更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-2-22 23:05:00 (2531 ヒット)

 Jari AcehがドイツのNGOであるMalteserの支援を受けておこなった、津波被災および紛争被害女性12人への縫製技術訓練は、12月をもって6カ月の訓練期間が終了しました。しかし、Jari AcehとNINDJAは、市場に出すためにはより高い品質が求められることなどを考慮し、2008年1月以降も引きつづきJari Aceh事務所の一角で訓練がつづけています。
 1月以降、ブラウスやスカート、ジルバブ(ムスリム女性のかぶるベール)など、手のこんだ洋服類をつくり、知り合いなどに販売しはじめている彼女たち。半年前に見学させてもらったときとは比べものにならないほど、縫製・刺繍の腕がアップしていたので、以前から日本で販売したいと考えていたエコバッグを発注しました。数日前には、生産段階での要望や注意点をこと細かに伝えたため、普段以上に真剣な様子で作業が進められています。
 さて、本日2月22日は、6カ月の訓練の修了式という特別な日。それぞれ自分でつくった衣装とジルバブをまとい、Malteserからの修了証書を受け取る彼女たちの顔には、緊張感から解き放たれた最高の笑顔があふれていました。
 5歳になる子どもを村に残し、訓練に参加しているサイダは、「6カ月の訓練を無事に修了できて心からうれしい。最初は、子どもも寂しがっていたけれど、いまでは(ジルバブなどを販売して得たお金で)おもちゃを買って帰るので、喜んで応援してくれている」と、修了証書を手に嬉しそうに語ってくれました。
 式では、訓練参加者代表としてあいさつをしたサイダ。思わず涙を流し声をつまらせる彼女を見て、周りからもすすり泣きが聞こえる場面がありました。彼女たちにとって、縫製技術以外にも何か大切なものを得た訓練だったのではないでしょうか。
 なお、残念ながら12人のうち2人が修了式に参加することができませんでした。1人は親を亡くし、妹や弟を養うために働きはじめたそうです。ほかの女性たちと一緒に式の準備をしたあと、勤務先のスーパーへと出かけて行きました。また、もう1人は1月に結婚したとのことで、訓練を終えたいま、それぞれの道を歩きはじめているようです。
 NINDJAでは、現在つづいている訓練だけでなく、今後は女性たちが商品を販売する店舗の運営など、女性たちへの支援をおこなっていきたいと考えています。アチェの女性たちが紛争や津波の傷跡を乗り越え生計を立てられるようになるため、今後もみなさまのご協力・ご支援をよろしくお願いいたします。


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-12-27 0:41:00 (2078 ヒット)

 牛を支援して1年。2007年11月、ヌルラフマ(30歳)の牛が出産しました。「とっても元気な子牛なのよ。ヤンチャなぐらい!」ヌルラフマは喜びをあらわにしています。
 ヌルラフマは2000年、この地域で軍事作戦を展開していたインドネシア国軍によってレイプされた被害者のひとりです。当時、彼女は3番目の子どもを妊娠して4カ月たったところでした(現在は4人のこどもを育てています)。
 彼女は夫の目の前でレイプされました。夫は、家の柱に縛り付けられたのです。事件は、ICRC(赤十字国際委員会)ロスマウェ事務所にも報告され、多くの人が知るところとなりました。以来、彼女はトラウマを抱え、村の人びととつきあうこともできなくなりました。村の人びとも、彼女がすでに汚れたと考えました。
 2003年、アチェで軍事戒厳令が布かれたとき、村で再び国軍によるレイプ事件が起きました。このときは5人が犠牲となります。
 Jari Acehは、2つのレイプ事件の被害女性とともにグループをつくりました。女性たちが孤独ではないと感じられるよう、村の人びととつきあい、議論できるようにするためです。
 津波後、アチェで和平合意が結ばれ、女性グループは経済的に自立していくことを考えるようになります。女性たちとの話し合いにもとづいて、牛を支援することが決まりました。NINDJAが日本でカンパを募り、28人の女性に対し、7頭の牛を支援しました。女性たちは、4人ずつのチームをつくり、交互に牛の世話をし、利益を4人で分け合います。
 すでに3頭が子牛を産みました。ヌルラフマの牛は4頭目になります。

(報告:イムラン・MA)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-10-15 23:46:00 (2068 ヒット)

 北アチェ県で津波被災、紛争被害女性12人を対象に、縫製技術訓練プログラムがはじまりました。

■ それぞれの目標に向けて
 「先生は厳しいけれど、とても丁寧に教えてくれるのでやりがいがあります。毎日少しずつ技術を覚えていけることが嬉しいです」
 「早く縫製と刺繍の技術を習得して、自立した生活を送れるようになりたいです」
 「子どもの学費や家族の生活費をまかなうため、洋服を売って収入を得られるようになるのが目標です」
 「村に帰ったら、ここで学んだことを姉たちやほかの女性にも教えてあげたいです」
 ここに紹介したのは、2007年7月にはじまった縫製技術訓練プログラムを受けている女性たちの声です。プログラム開始から約1カ月半、彼女たちの表情はとても生き生きとしていました。
 このプログラムは、NINDJAと協力関係にあるJari Acehが、ロスマウェ市内にある事務所の一角を利用しておこなっているものです。縫製用および刺繍用のミシン計12台は、ドイツのMalteser InternationalというNGOからの資金援助により購入されました。また、NINDJAは、みなさまからのカンパの一部を、訓練に参加する女性たちの生活に必要なゴザや調理器具などを購入する資金として支援しました。
 現在、12名の女性が事務所の離れに泊まりこみながら、6カ月にわたる訓練を受けている最中です。洋服づくりの基礎から勉強して、裁断、縫製、刺繍まで、この6カ月で覚えなくてはならないことは山のようにあります。毎日出される宿題をこなすのに一生懸命だったり、日曜日もひとりミシンに向かって黙々と刺繍の練習を続けていたり、ペースは人それぞれですが、みな真剣そのものです。
 それにしても、月曜日から土曜日までの週6日、朝の9時から夕方の5時までといったかなりのハードスケジュール、毎週日曜日は休日だとはいえ、村にいる家族や友だちと離れての訓練は大変なことも多いのではないでしょうか。なかには、村まで公共の交通機関で片道2時間以上かかるという女性もいると聞きました。毎週のように村に帰ることができるわけではありません。
 それでも、冒頭に紹介したように、早く技術を習得して自分自身や家族のために役立てたい、という強い意志が彼女たちを動かしているのでしょう。こうして技術習得のための勉強に打ち込めることを、とても誇りに思っている。そのことが女性たちの表情や言葉の端々から伝わってきます。それに、仲間と一緒に炊事洗濯をしながらおしゃべりで盛り上がったり、朝や夕方に近くの市場におやつを買いに出かけたり…と小さな楽しみや息抜きを見つけ出すのはお手のもののようでした。

■ 女性たちの自立のために
 このプログラムに参加している女性たちは、NINDJAとJari Acehがこれまでの支援活動を通じて交流してきた紛争被害および津波被災女性グループの一員です。
 NINDJAは、この技術訓練が終了したあとに、彼女たちがその技術を活かし、自立していく方法を見つけることが重要だと考え、これまでJari Acehと何度も話し合いをおこなってきました。
 そして、検討を重ねた結果、ロスマウェ市内に小さな店舗と訓練場を構えることが決まりました。
 アチェの村社会では、いまだに男性の発言権や決定権が圧倒的に大きいという現実があります。女性たちが自由に集まり、話し合い、物事をかたちにしていくことのできる場になることを目指します。

■ トレーニングを通して
 技術訓練プログラムが終了する12月以降、店舗の運営をスムーズに開始できることが、女性たちにとっていち早い生計手段の確保につながります。
 そこで、8月には、NINDJAで販売経験のあるメンバーが中心になってJari Acehのスタッフに対するトレーニングをおこないました。村の女性たちの組織化や彼女たちの生計支援といった活動には精通しているスタッフたちですが、商品を販売するということに関してはまったくの初心者。まずは、基本的な情報を伝えるところからスタートです。
 たとえば、女性たちから買い取る製品(洋服)に対していつ、いくら支払うのか、在庫や毎日の売上げをどのように管理するのか、気をつけなくてはいけない点は何かなど、非常に細かい説明をおこないました。その後、店舗販売のシミュレーションをしながら、ひとつひとつを確認するなかで、それぞれが疑問に思っていたことなども解決したようです。
 こうして、丸一日かけておこなったトレーニングの結果、スタッフのなかには、店舗を持ち洋服を販売することに対する責任感がしっかりと芽生えたように感じています。自分たちの運営方法が、女性グループの支援を持続させていけるかどうかに深く関わるという認識も深まったようでした。
 とはいえ、店舗を運営するノウハウを学ぶことと同様に重要なのは、どのように顧客を確保・開拓していくかということです。今後は、そうした点についても具体的に考えながら、このプログラムを進めていく必要があると感じています。

■ 引き続きの支援のお願い
 以上のような経緯から、みなさまからNINDJAにお寄せいただいた津波被災者および紛争被害者への支援を、とくにこのプログラムの運営にあてさせていただきたいと考えています。
 津波被災者のなかでも支援の届きにくかった村の女性たち、軍事作戦によって家族や財産を奪われたにもかかわらず、きちんとした補償を受けることのできない女性たち。手探りの状態からのスタートですが、そうした女性たちが自分たちの力で生活を取り戻していけるよう、引き続き、みなさまからのご支援・ご協力をお願いいたします。


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-8-15 23:31:00 (2840 ヒット)

 「特定非営利法人・アジアの子ども達を支援する会」からご支援いただき、北アチェ県サムドゥラ郡クタ・クルン村マタン・スリメン集落の子どもたちに、遊び場所をつくる支援をおこないました。

■ 津波と差別の二重苦を超えて
 サムドゥラ郡クタ・クルン村マタン・スリメン集落は、ロスマウェ市街地からバイクで小1時間ほどの場所にあります。ここは、大津波により26人もの死者を出し(全人口112人)、家財道具などすべてのものが流されてしまうといった大きな被害に見舞われました。また、ハンセン病(元)患者とその家族が暮らしているという理由で、津波以前から現在にいたるまで周囲から隔離されている被差別集落です。
 集落のなかに学校はないため、小学生は養殖池をはさんだ隣の集落にある学校に通っています。しかし、そこでも「ハンセン病の村の子」として、教師やほかの子どもたちから差別やいじめを受けることがあるという話を以前から聞いていました。また、それが理由で小学校を中退してしまう子どもも少なくないようです。
 こうした状況のため、マタン・スリメン集落の子どもたちには、学校にも集落内にも自分たちの遊び場所がない状態が続いていたのです。
 このたび「特定非営利法人・アジアの子ども達を支援する会」からご支援いただき、ロスマウェのパートナー団体であるJari Acehと協力して、子どもたちがいつでも気がねなく遊べる遊具を集落内に設置しました。ブランコ、すべり台(ふつうの1人乗りのものとボックス型で向かい合わせに4人座れるもの)、うんてい、ジャングルジムといった計5種類の遊具は、子どもたち自身の意見を聞いた上で選んだものです、みなが完成を心待ちにしていました。
 8月上旬、NINDJAメンバー2名がマタン・スリメン集落を訪問しました。子どもたちが実際にどのような様子で遊んでいるのか、とくに問題は起きていないかなど、プロジェクトの状況について確認してきました。
 マタン・スリメン集落は養殖池のなかの1本のあぜ道を抜けたところにあります。わたしたちがバイクで集落の入り口を通り抜け、遊具を設置した小さなスペースに到着すると、子どもたちがどんどん集まってきました。あいさつもそこそこに、子どもたちは銘々のお気に入りの遊具に飛びついていきます。カメラを向けると最初は少し恥ずかしそうにしていた子どもたちですが、次第にこちらに向かってポーズをとるようになるほどのはしゃぎようでした。
 それだけで、子どもたちがどれほどこの場所を必要としているかを実感することができました。なぜなら、マタン・スリメン集落の多くの子どもたちは、津波に襲われた経験によって親を失い、精神的に不安定になっているからです。そうした子どもたちが満面の笑顔を見せてくれるということは、自由な遊び場を得たことで、たとえ少しずつでも精神的な苦痛から癒されつつあると考えられるのではないでしょうか。

■ どれも楽しい!でも一番人気は…
 さっそく、子どもたちに遊具についていろいろと質問をしてみました。小学校低学年の男の子からは「毎日、学校から帰って昼ごはんを食べ終わったら、すぐここに来て遊んでいるんだ」と元気な答えが返ってきました。「お昼の一番暑い時間帯には、遊具も熱くなっちゃうのが少し残念だけど、でもとにかく楽しいよ!」と満面の笑みです。また、一緒にジャングルジムにのぼっていた男の子に学校のことを聞いてみたところ、「勉強は好きだけど、いろいろな事情で何日も休んでしまったら、進級できなかったんだ」と話してくれました。それでも、「友達もいるし、(今回支援した遊具のことを指して)こういう楽しい場所もあるから大丈夫」と、前向きでした。
 また、自転車で1時間以上かけて中学校に通っているという女の子は「小学校では、(マタン・スリメン出身という理由で)いじめられたけれど、いまは学校が遠いから大丈夫。勉強もすごく楽しいので、がんばって高校まで進みたい」と、ちょっとはにかみながら答えてくれました。そんな彼女のお気に入りはすべり台だそうで、「この子はすべり台で遊びすぎて、ズボンのおしりに穴をあけちゃったんだよ!」と隣にいた友達にからかわれていました。
 最後に、子どもたちにどの遊具がお気に入りかを聞いてみたところ、一番人気はすべり台、その次はボックス型ブランコであることがわかりました。ただし、ひとつだけを選ぶのは大変、という子どもたちの意見も伝える必要がありますが。
 いままでは、木登りや近くの養殖池で釣りをすることが唯一の遊びだったそうですが、就学前の小さな子どもの面倒もみながらブランコをこいだり、すべり台をすべったり、そんな様子は集落のなかでの遊び場ならではのものでしょう。
 今後も、マタン・スリメン集落を定期的に訪問し、必要に応じて支援を検討していきたいと考えております。引き続き、みなさまのご支援・ご協力をお願いいたします。

(報告:渡辺瑛莉)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-6-17 12:42:00 (2092 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第三弾は、北アチェ県ニサム郡パヤ・ドゥア村のサラフディンとチュッ・ダラです(写真一番左がチュッ・ダラ)。

 奨学金、洗濯代がマレーシアに送られる。マレーシアで教育を受けているニサム郡パヤ・ドゥア村のサラフディンの話は、ここからはじめるのがいいかもしれない。父親はいないが、母親が金持ちの家で洗濯婦をすることで、彼は暮らしてきた。
 ニサムの小学校を出たあと、サラフディンはロスマウェのウトゥン・クッ学校に入学した。この学校の教育システムは、一般の中学校・高校とは異なっている。生徒は、英語とアラビア語という2言語で話すことが義務づけられる。サラフディンも、その生徒のひとりだった。
 サラフディンは、ロスマワティの子どもの2番目だ。ロスマワティの夫は1990年、国軍によって家から連行され、7km離れたところで射殺された。遺体は、道路に投げ捨てられた。3人の子どもを育てるため、ロスマワティは必死で働いた。すべての重荷をひとりで背負わなくてはならず、怒りをぶつける場もなかった。ただ運命を受け入れるしかなかったのである。夫は財産を残すこともなかった。生計を立てるため、彼女はタマリンドを市場に運び、ゴザを売り、金持ちの家で洗濯婦もした。NINDJAからの奨学金は、そんな彼女の支えとなった。
 サラフディンは、1年に1回の休暇のときのみ、アチェに戻ってくる。彼は礼儀正しく、マジメだ。英語とアラビア語を話せる彼の姿に、母親は涙を流さずにはいられない。「サラフディンは勉強をすることができた。子ども以上の存在よ」
 サラフディンの妹チュッ・ダラ・フォナも、北アチェ県デワンタラ郡のパロ・ラダ中学2年生だ。恥ずかしがり屋の彼女は、あと1年で中学を卒業する。ロスマワティは、学校往復のための1000ルピアしか準備できないが、NINDJAの奨学金で学校に必要なものを購入することができた。「学校に行きたいという子どもの希望をかなえるのは難しかったけれども、疲れていたときでも、奨学金があったから励まされたわ」ロスマワティは遠くを見つめて語った。

(報告:イムラン・MA)


« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 10 »