更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
地震・津波被災者 : カマットさんに義足
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-3-24 22:49:00 (579 ヒット)

 2006年3月14日の報告で書いたマタン・スリメン集落のカマットさんの義足が完成しました。
 カマットさんは、アチェ語が話せず、インドネシア語もバタックなまりです。てっきり北スマトラ州メダン出身かと思っていたら、実は中アチェ県出身のガヨ人でした。お連れ合いは、北アチェ県でやはり津波に被災したバユ郡ランチョッ村の出身。メダンのハンセン病療養施設(?)で出会い、すぐに恋に落ち、結婚したそうです。2年ほど前、ハンセン・コロニーのマタン・スリメン集落に移り、そして津波に遭いました。
 津波で義足を失い、その後メダン在住の人に新しい義足を支援されたのですが、長すぎてつかえないとのこと。義足の修理の支援をすることにしました。
 15日、カマットさんとお連れ合いを迎えに行き、義足をつくっているおじさんの住むタナ・パシール郡マタン・トゥノン村(ここも軽微ながら津波被災村)に行きました。マタン・スリメン集落同様ハンセン・コロニーのタナ・パシール郡西クアラ・クルト村のマルズキさんの義足も、彼につくってもらいました。義足をつくっているおじさんも、生まれたときから片足のひざ下がなく、やはり義足をしていました。
 カマットさんが義足を装着してみると、たしかに長すぎます。まさか義足をつけた足を曲げたまま、歩けるわけがありません。マルズキさんの義足は、なんら問題なく、マルズキさんはどこへでも自転車に乗って出かけているのに、カマットさんのはなぜこんなことに? 話を聞くと、カマットさん本人がマタン・トゥノン村まで来たのではなく、支援者が足の長さを測って、義足づくりのおじさんに伝えただけだったらしいのです。
 義足の上のほうを切っても、下のほうを切っても、太さが合わなくなってしまうため、けっきょく、新たに義足をつくりなおしてもらうことになったのでした。
 そして本日、いよいよ義足ができたとの連絡を受け、再びカマットさんとマタン・トゥノンに出かけることになりました。わたしは残念ながら別件で行くことができなかったのですが、写真を見る限り、カマットさん、かなりうれしそうです。ポーズも決まっています。
 ただ、ひざに大きな傷があるため、義足があたらないようガーゼをあてなくてはなりません(おじさんは、それも考えて、少し口を広めに義足をつくってくれたとか)。さらに、ずっとひざを曲げる生活がつづいていたため、義足をつけて歩行訓練が必要なようです。でも、マタン・スリメン集落で見た、いつも黙々と作業をしているカマットさんなら、きっと障害を乗り越えていくのだろうと思います。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る