アチェ女性のこと、生地が地元・山梨の地場産業の絹織物であることを伝えると、関心を示してくれた。
 また、どのような商品が気に入られるのか、市場調査にもなった。全体的に、女性を中心に明るい色合いのものがよく売れた。また、機能性(つかいやすさ)も重視する傾向である。シュシュは程よくゴムが伸び縮みするもの、巾着はバランスのとれた形とサイズ、ポーチはチャックの開けやすさなどをチェックしていた。消費者行動としては、当然のことであるとも言えるが、ここからさまざまな課題を認識することにもなった。

■ 試行錯誤の道の途中
 企画から販売までを実際にやってみて気付かされたことがたくさんある。周りの方からの指摘やアドバイスも多数いただいた。
 ひとつは、製品の品質管理についてである。これまでにできている製品は、品質にバラつきがあるのだ。とても良くできているものもあるし、販売できないようなものまで、さまざまである。つくり手の個性ともいえるが、サイズや縫い目、生地の表裏の間違いなどがあった。これは、つくり手の技術や製品への理解の差による場合もあるのだが、わたしの用意した見本(サンプル)にも問題があった。わたし自身、縫製技術は素人で、見本をつくるのも手探りからの状態であった。準備不足の感もある。また、現地での品質管理指導を誰がするかも課題である。わたしがアチェに定期的に行く、現地スタッフを育てるなどの対応が必要かもしれない(現実的には結構厳しい)。もっと業界のノウハウを学ばなければならないし、販路の確保にも取り組まなければならない。
 これから、この取り組みがどのくらいの規模まで成長するかはまだわからない。しかし、継続して取り組むことが一つの目標であるし、継続させてこその自立支援であると思う。失敗と成功を繰り返しながら、これまでに挙げた課題にどう取り組んでいくか、まだ試行錯誤の道の途中であるが、これからも見守っていていただきたい。

(報告:一木則子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る