更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-28 0:29:33 (2330 ヒット)

 2010年2月26日、紛争被害女性グループのある北アチェ県クタ・マクムル郡アル・ランベ村とグハ・ウレェ村を訪問しました。どちらの村からも、07年7月〜12月(その後08年1月〜09年3月までは希望者のみ)旧Jari Aceh事務所での住み込みの縫製訓練に2人ずつが参加しています。昨日に引きつづき、店舗開店に関する説明とスタッフのニニンとの顔合わせをおこないました。
 アル・ランベ村から縫製訓練に参加したヌルハヤティとヌルシダヤの2人は、現在ロスマウェ市内の幼稚園の先生になり、寮で暮らしています。けれども、まだ研修中なので給料もありません。午後に終わる幼稚園の仕事のあと、縫製の仕事をできるように、Jari Aceh事務所で暮らしたいという希望が出されました。
 Jari Acehは紛争中、アル・ランベ村の女性たちの希望に沿って、ショウガの苗を支援したことがあります。しかし乾季に植えられた苗はほぼ枯れてしまいました。以来、アル・ランベ村への支援はありません。女性グループからは、村で縫製訓練をしてほしい、また年配の女性に読み書きを教えてほしいといった声もあります。
 グハ・ウレェ村では、ナザリアとティザイナに会いました。彼女たちは、訓練で身につけた技術を活かし、現在も1カ月に3〜10件ほどの注文を受けて、洋服やムクナ(礼拝用のベール)をつくっているそうです。実際に、彼女たちのつくった洋服やムクナを見せてもらいましたが、とても繊細な刺繍がほどこされていて、8月に開店する店舗用にも高いクオリティの商品が期待できそうです。彼女たちは、実家で親の手伝いなどもしたいので、注文を受けて村で縫製や刺繍の仕事をするというこれまで通りのスタイルで仕事を請け負いたいと考えていました。
 今日は「ムハンマド生誕祝(モウリッド)」というイスラームの祝日でした。各家で、特別な料理をつくります。わたしたちも訪問する先々のお宅で、モウリッドの食事でもてなししてもらい、お腹いっぱいになるまでごちそうを食べました。たまにしかないお祝いの席に参加できて、とてもうれしく思いました。
 また、縫製訓練を受けた女性たちがみな、ロスマウェの店舗で商品を販売することを前向きに考えてくれていることがわかり、うれしく思いました。村の女性たちの期待に応えられるように、開店に向けてのこれからが正念場です。

(報告:一木則子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-26 23:35:12 (2118 ヒット)

 2月25日、店舗開店に向けて、Jari Acehが2006年8月から6カ月間の縫製訓練をおこなった津波被災村の女性グループを訪問しました。はじめて、北アチェ県タナ・パシール郡、西バクティア郡を訪問した新しいスタッフのニニン(詳しくは2010年2月17日の報告をご覧ください)が中心になって、各女性グループの現状について聞き取りをおこなってきました。

■ ニニン、はじめて村を訪問
 2006年8月から縫製訓練がおこなわれたのは、タナ・パシール郡マタン・ジャネン村と西バクティア郡ムナサ・ハグ村、ブランデ・パヤ村、パヤ・バトゥン村、ロッ・ウンチン村、ブラン・ル村です。それぞれの村でメンバーの女性たちに集まってもらい、まずはJari Acehが2010年8月を目標にロスマウェ市内に店舗を開店する準備を進めていること、その店舗では縫製訓練に参加した女性たちのつくった洋服やジルバブ(ムスリム女性のかぶるベール)を販売する予定であることなどを説明しました。
 どの村の女性からも「せっかく技術を習得しても、これまでは売る場所が限られていて、ほとんど収入につながらなかった。Jari Acehの店舗に売れるようになるのは嬉しい」という声があがりました。これまでも報告を通じて聞いていましたが、村では親戚や知り合いからの注文がたまに入るのみで、定期的な収入には結びついてこなかったとのこと。今後の販路確保に皆の期待が高まっているのをひしひしと感じています。
 説明終了後には、新スタッフのニニンが今後女性グループへの商品の注文と買付けをおこなっていくにあたり、以下の点を中心に現在までの状況を細かく確認しました。

・メンバーそれぞれの専門は何か(縫製、刺繍、または両方)
・支援された縫製用、まつり縫い用、刺繍用ミシンはどのように管理されているのか
・同じく壊れて使えないミシンはどれくらいあるのか

 村によってグループの規模が異なりますが、どの村も縫製と刺繍の割合は大体半数ほどで、両方ができる女性もそれなりにいることから、今後の商品の注文・買付けは村単位でおこなうことができそうです。ただし、ロッ・ウンチン村の女性たちからは「訓練を受けた期間が6カ月だけなので、商品にできるような品質のものをつくる技術をもっているメンバーは限られている」という声もあがりました。資金的な問題もあり、技術向上のための訓練をすべてのメンバーに対して実施することは難しいのが現状ですが、店舗の経営が少しずつ軌道に乗り、利益があがってきた際には、実現させていきたいと考えています。
 ミシンに関しては、ほぼすべての村で、メンバーが自宅で保管し、交代で利用しているということが明らかになりました。本来であれば、共同で管理・使用できるのが理想的ですが、6カ月の縫製訓練プログラム終了後以降は、ミシンを設置する場所の賃料を支払うことが困難となっているためです。支援プログラムが抱える問題を改めて感じた一場面でした。ミシンの状態についても同様で、女性グループには、メンテナンス・修理のための代金を支払う余裕はないため、3年半が経過した現在、不具合が起きていたり、完全に壊れて使用できなくなっていたりするミシンも少なくはありませんでした。ムナサ・ハグ村のグループ・リーダーからは「店舗用の商品をつくるために、ミシンの修理もおこなってほしい」という要望がなされました。ミシンなどの修理のため、商品の売上げの一部をグループの積立金とすること、また店舗の利益があがった場合にはサポートすることが今後の目標です。

■ サイダが大活躍
 今日の西バクティア郡の各村の訪問にあたっては、旧Jari Aceh事務所での住み込みの訓練にも最後まで熱心に参加していたサイダ(ムナサ・ハグ村在住)の活躍が目立ちました。はじめての村への訪問、村の女性たちのパワーに圧倒されていた新スタッフのニニンをうまくサポートして、女性たちとの話し合いを進めてくれたり、別の村のグループとの連絡役を買ってでてくれたり…。3月以降に予定している商品の買付けに際しても、きっと西バクティア郡5村のグループのまとめ役になってくれるのではないか、と店舗開店に向けてスタッフ一同心強い気持ちです。
 ニニンにとっては、村に行き、村の人びとの前で話をすること自体はじめて。ロスマウェ市から遠く、暮らしもまったく異なる村の状況に、正直なところ驚きととまどいを隠せないようでした。それでも「すべて経験」と前向きです。女性たちにどうやって布などの材料を運ぶか、どのような商品を注文するか、さまざまにイメージしていました。
 なお西バクティア郡には、アチェの伝統的な太鼓ラパイのグループがあります。アチェのなかでも有名なグループで、すでにジャカルタなどで公演した経験ももっています。開店のときには、ラパイを叩いてもらうという話もまとまりました。

(報告:野川未央)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-25 22:06:43 (2392 ヒット)

 2010年2月24日、パヤ・バコン郡アル・ロッ村を訪問し、牛を支援した女性グループと話し合いをもちました。新たに売れた牛1頭の売り上げのうちJari Aceh/NINDJAの共同管理分(分配方法については、2010年2月17日の報告をご覧ください)を女性リーダーより直接受け取り、その後、分配方法の確認、支援した牛が死亡・行方不明となっていた2グループの今後についての議論をおこないました。

■ 生まれた牛の分配方法
 2月17日の報告で、「2月末に村に行くので、再度確認します」とお伝えしたとおり、売られた牛の分配について確認してきました。慣習法にもとづいた分配では、女性たちの「支援」にはならないということから、「1頭の売り上げから5%がグループ全体の積立金となり、4分の3がグループの女性の取り分、4分の1がJari AcehとNINDJAで共同管理する資金とする」と再確認されました。また、それにのっとって、先日新たに売られた牛1頭分の売り上げ(550万ルピア)のうち、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分130万ルピアを女性グループのリーダーより受け取りました。これで、グループ全体の積立金が102万5000ルピア、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分が484万3750ルピアとなりました。
 ただし、収入を得るために売却する牛は雄の場合のみです。雌牛の場合には、新たな親牛とすることができるため、売却せずに大事に育てていきます。ただし、この雌牛の分配の割合についても、基本的には4分の3が女性の取り分、4分の1がJari Aceh/NINDJAの取り分となります。つまり、雌牛4頭につき、3頭が女性グループの完全な所有物となり、のちにその雌牛たちに子牛が生まれた場合には、すべて女性たちの取り分に。同様に、1頭がJari Aceh/NINDJAの所有物になりますが、この1頭が子牛を生んだ場合には、女性たちによる飼育代金として2分の1を支払い、2分の1はJari Aceh/NINDJAの資産とすることになりました。
 なお、これまで売却した4頭によって収入を得たメンバーに、そのつかい道を確認してみたところ、グループのなかで中心になって牛を育てた(毎年交代)ために取り分も多かった女性は、ヤギを購入して新たな収入源としたということでした。それ以外のメンバーは、子どもの学費、生活費につかったようです。女性たち自身が、その収入を自分たちで管理・使用できているということを聞いて、とてもうれしく思いました。

■ 2グループに再度チャンスを
 支援した親牛が感電死・行方不明となってしまった2グループについて、この間ずっと保留となってしまっていましたが、今日はその2グループの女性のうち5人ほどが話し合いに参加してくれたため、今後の方向性についての議論をおこなうことができました。
 当事者である女性たちからは、Jari Aceh/NINDJAから新しい親牛を支援してほしいという意見がつねにあがっていました。しかし、そのようなかたちにしてしまうと、今後別のグループの牛が死亡したりした場合にも、同様に支援をしないと不公平になってしまいます。また、「熱心に飼育しなくても、また支援してもらえる」という意識が女性たちのあいだに生まれるという意見が、女性たち自身から出ました。
 そこで、NINDJAからは、この間の牛の売却によるJari Aceh/NINDJAの共同管理分から100万ルピア、そしてそれ以外を女性たち自身から捻出することで、2グループの女性たちに再度親牛を供与することを提案しました。
 それに対して、女性たちから活発に議論が交わされ、下記のように再スタートを切るという決定がなされました。

第6グループ:自身で捻出できる資金がないため、Jari Aceh/NINDJAからの100万ルピアでヤギを2頭購入する。子ヤギが生まれたら、5%をグループ全体の積立金、4分の1を女性たち自身、そして4分の3をJari Aceh/NINDJAが管理し、親牛が買える金額まで貯めます。1年に1〜2頭の子ヤギが生まれること、成長すると30万〜50万ルピアで売れることから、うまくいけば3年後には親牛が1頭買える計算です。

第7グループ:会合に出席した2人は、自分たちでお金を捻出してでも、再度親牛を手に入れたいと考えていました。Jari Aceh/NINDJAから100万ルピアを支援し、残りの金額を女性たち自身が用意して、新たな牛を購入する方向で話が進んでいます。ほかの2人の意見を確認し、まずは約200万ルピアを準備する、その後連絡をもらうということになりました。

 女性たちの議論(そのほとんどはアチェ語でおこなわれ、リーダーの女性がインドネシア語で説明をしてくれました)が非常に活発であることに、感動と今後への期待を抱きながら、村をあとにしました。Jari Aceh/NINDJAは、3月上旬に再度、アル・ロッ村を訪問し、実際の購入に向けて調整を進める予定です。

(報告:一木則子/野川未央)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-17 19:49:35 (2075 ヒット)

 2000年、2003年と2度にわたって、国軍によるレイプの被害を受けたパヤ・バコン郡アル・ロッ村に牛7頭を支援してから3年がたちました(最初の報告は2007年2月9日の報告をご覧ください)。7頭のうち2頭は死亡・行方不明になってしまいましたが、残った5頭は順調に子牛を産み、2009年10月には、はじめて牛が売られていきました。

■ 牛の状況
 女性4人で1グループをつくり、1頭ずつ育ててきた親牛5頭は、現在までに6頭の子牛を産みました。
1)第2グループ:子牛1頭(1歳)
2)第3グループ:子牛1頭(1歳7カ月)
3)第4グループ:子牛1頭(2歳)
4)第5グループ:子牛3頭(2歳7カ月、1歳5カ月、7カ月)
 6頭のうち5頭が雄牛、1頭が牝牛でした。グループの女性たちは、収入を得るためにも、雄牛を売ることに決めました。2009年10月に売ったのは、第4グループの子牛(2歳)、第5グループの子牛(2歳7カ月、1歳5カ月)の3頭です。2歳7カ月の牛は600万ルピア(約6万円)、2歳の牛は500万ルピア、1歳5カ月の牛は400万ルピアで売られることになりました。

■ 売り上げの分配
 売られた牛の分配について、以前「06年8月の話し合いでは、小グループに子牛が生まれたら、売り上げの5%をグループのために積立て、残り95%のうち半分を子牛が生まれた年の管理者に、残り半分を4人で均等に分けるという方式に決まっていました。しかし、その後の話し合いで、慣習法にしたがった方式を採用することになりました。つまり、親牛は女性たち、Jari Aceh、NINDJAの共同所有となり、子牛の売り上げの半額、孫牛の売り上げの3分の2が、女性たちの取り分となります」と書いていますが、その後変わったようです(2月末に村に行くので、再度確認します)。
 1頭の売り上げから5%がグループ全体の積立金となり、4分の3がグループの女性の取り分、4分の1がJari AcehとNINDJAで共同管理する資金です。さらに売買の書類に2万5000ルピアかかります。
 つまり、仮に600万ルピアで売れた場合、

1頭:600万ルピア
・グループ全体の積立金 600万ルピア×5%=30万ルピア
・売買書類 2万5000ルピア
→残り 567万5000ルピア=グループの女性 425万6250ルピア+Jari Aceh/NINDJA 141万8750ルピア

となります。
 今回は3頭売り、グループ全体の積立金が75万ルピア、Jari Aceh/NINDJAの共同管理分が354万3750ルピアとなりました。

■ 女性たちの声
 牛を売ったグループの女性たちは非常に喜び、カンパをくださったみなさんに感謝しています。できれば毎年、こうして収入をもてるようになりたい、将来は自身で牛かヤギを買える(飼える)ようになることを希望しています。まだ牛を売れていないグループの女性たちは、すでに牛を売れたグループの女性たちのように、収入を得られるよう、牛の面倒をしっかりみようと決意を新たにしたようです。
 現在も保留になってしまっているのは、感電死・行方不明になった牛を育てていたグループの女性たちへの支援です。Jari Aceh/NINDJAの共同管理分で、支援の可能性を探ってみようと思います。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2010-2-17 17:51:18 (1382 ヒット)

 想像以上のインフレに苦しめられた店舗建設、ようやくほぼ完成に近づいています。資金が足りないため、女性たちが集まったり、寝泊まりしたりできるスペース(2階半分)は、今後の課題となりますが、店舗・事務所部分のペンキ塗りまで終了しました。本日2010年2月17日、店舗開店準備スタッフの面接をおこない、雇用契約を結びました。これから半年間、開店に向けた準備に入ります。

■ 店舗が目指すもの
 店舗・事務所の建設には、いくつかの目的があります。
 NINDJAのパートナーであるJari Acehは、紛争被害女性6グループ、津波被害女性7グループを組織化していますが、恒常的に女性たちと交流し、女性たちを支援するのは困難です(紛争被害女性グループに対しては、NINDJAを通じた奨学金支援がありますが)。外部からの助成金をとって、はじめて女性たちの支援が可能となるのですが、多くの場合、プログラムの内容はドナーの意向によって決められてしまいます。女性たちが手に職をつけ、自活できるよう、これまで縫製訓練をおこなってきました。
 さらに、仮に女性たちが、自分たちで稼げるようになったとしても、男性が家計を握ってしまうということが、アチェの多くの家庭で起きています。Jari Acehは、女性たちが稼いだおカネを自分たちで運用できるようにすることを目指して、女性の権利に関する研修を実施しています。店舗をもつことで、女性たちがつくった商品の販路が確保されると同時に、Jari Acehスタッフとの交流がそのまま「研修」にもなります。
 店舗の経営について不安は残りますが、仮に利益をあげられるようになった場合、この利益をさらなる支援へとつなげられるはずです。この間、北アチェ県の村々をまわり、Jari Acehが支援する13の女性グループ以外にも、支援を必要としている人びとが多くいることがわかりました。アチェ再統合庁(BRA)から紛争被害者への支援があるにもかかわらず、データが適切でなかったり、仲介に入った人物が手数料をとってしまったり、支援を受ける権利のある被害者の手に届いていないケースが多々あります。このような人びとは、怒り、不満、諦めといった感情を抱いており、最悪の場合、アチェ和平を破綻させる要因になる可能性もあります。
 利益が出た場合、Jari Acehが外部資金に依存せざるを得ない状況も変えられるかもしれません。ドナーの要求する手続きは、ときどき地元NGOが活動するのを困難にするほど大きな負担となります。またドナーの意向に沿ったプログラムしか実施できないという問題もあります。
 店舗が少しでも利益をあげ、長く生き延びるためには、市場や流行を分析しなくてはなりません。けっして簡単なことではありませんが、インフレで何度も挫けそうになった店舗建設も、なんとか乗り越えられましたし、みなで協力して挑戦していきたいと思います。

■ 店舗スタッフが加わりました
 店舗開店に向け、新しいスタッフが加わりました。中ジャワ州ソロ出身、でもアチェ生まれのニニンです。2010年の断食月である8月の開店を目指して、これから半年、女性グループに注文したり、材料である布やボタン、ビーズを運んだり、ディスプレイ用の棚を準備したりしてもらうことになります。店舗が開店したあとは、基本給に売り上げ純利益の10%が彼女の給料(90%は今後の支援のために積み立て)。年2回のTHR(レバラン手当)は、売り上げしだいです。ニニンには、ただの店舗スタッフとしてかかわるのではなく、店舗経営に責任をもってほしいとお願いしました。ニニン自身も、店舗のレイアウト、商品のディスプレイなど、自分のイメージをふくらませているようでした。
 2月中に、村々を一緒にまわり、女性グループとの交流をはじめてもらうほか、3月はじめには、開店準備の予算立てをします。現在、みなさまからいただいたカンパの残りは、3万円+850万ルピア(8万5000円)程度です。さらなるご支援をいただけると幸いです。

(報告:佐伯奈津子)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »