更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
孤児 : 夢を実現するために奨学金をつづけてほしい
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2011-11-29 10:34:00 (701 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第六弾は、北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村のサフリザルとスリ・ワヒュニです。
 NINDJAは、軍事作戦地域被害女性フォーラム(Forja DOM)メンバー女性の子どもで、かつアチェが軍事作戦地域に指定されていた1989〜98年に父親を亡くした子どもたちに奨学金を供与してきました。98年のスハルト退陣後もアチェの情勢はよくなるどころか、ますます緊迫化し、孤児の数も増えましたが、NINDJAに寄せられるカンパの額を考えると、支援対象を広げることは困難でした。しかし、いっぽうで奨学金を支給していた子どもたちが高校を卒業するなど、支援する子どもの数は少しずつ減っていきます。協力団体のJari Acehと相談し、新たにForja DOMに加わったアル・ロッ村の女性グループのなかから、とくに国軍兵士によってレイプされた女性7人の子どもたちを支援対象に加えることを決めました。

 NINDJAの奨学金を受けているなかに、Aさんの子どもたちがいます。夫と離婚したAさんの生活はかつかつで、3人の子どもを育てるため、ときにピナン(ビンロウジュ)の皮むきなどをして生計を立てています。
 Aさんの3人の子どものうち、NINDJAの奨学金を受け取っているのは2人です。長男サフリザルは中学1年生です。サフリザルは、フォーマルな教育だけでなく、学校近くのプサントレン(イスラーム寄宿宿)に住んで、宗教教育も受けています。Aさんは、子どもの教育にたいへん熱心です。
 二番目の子どもで長女のスリ・ワヒュニは10歳。小学校に通っています。小学校から帰ると、母親を手伝ったり、弟の面倒をみたりします。スリの夢は医者になること。奨学金がずっとつづいて、学校を中退しないでも済むよう、そして夢を達成できるよう願っています。

(報告:エルナ・ジュリアナ)

印刷用ページ このニュースを友達に送る