更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2011-11-29 10:34:00 (655 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第六弾は、北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村のサフリザルとスリ・ワヒュニです。
 NINDJAは、軍事作戦地域被害女性フォーラム(Forja DOM)メンバー女性の子どもで、かつアチェが軍事作戦地域に指定されていた1989〜98年に父親を亡くした子どもたちに奨学金を供与してきました。98年のスハルト退陣後もアチェの情勢はよくなるどころか、ますます緊迫化し、孤児の数も増えましたが、NINDJAに寄せられるカンパの額を考えると、支援対象を広げることは困難でした。しかし、いっぽうで奨学金を支給していた子どもたちが高校を卒業するなど、支援する子どもの数は少しずつ減っていきます。協力団体のJari Acehと相談し、新たにForja DOMに加わったアル・ロッ村の女性グループのなかから、とくに国軍兵士によってレイプされた女性7人の子どもたちを支援対象に加えることを決めました。

 NINDJAの奨学金を受けているなかに、Aさんの子どもたちがいます。夫と離婚したAさんの生活はかつかつで、3人の子どもを育てるため、ときにピナン(ビンロウジュ)の皮むきなどをして生計を立てています。
 Aさんの3人の子どものうち、NINDJAの奨学金を受け取っているのは2人です。長男サフリザルは中学1年生です。サフリザルは、フォーマルな教育だけでなく、学校近くのプサントレン(イスラーム寄宿宿)に住んで、宗教教育も受けています。Aさんは、子どもの教育にたいへん熱心です。
 二番目の子どもで長女のスリ・ワヒュニは10歳。小学校に通っています。小学校から帰ると、母親を手伝ったり、弟の面倒をみたりします。スリの夢は医者になること。奨学金がずっとつづいて、学校を中退しないでも済むよう、そして夢を達成できるよう願っています。

(報告:エルナ・ジュリアナ)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2011-3-25 13:43:00 (651 ヒット)

 津波被災女性、紛争被害女性の経済的自立を目指して、北アチェ県で縫製訓練を開始したのが2006年。西バクティア郡、タナ・パシール郡の津波被災女性グループにミシンを供与、6カ月の訓練を実施したのを皮切りに、クタ・マクムル郡の紛争被害女性グループを加えて、訓練だけでなく、商品を注文して販売するなどの活動をつづけてきました。
 ここで問題となったのが、女性グループに供与したミシンの置き場所です。助成があるあいだは、村で家屋を借り、女性たちが集まって作業できる場を設けることができたのですが、プログラム終了後はその資金がありません。けっきょく、グループの女性が各自、家にミシンを置いていましたが、女性たちからは「ミシンが共同のものであるという意識が乏しくなり、グループの連帯感が感じられなくなる」といった声が出ていました。
 ミシン置き場の資金を得たくても、津波や和平から5年以上たったアチェからは、すでに多くの国際機関・NGOが撤退しており、支援を受けることは非常に困難です。身につけた技術で生計を立てられるようになることに加え、何か村で問題が起きたとき(多いのは家庭内暴力など)に女性たちが協力できる状況をつくることが目標なので、ミシン置き場の問題はわたしたちにとっても大きな課題でした。
 そんななか西バクティア郡の女性グループからうれしいニュースが入ってきました。村にあるコーヒー屋台の2階にミシンを置き、女性たちがつくった服やジルバブ(ムスリム女性がかぶるベール)などを売りはじめたというのです。みせてもらったジルバブには、リボンで花の刺繍がほどこされていました。いまのトレンドだそうです。わたしたちが手をこまねいているあいだに、女性たちは自身で問題を解決し、さらに訓練で習っていない工夫までこらしていました。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-12-25 13:36:00 (619 ヒット)

 NINDJAは2010年8月、「アチェ女性自立支援」として軍事作戦、津波の被害女性の経済的自立を目指し、女性たちへの縫製訓練をおこない、さらに女性たちがつくった製品を売るための店舗をロスマウェ市で開店した。現在、新たな取り組みとして、アチェの女性たちがつくった布小物を、フェアトレード商品として日本で販売するという試みをおこなっている。
 商品の売り上げが、女性たちの収入につながるのはもちろんのことであるが、フェアトレード商品として日本で販売することで、アチェのことをより多くの日本人に知ってもらう機会の一助になればと思っている。
 この試みの特徴は、商品につくられる生地が山梨県郡内地域の地場産業である絹織物であることだ。山梨県西桂町にあるネクタイ生地を生産する機屋さんから提供していただいたネクタイ生地のB反(ほんの少しのキズなどのため出荷できない生地など)や端切れをつかっている。ネクタイ特有のデザインや、シルクの高級な質感がこの製品の特徴だ。さらに、端切れを活用することで、エコ的な要素も付加されると考える。また、日本向けの製品をつくったあとに余った生地で、アチェの店舗で販売するための製品を女性たちにつくってもらうことも可能である。もし、アチェの市場では入手することのできない日本のネクタイ生地での製品ができれば、その珍しさからアチェ店舗の目玉商品となる可能性もあるだろう。

■ アチェ女性フェアトレード商品の着想
 この試みは、2010年夏からはじまった。きっかけは、2010年2月に、NINDJAスタッフとともにアチェを訪れ、2006年8月から6カ月間の縫製訓練をおこなった北アチェ県タナ・パシール郡、西バクティア郡の津波被災村の女性グループ、クタ・マクムル郡アル・ランベ村とグハ・ウレェ村の紛争被害女性グループなどの、各女性グループの現状についての聞き取りに同行させてもらったことだった。
 日本に帰国してからは、彼女たちのために自分には何ができるか、これからどのように関わることができるだろうか、とずっと考えていた。また、わたしは当時、ネクタイを生産する事業所でアルバイトをしていたのだが、仕事中に出る端切れを捨てるのがもったいない、これを何かに活用できないだろうか、とも考えていた。ふと、ネクタイの絹織物を使用したアチェ女性フェアトレード商品のアイディアが浮かび、それまで別々だった二つの点が、線で結ばれることとなったのだ。
 それからは慌ただしく、ネクタイの事業所にB反生地の提供依頼をし(社長は快く了承してくれた)、日本人にはどのような商品が気に入られるか、アチェ女性たちはどんな製品ならつくることができるかを考え、サンプルづくりに取り組んだ。夏にはアチェへ生地を運び、実際に女性たちに製品をつくってもらい、商品ができあがった。商品のラインアップはシュシュ(女性用ヘア・アクセサリー)や巾着、ポーチ、ブックカバー、カードケースなどである。

■ 学園祭での販売
 わたしの通っていた都留文科大学(山梨県)の文化祭(2010年10月28〜30日)では、所属するサークルの展示コーナーの一角で商品の販売をさせてもらった。文化祭当日の天気が悪天候であったことと、顧客のほとんどが学生であったため、少し割高なフェアトレード商品が売れるのかどうか不安もあったが、予想していたよりは多くの売り上げを上げることができた。
 文化祭での販売は、売り上げだけでなく、顧客の反応をみることも目的のひとつであった。フェアトレードとアチェに関する説明展示も同時にしていたが、展示を熱心に読んでくれたのは少数で、多くは商品を手に取り、自分の気に入ったデザインのものを探し、購入するようだった。それでも、声をかけ、アチェ女性のこと、生地が地元・山梨の地場産業の絹織物であることを伝えると、関心を示してくれた。
 また、どのような商品が気に入られるのか、市場調査にもなった。全体的に、女性を中心に明るい色合いのものがよく売れた。また、機能性(つかいやすさ)も重視する傾向である。シュシュは程よくゴムが伸び縮みするもの、巾着はバランスのとれた形とサイズ、ポーチはチャックの開けやすさなどをチェックしていた。消費者行動としては、当然のことであるとも言えるが、ここからさまざまな課題を認識することにもなった。

■ 試行錯誤の道の途中
 企画から販売までを実際にやってみて気付かされたことがたくさんある。周りの方からの指摘やアドバイスも多数いただいた。
 ひとつは、製品の品質管理についてである。これまでにできている製品は、品質にバラつきがあるのだ。とても良くできているものもあるし、販売できないようなものまで、さまざまである。つくり手の個性ともいえるが、サイズや縫い目、生地の表裏の間違いなどがあった。これは、つくり手の技術や製品への理解の差による場合もあるのだが、わたしの用意した見本(サンプル)にも問題があった。わたし自身、縫製技術は素人で、見本をつくるのも手探りからの状態であった。準備不足の感もある。また、現地での品質管理指導を誰がするかも課題である。わたしがアチェに定期的に行く、現地スタッフを育てるなどの対応が必要かもしれない(現実的には結構厳しい)。もっと業界のノウハウを学ばなければならないし、販路の確保にも取り組まなければならない。
 これから、この取り組みがどのくらいの規模まで成長するかはまだわからない。しかし、継続して取り組むことが一つの目標であるし、継続させてこその自立支援であると思う。失敗と成功を繰り返しながら、これまでに挙げた課題にどう取り組んでいくか、まだ試行錯誤の道の途中であるが、これからも見守っていていただきたい。

(報告:一木則子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-8-16 23:43:20 (1969 ヒット)

 支援した牛が感電死・行方不明となってしまったアル・ロッ村の牛2頭について(詳細は、2010年2月25日の報告をご覧ください)、その後も話し合いが重ねられ、2グループともにヤギを2頭ずつ支援することになりました。2010年8月16日、ヤギの買い付けに行ってきましたので、報告させていただきます。
 アル・ロッ村の女性たちは、はじめ近くブラン・ジュルンでのヤギ買い付けを希望していました。しかし市が立つのは火曜日で、8月10日(火)は断食月開始前日、17日(火)はインドネシア共和国独立記念日と重なってしまいました。北アチェ県では、ほかにロスコン(土曜日)、パントン・ラブ(日曜日)で家畜市場が立ちますが、アル・ロッ村からは、かなり距離があり、輸送費もかかります。さらにヤギの難しいところは、適応する地域があること。内陸で生まれ育ったヤギを海沿いの村に連れて行くと、病気になってしまいます。けっきょく、アル・ロッ村の住民が育てているヤギを買うことになりました。
 購入したのはメスのヤギ4頭(2頭は60万ルピア、2頭は35万ルピア)です。子ヤギが生まれたら、5%をグループ全体の積立金、4分の1を女性たち自身、そして4分の3をJari Aceh/NINDJAが管理し、親牛が買える金額まで貯めます。1年に1〜2頭の子ヤギが生まれること、成長すると30万〜50万ルピアで売れることから、うまくいけば3年後には親牛が1頭買える計算です。
 3年ほど話し合って、ようやく感電死・行方不明になった牛2頭の問題が解決したところで、現在新しく出てきたのが、親牛1頭が病気がちという問題です。この親牛を育てている女性グループで話し合いがもたれ、おそらく親牛とその子牛1頭を売却、その資金で新たな親牛を購入し直すことになりそうです。
 2006年末に牛7頭を支援してほぼ4年、子牛を売りはじめたグループがあるいっぽうで、親牛を交換するグループあり、さらに2グループはヤギを育てながら、牛を購入する資金を貯めていく…なんとも気の長いプログラムとなっています。しかし、半年、1年で成果を出すことを求められるプログラムが多いなか、期限を定めず、じっくり人びととつき合いながら進めていくことの意義もきっとあると信じています。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-7-6 20:14:49 (2154 ヒット)

 軍事作戦、津波の被害女性の経済的自立を目指し、女性たちへの縫製訓練をおこない、さらに女性たちがつくった製品を売る店舗の開店に向けて準備してきました。予想をはるかにうわまわるスピードでインフレが進み、店舗建築に予算の倍以上の資金がかかってしまいましたが、ようやくあと1カ月ほどで店舗を開店できる見通しとなりました。
 アチェでは、商品となる衣類の流行が約3〜6カ月ごとに変わります。あまり早く材料にする布類を買い付け、開店まで時間があいてしまった場合、すでに流行遅れになってしまう可能性もあります。店舗スタッフのニニンは、日々いちばや雑誌で流行をチェックするとともに、買い付けのタイミングを見計らわなくてはなりません。
 ちなみに、いまアチェで流行しているのは「虹ジルバブ」(ムスリム女性のつけるベール)。7色の布ではなく、グラデーションのかかった布でつくられたジルバブのようです。店舗はロスマウェ市になりますが、約1時間ほど西に向かったビルン県には、ロスマウェでは売られていない種類、模様の布があります。そんな情報を探しながら、6月後半に布など材料の買い付けをおこないました。
 店舗開店は、断食月のはじまる8月9日より前を目標にしています。レバラン(断食月明けの大祭)を控え、人びとの買い物量が高まる時期です。貧困層でも、1年に1度、新しく服を買います。店舗収益は、縫製プログラムに参加していない女性たち向けのプログラムを実施する費用として活用していく計画なので、店舗がカンパなどに頼らず運営され、収益を上げるために、この時期を逃すわけにはいきません。
 開店までの約1カ月、どのぐらいの商品を準備するか、女性たちの得意分野に応じて誰に何を何着頼むか、みんなで話し合いながら、村に材料を届けます。
 商品の種類、村ごとに女性たちが希望する賃金前払いの率も異なっているため、ニニンは現在かなり混乱しているようです。NINDJAとともに店舗を運営していくJari Acehで会計スタッフをしているエルナに教わりながら、予算を立てたり、会計報告を作成したりしています。
 スタッフが1人しかいない状況で、店舗の管理、材料の買い付け、商品の注文・回収をこなしていけるのか。なにより商品が売れるのか。開店してからの不安はまだまだ大きいのですが、ともに学び、経験しながら、よりよいプログラムにしていきたいと考えています。

(報告:佐伯奈津子)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 10 »