更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
地震・津波被災者 : シンパン・ウリム郡&西バクティア郡報告
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-6-10 20:29:00 (1993 ヒット)

■ 東アチェ県シンパン・ウリム郡クアラ村
 5月16日、クアラ村を訪れました。
 クアラ村では現在、リンタス・インドネシアによって建てられることになった小学校の恒久校舎を立てるための土台づくりがほぼ完了しました。また家建設のための土台づくりもほぼ終わっています。住民の情報によると、土台づくりは、ドイツ技術協力公社(GTZ)、家の建設はアチェ・ニアス復興庁(BRR)、学校建設はリンタス・インドネシアが担うそうです。
 当初、住民は、重機や材料の供給を自身でおこなうことを望んでいましたが、みながそれらを手に入れることを求めたため、結局その機会を失ってしまい、住民は労働者として参加するにとどまっています。住民の結束のなさは、住民参加に影響を与えています。

■ 北アチェ県西バクティア郡
 5月19日、西バクティア郡ムナサ・ハグ村、ブラン・ル村、ブランデ・パヤ村、ロッ・ウンチン村、パヤ・バトゥン村を訪問しました。NINDJAが支援したバライ・プンガジアン(子どもたちがコーラン詠みの練習をする施設)や井戸などは、いまも役立っています。
 現在、住民たちは、さまざまなお店で、アチェ再統合機関(BRA)に提出したプロポーザルについて話しています。何人かの住民は、紛争犠牲者であるにもかかわらず(つまり、BRAの資金を受ける権利を有しているのにもかかわらず)、BRAの資金に期待を抱いていないと語っていました。
 パヤ・バトゥン村では、いまだに、津波被災者のための11軒の家が建てられていません。建設は、国際移住機関(IOM)とBRRのあいだの綱引き状態になっています。そのほか、セーブ・ザ・チルドレンは、恵まれない人たちのための家30軒を、来月、建設しはじめるようです。

(報告:Jari Aceh)

印刷用ページ このニュースを友達に送る