更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
地震・津波被災者 : クアラ村の仮設学校建設その後
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-3-25 5:33:00 (597 ヒット)

 東アチェ県シンパン・ウリム郡クアラ村で仮設学校建設に携わってくれている大工さんたちに2回目の賃金、ドアノブと釘を届けました。大工さんたちは、「何十年ももつぞ」と太鼓判を押してくれました。小学校としての機能を果たし終えても、集会施設その他として利用しつづけてくれるようです。
 建設は、残すところ屋根と床のみ。なんとか、わたしの帰国までに完成にこぎつける見込みがたちました。そこで、クアラ村でも、4月1日にプシジュッをおこなうことになりました。おじさんたちが「ヤギを解体するか? 牛を解体するか?」と冗談で聞いてくるので、わたしも冗談、いや本気で「牛は高いから無理!」と応酬。でもせっかくなので、ヤギは3頭ほど解体してもいいのではないかと提案してみました。
 おじさんたち全員から「高いから必要ない。3頭解体すると300万ルピア(今回の両替ルートは1円=76ルピア)だぞ」と猛烈な反対に遭いました。さらに「学校建設で、たくさん資金をつかったんだから」とも。けっきょく、ヤギはなくなり、もち米とヤシ、コーヒー、水のみとなりました。かかる経費は50万ルピア。ジャカルタあたりなら、1回の食事代でなくなりそうな額です。
 こういう村の人たちの反応をみていると、政府や国際機関がおこなうプロジェクトの規模について、ついつい考えてしまいます。仮に日本政府がクアラ村で学校建設を支援するとなったら、千万単位の額になるのではないでしょうか。仮設学校でも、まさか100万円をくだることはないでしょう。
 いっぽう、今回かかった経費は、資材3000万ルピア、賃金700万ルピアです。それでも、村の人たちの、わたしたちに向ける視線と笑顔から、十分喜んでもらっているのが伝わってきます。「援助」の現場でもっとも重要なのは、受ける側となる人びととどのような関係を築くかなのではないでしょうか。
 津波後、NINDJAが支援活動をはじめて1年以上がたちました。このような活動は、NINDJAにとっても、わたし自身にとっても、はじめての経験でした。もちろん、たくさんの失敗がありました。それでも大きな問題にならなかったのは、被災地域の人びとと友人関係を築けたためだと思います。わたしたちが気づかない失敗について、人びとが解決策を教えてくれたり、かばってくれたり、人びとに支えられてこその活動でした。
 現時点で、日本のみなさまから寄せられたカンパは約1800万円、残金は350万円程度です。莫大な援助がアチェに流れ込んでいる割には、被災者に届いていないという残念な状況ですので、NINDJAならではの活動を、被災者と話し合いながら、丁寧に、可能な限り長期にわたり、つづけていきたいと考えています。今後も、ご支援いただけると幸いです。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る