更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
地震・津波被災者 : ケトル郡2カ村を訪問
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-19 1:33:46 (1134 ヒット)

 8月18日、被害が深刻だというケトル郡の2カ村(東ジャロック村、中ジャロック村)を訪問しました。8月10日に緊急段階が終了し、それまであった食糧、衣料などの生活必需品支援も止まりました。緊急段階が再度延長されるのか、復興段階に移行するのか、アチェ州政府からはなんの発表もない状態です。
 地震発生から1カ月程度、人びとはテント暮らしをしていたのですが、いまは倒壊した家の資材をつかって、掘っ立て小屋で暮らす世帯も出はじめました。2004年末スマトラ沖地震・津波の際には建設された仮設住宅の計画はなく、人びとは当分テント暮らし、ないし掘っ立て小屋暮らしを迫られそうです。
 高地にある村々は、とくに朝晩の冷え込みがひどく、火をおこして暖をとらなくてはならないほどです。1世帯あたり2枚の毛布が支援されたようですが、毛布というより布といったほうが適切なぐらい薄いもので、寒さをしのげるようなものではありません。人びとはなによりも住居の支援を望んでいます。しかし、いっぽうで「政府は仕事が遅いし、フィルターが漏れている(注:汚職で支援金が消えてしまう)から」という声も、被災者からは聞かれました。
 ところで中アチェはコーヒー(ガヨ・コーヒーとよばれる)の生産で有名な地域です。訪問した2カ村も、ほとんどがコーヒー農民です。山の斜面に農園があるために、地崩れが怖くて、農園に行けないでいる農民もいますが、津波被害と異なり、生計手段は失われずに済んでいます。
 しかし、コーヒーの国際価格がとくに地震後に暴落し、コーヒー農民の収入は激減しました。竹筒1本分(約2リットル、乾燥させると約500g)のコーヒー豆が、地震前には1万2000ルピアだったのが、現在2500〜3000ルピアになったそうです。コーヒー農民として、自分の農園に行くよりも、人の農園でコーヒーの実を摘んだり(つまり日雇いの農業労働者になる)、建設労働者になったりするほうが、収入が多いというのが現実です。
 あるコーヒー農民は、「『ガヨ・コーヒーは世界最高の品質』ということばだけが、自分たちの収入だ」と笑いながら、「自分で稼いで、地震で失ったものを少しずつ買っていくほうが、気持ちの負担が少ない。地震被災者への援助より、コーヒー豆の価格を上げて欲しい」と訴えていました。

(報告:佐伯奈津子)

印刷用ページ このニュースを友達に送る