更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2009-11-30 14:10:32 (1200 ヒット)

■ 村の生計について
 NINDJAが支援してきた津波の被災地域は、2004年12月の津波の被害からはすでに回復してきています。津波被災村の住民は、養殖池の収獲から収入を得ることができるようになってきました。現在までエビは収獲できるようになっていないものの、魚はそれなりの価格で売れており、あとは、津波前と同様にエビが収獲できるようになることを待つばかりです。また、長くつづいた紛争で大きな被害を受けたアル・ロッ村やアル・ランベ村でも、人びとの生活はおおむね回復しているといえます。3月は田植えとピナン(ビンロウ)の収穫がメインで、特に女性たちは、田んぼでの農作業にいそがしい毎日です。他人の田んぼで農業労働者として働く人も多く、そうした労働者の1日の労賃は平均2万ルピア(約200円)です。
 
■ プログラムの参加者たち
 縫製訓練の参加者たちが村で得る注文は、もっぱらジルバブや礼拝時のベールです。そのため、刺繍を学んだ女性の方が、裁縫を学んだ女性よりも収入を得ることができるというのが現状です。洋服(スカートやシャツ)は街の市場で安いものを購入できるため、注文をとることが難しいのです。こうした状況では、裁縫を学んだ女性は親戚縁者の持ち物を修繕するという仕事くらいしか入ってこないため、店舗が早く開店することが望まれています。逆に刺繍を学んだ女性のところには、自分の村以外の人からも注文が入ることがあるという報告を受けています。
 店舗の開店が遅れているため、3月現在、5人の女性がJari Acehに住み込んで技術向上の訓練をつづけながら、以前よりは比較的頻繁に村に戻る機会を得、村にいる最中には家事や農作業などそれぞれの家族の手伝いをしています。縫製・刺繍による収入は、現在のところ不定期で額も少ないものの、それでも現金収入が限られている村の女性にとって、家族の生活を支える重要な収入となっています。村に子どもを預けて訓練を受けているサイダは、刺繍で収入を得るたびに、子どものための必需品を購入する資金にしているということですが、ほかの参加者女性も、家族の家計に協力することができ、自信につながっていると言えます。

■ 止まらぬインフレ
 その後、8月の開店を目標に進めていた店舗建設は、予想をはるかに超える物価高騰で、残念ながら、ようやく建物自体が何とか形になったという状況です。これにはJari AcehもNINDJAも頭が痛い限りですが、可能な限り早く店舗内装ならびに女性たちが集まれる(寝泊りもできる)スペースを完成させられように努力していくつもりです。
 また、これまでの訓練の参加者のなかかから、今後も継続的に商品製作をおこなっていく意思のある女性を集め、一週間程度の短期集中訓練を2009年度内におこないたいと考えています。女性たちは、基礎的な技術は習得しているため、自分たちでデザインや新しい商品が開発できるようになるための知識・技術を得ることを目的とします。この訓練については、(特活)WE21ジャパンみやまえ様からの支援金を中心に実施する予定となっています。

 このように、まだまだ乗り越えるべき壁が多いアチェでの女性支援プログラムです。津波発生から5年がたとうとしていますが、今後もみなさまのご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。

(報告:Jari Aceh/野川未央)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-11-10 16:07:02 (2412 ヒット)

 引きつづき縫製技術訓練に参加している女性たちの様子について、Jari Acehのヌルジュバから報告が届きました。家庭の事情などにより、参加人数は減りましたが、みな店舗開店に向けて技術向上に励んでいます。

 8月中、縫製訓練プログラムの参加女性たちは、NINDJAから注文が入った箸ケースとティッシュボックスカバーの製作に励みました。断食月を控えていたため、作業日数が限られたなかでの新しい商品の製作には難しいこともありましたが、何とか注文数の各30個を完成させることができました。しかし、残念ながら、そのうち6個は、日本で売るための品質基準に届かない(オーダー時に要求された条件を満たしていなかった)という結果でした。このことは、今後店舗を開店させ、「プロ」として商品を製作・販売していくに向けて、参加者が克服しなくてはならない点です。
 NINDJAからのオーダー以外には、これまで通りジルバブ(日常の用のベール)や礼拝用のベールをたくさん製作していて、そのほとんどを村で販売しています。ひとつ悩ましいのは、村の女性たちは、稲の収穫があって終わって現金収入を得てから出ないとお金を支払えないことが珍しくないので、ベールなどの商品を販売する際にも、現金ではなく割賦という形でしか支払ってもらえないことです。もし現金払いということになれば、村の女性たちは、わたしたちの商品よりも、普通の市場で買い物をすることを選ぶはずです。なぜなら価格が比べ物にならないくらい安いからです。「まずは価格、その次に品質」というアチェの村の人びとを顧客として獲得していくためには(つまり普通の市場に対抗するためには)引きつづき割賦支払いを受け入れていくことが必要だと考えています。
 なお、縫製訓練プログラムの参加者はサイダ、ヌルハヤティ、ヌルシダヤ、ティ・ザリクハ、ナザリアの5人になりました。10人のうち5人は、家庭の事情などで泊り込みの訓練を継続することができなくなり、残念ですが、残った5人が現在も訓練兼商品の生産をおこなっています。その5人も断食月と断食月明け大祭の間は、それぞれの村に戻りました。そして、稲の収穫時期で人手を必要としている家族の手伝いなどもしてきたとのこと。ロスマウェのJari Aceh事務所には10月20日に戻ってきて、活動を再開しています。現在は、ロスマウェで活動している国際NGOからバッグの注文があり、5人の参加者たちは以前NINDJAから注文を受けたときの経験を生かして製作に励んでいます。

(報告:ヌルジュバ)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-8-12 2:50:00 (2012 ヒット)

 8月11日、北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村を訪問し、牛を支援した女性グループのメンバーに話を聞きました。
 今回話を聞いたティ・アジのグループの親牛は07年3月に1頭目、08年1月に2頭目、そして現在3頭目の子牛を妊娠中、と毎年1頭のペースで順調に出産をしているため、メンバーも非常に嬉しそうな様子です。すでに生まれた2頭の子牛については、それぞれ250万ルピア、200万ルピアの値がついているものの、「生後4年になると600万ルピア以上で売れるので、それまでしっかり育てる」とティ・アジ。
 「その子牛たちをぜひ見せてもらいたい」とお願いしたのですが、残念ながらエサを食べさせるために放牧していて、どこにいるかを探すのは難しいとのこと。村での滞在時間も限られていたため今回は断念して、彼女たちのグループがつくった牛の小屋だけはしっかり見せてもらうことにしました。
 身近なところで手に入る木材、サゴ椰子の葉、トタンなどを組み合わせて作られた小屋はティ・アジの家の庭にあり、扉が道に面しています。親牛と2頭の子牛は、毎朝11時にその扉から出され、夕方6時には自分たちで小屋に戻ってくるそうです。ただし、田植えの季節だけは別で、せっかく植えた稲が牛に食べられないよう、放牧せずに木などにつないでおくと聞きました。
 ちなみに、アル・ロッ村の牛たちは、定期的に種付けがされるわけではなく、周辺に放牧されているほかの牛たちと「自然に」交尾し、妊娠する、という方式です。だから親牛それぞれによって妊娠・出産の頻度に差があるのでしょうか。あくまで自然の法則に任せる女性たちのやり方を微笑ましいと思う反面、収入につながることなだけに若干の心配も抱いてしまったのですが…。
 なお、牛が売れた売り上げは、育てた小グループのメンバーが4分の3、Jari AcehとNINDJAが4分の1の割合で分配されます。Jari AcehとNINDJAはその取り分を女性グループのための積立金とすることに決めていますが、まずは、これまでに親牛が死亡および逃亡してしまった小グループに新しい親牛を買う資金とする計画を立てています。
 今回の訪問で、アル・ロッ村では、NINDJAがおこなった牛の支援以外に、政府やNGOからの援助がまったく入っていないということが明らかになりました。紛争中に暴力やレイプの犠牲者が多く出た村であるにもかかわらず…。収入となるまでに時間がかかる牛の飼育ですが、今後もJari Acehの協力のもと、アル・ロッ村の女性たちの自立を手助けするような活動をしていきたいと改めて感じました。

(報告:野川未央)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-6-17 10:16:00 (854 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第五弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡ウレ・グレェ村のジュライニ・M・タエブです。

 ジュライニ・M・タエブは1990年、まだ4歳だったときに、父親M・タエブ(当時37歳)を失った。国軍に連行された父親は、いまも行方がわからないままである。以来、母親のフディアが、ジュライニを育ててきた。
 学校ではずっと成績10位以内、小学校を卒業するときは3位と、ジュライニは勉強熱心だった。中学校でも2年のとき、クラスで1位になっている。学校から帰ると、水田に働きに行く母親を助け、料理など家事を担当した。
 ジュライニは、ロスマウェ市の高校に神学すると、家が遠いため、NINDJAの協力団体であるJari Acehの事務所に住み込むようになる。高校から戻ると、Jari Acehスタッフとともに学び、NGO世界は彼女にとって異質なものではなくなっていった。
 当時のジュライニの夢は、高校卒業後、看護学校に進学することだった。しかし、NINDJAからの奨学金は高校までしかなく、学費の高い看護学校に進学する経済的余裕もなかったジュライニは、ロスマウェ市の単科大学教育学部英語学科に進学を決める。「どんなに経済的に苦しくても、わたしにとって教育はいちばん大切なものだった」とジュライニは話す。
 大学に通いながら、ジュライニは、Jari Acehスタッフとして働きはじめている。「Jari Acehで社会のために働くということを学んで生きたい」

(報告:イムラン・MA)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-4-2 20:19:01 (2517 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第四弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡ウレ・グレェ村のムンタシルです(写真は姪を抱くムンタシル)。

 無口で、ときどき微笑みをみせるムンタシル・ビン・M・タエブ(18歳)は、ロスマウェ第5高校3年生である。彼には父親がいない。
 18年前の1990年、まだ赤ん坊だったころ、父親を失った。父親M・タエブは、自由アチェ運動(GAM)に関与していると非難され、国軍に連行されたまま、いまも行方がわからない。
 以来、ムンタシルは母親フディアに育てられてきた。農業労働者として水田で働くフディアの収入では、ムンタシルを含めた3人の子どもを育てるのは困難だった。それでも幸運なことに、ムンタシルはブロ・ブラン・アラの小学校に通うことができた。6年生になるとき、ムンタシルはNINDJAからの奨学金を得るようになり、学費の負担は少し軽減した。
 ムンタシルの趣味は絵を描くこと。中学に入ってから、ますます進歩し、友だちから絵を頼まれたり、学校のポスターをつくるよう注文されたりするようになる。ただし、絵を描いたことで、先生から怒られたこともあった。「友だちの制服に絵を描くように頼まれたんだ。それで先生に怒られたよ」
 現在、青年になりつつあるムンタシルは、毎朝7時に学校へ出発する。通学にかかる交通費は2000ルピア。学校から帰ると、母親を手伝って、夕方まで水田に行く。夜には村でコーラン朗詠だ。空いた時間には、見たものなんでもスケッチする。いまでは村の結婚式の垂れ幕も彼の作品だ。
 絵を描くほかに、彼は動物を育てるのも好きである。鳥や猿を飼ったり、母親を手伝って、ニワトリやアヒル、ヤギも育てている。
 ムンタシルのいまの願いは、大学に進学することである。NINDJAからの奨学金が、大学まで出ることを望んでいる。「大学に進学して、医学を勉強し、村の人びとの役に立ちたい」

(報告:イムラン・MA)


« 1 2 3 4 (5) 6 7 8 ... 10 »