更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
孤児 : スワイバさんの子どもへの支援を開始
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-30 1:21:00 (1218 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第七弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡プロ・イボ村のジュフリとアフマド・ユニスです。
 プロ・イボ村のスワイバさん(1975年生まれ)は、1990年に父親を殺害された経験をもつ女性で、Forja DOMのメンバーのなかでもとくに貧しいひとりです。2002年8月にインタビューした際は、夫がバナナの葉をいちばに運んで売る仕事をしていましたが、コメ竹筒2本分、魚を買うのがせいいっぱい。当時、小学校に通いはじめた長男は、制服もカバンもなく、ビニール袋に教科書などを入れて通学している状況でした。同じ年の夫が3年前に死に、スワイバさんの生活はより厳しくなっていることから、2013年1月より、スワイバさんの息子2人に奨学金を供与しはじめました。

 1996年1月1日生まれのジュフリは、北アチェ県クタ・マクムル郡プロ・イボ村の非常に貧しい家庭で育った。父親ハルンは生前、ココヤシの木に登ったり、いちばに行ったり、水田で日雇い労働者をしたりして、母親スワイバは水田の日雇い労働者をして、なんとか生計を立ててきた。家も簡素なものだ。
 ジュフリはいまロスマウェ第5高校2年生だ。毎日、3年前に死んだ父親が遺した自転車で、通学している。いちばん好きな科目は生物で、成績も8か9だ。クラスで5位になったこともある。ジュフリのおこづかいは5000ルピア。母親が水田で日雇い労働をしたり、川縁でパキスという草を摘んで売ったりして捻出する。ジュフリも半日の授業が終わると、水田で稲を運んだり、道路建設で石やセメントを運んだり、日雇い労働をして、生計を助ける。夜にはプンガジアン(コーラン詠みの練習)と勉強だ。
 NINDJAを通じた奨学金は、1カ月2万ルピアだが、半年貯めれば靴や制服、ノート、ボールペンも買うことができる。ジュフリの希望は進学すること。奨学金が大学までつづくことを願っている。
 ジュフリの弟アフマド・ユニスは、1999年6月6日生まれの14歳、クタ・マクムル第2中学校2年生だ。アフマド・ユヌスもまた、母親の手伝いをし、牛の面倒をみたり、井戸の水を汲んだりしている。奨学金で靴、制服、ノートを買えるようになったという。ジュフリ同様、将来は大学への進学を希望しており、奨学金がつづくことを希望していた。

(報告:ヌルジュバ)

印刷用ページ このニュースを友達に送る