更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
地震・津波被災者 : マタン・ラダ村でプシジュッ
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-3-25 5:21:00 (582 ヒット)

 24日、スヌドン郡マタン・ラダ村のバライ・プンガジアン(コーラン詠みの練習場)が完成、本日、そのプシジュッ(お清めの儀式)がおこなわれました。ここで「先生」をするトゥンク・イマム・アブドゥラは、なんと日本軍の兵補だったそうです。「日本の歌も歌える」と笑うので、「見よ東海の…」がはじまるかと思ってしまいました。
 思わず、数年前、パプアの浜辺で歓迎の儀式として、おじいちゃんたちが「君が代」と「見よ東海の…」と歌ってくれたことを思い出してしまいました。本来ならヨスファン(人びとが踊りながら歌う)が流れる明るく開放的なパプアの海辺の光景での「君が代」のメロディは、はっきり言ってミスマッチ。シュールでした。
 閑話休題。プシジュッでは、トゥンク・イマムがお祈りのことばを唱えながら、炊いたもち米とヤシの実を削ったものを手でこね、準備を整えます。コメと籾を四方に撒き、つづいて花と葉を水にひたし、その水を撒きます。さらに、もち米とヤシを柱にこすりつけます。これは、学問が身につくようにとの願いを込めたものだそうです。
 その後、みんなで残りのもち米とヤシを食べながら、おしゃべりをしました。マタン・ラダ村では、昨年夏、女性たちに塩づくりの道具を支援しました。男性たちの生計の場は、養殖池か水田で、津波で破壊されました。6月ごろ、津波後はじめての田植えをする予定だそうです。灌漑施設がないため、田植えの時期は雨次第となります。4カ月で津波後初の収穫を迎えます。もし田植えか、収穫の時期に、アチェにいることができたら、わたしも必ず参加すると宣言してきました。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る