更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-3-15 5:42:00 (459 ヒット)

 14日は朝から北アチェ県最東のパントン・ラブに建築資材の買い付けに行きました。スヌドン郡マタン・ラダ村のバライ・プンガジアン用の資材を買い付け、村の人びとに運んでもらったあと、東アチェ県シンパン・ウリム郡クアラ村の仮設学校建設用の木材を買い付けに、製材所へ向かいました。
 バンダ・アチェの住宅建設用資材も、ここから運ばれるそうで、とにかく製材所は繁盛しています。アチェの住宅建設のため170万tの木材が必要だといわれています。インドネシア環境フォーラム(WALHI)は、アチェでの森林事業権(HPH)と産業造林事業権(HPH-TI)の申請者の多くが、環境規則に違反し、自身の義務を果たそうとしていないと、違法伐採の危険性を指摘しています。住宅建設で木材が必要だという現実と同時に、このチャンスを利用して違法伐採する企業の存在もまた現実であり、どこが妥協点になりうるのか考えてしまいます。
 さて木材がすべてそろい、運ばれてくるのを、クアラ村で待っているあいだ、村の人びととさまざまな話をしました。GAMが海外に逃亡する際の基地とみなされたクアラ村での軍事作戦は、想像以上に深刻だったようです。
 03年5月19日に軍事戒厳令が布かれて3日後、川を小舟で上っていたある家族が、「武装集団」に撃たれました。当時4歳半だった子ども、母親に弾があたりました。2人とも命はとりとめましたが、父親は2人の治療のために1500万ルピア払わなくてはなりませんでした。家も牛もヤギも、財産すべて売ったといいます。
 2人が治療を受けているとき、国軍兵士が、発砲者についての情報をとりにきました。この国軍兵士は、父親に銃口を向け、「お前はGAMだろう」と言ったうえで、「誰が発砲したのか」と尋ねました。父親は家族の無事を考えて、「GAMでも国軍でもなかった」と答えるしかありませんでした。本当は、200mしか離れていなかったし、武装集団の船にはインドネシア国旗が掲げられていたため明らかだったのですが。
 父親は言います。「国軍兵士がGAMを捕まえたかったら、実際は簡単だ。住民と交流し、人心をつかめばいい。武器を突きつけるなんて、やりかたとしてはもっともバカげている」と。そして、クアラ村での軍事作戦について、けっして忘れることができないとも。
 和平合意が結ばれたといっても、本当につづくのかどうか、以前のような状況に再びならないか、人びとはまだ不安を抱えています。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-3-14 5:36:00 (600 ヒット)

 早く女性の生計手段支援をおこないたいのですが、この間、建設関係が多くなっています。ひとつひとつのプロジェクトの額が大きくないこと、村全体の利益につながること、さらに支援する機関・NGOがないことから、わたしたちが支援するしかないのだろうと思います。しかし、これまで一人一人の希望に沿って、サウォッ・サベェ、サウォッ・シラン、ブベェ、ジャラ、アンベ…と細かく支援をしてきただけに、いささか違和感があります。
 マタン・スリメン集落には、バライ・デサ(公会堂)もムナサ(祈祷所、集会施設)もバライ・プンガジアン(コーラン詠みの練習をする施設)もありません。つまり人びとが集まる場がないのです。以前からバライ・プンガジアン建設の要望があり、道路修復も無事に終了したため、やっと建築資材の搬入などを進めることになりました。
 13日、集落で話し合いをし、再度バライ・プンガジアンのイメージを確認したうえで、人びとと資材の買い付けに出かけました。みんなで、どの木材が適当か、一緒に決めていきます。(水)か(木)には、必要な物資がそろい、集落に運ばれるようです。
 ところで、マタン・スリメン集落は、ハンセン病患者コロニーになっている地域です。なかには北スマトラ州メダンから移ってきた男性もいます。この男性、一度義足をつくったのですが、足と合わなかったそうです。(水)に車で迎えに来て、義足をつくる人のところに連れて行くことになりました。今度こそ、うまくいくといいのですが…。


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2003-9-30 12:36:00 (1218 ヒット)

 アチェ「父親を亡くした子どもたち」への奨学金にカンパいただき、ありがとうございました。2000年9月7日、軍事作戦地域寡婦フォーラム(FORJA DOM)メンバーの女性たちと話し合い、第1回の奨学金供与をおこなってから、みなさまからのご支援により、奨学金供与も4年目を迎えることになりました。
 新聞・テレビなどの報道でご存知かと思いますが、2003年5月19日からアチェで軍事戒厳令が敷かれました。その後約100日の間で、インドネシア国軍報道で752人のアチェ人が殺害されたといわれています。さらにインドネシア国軍と独立を求めるゲリラ「自由アチェ運動(GAM)」との衝突を恐れるなどの理由で、数万人の住民が避難を迫られました。また500以上の学校が焼き討ちされています。
 軍事戒厳令下におかれたアチェでは、NGO・市民団体による活動も大幅に制限されています。避難民に対する人道支援は軍事戒厳令司令部の管理下におかれ、インドネシア赤十字ですら、自由に避難民キャンプに入ることができません。インドネシア国軍による民間人への暴力や人権侵害について調査したり、キャンペーンをしたりしてきた活動家たちの多くが逮捕され、脅迫を受けるようになっています。またインターネットや携帯電話も自由に利用できなくなっており、アチェの人びととの連絡をとるのすら困難になっております。
 このような状況のなか、わたしたち日本の市民のアチェの人びとへの支援も、この間は緊急人道支援にシフトしていました。8月にアチェに入り、直接、支援を届けることを目標として、みなさまからのカンパを集めてきました。しかし残念ながら、軍事戒厳令司令部は、外国人のアチェ入域を制限(実質的には禁止)しており、現在まで、日本に限らず海外のNGOはアチェに行くことができずにいます。国際赤十字も活動を停止し、アチェを離れるように命じられています。
 上記のような理由で、この間、みなさまへのご報告が遅れてしまったことを、深くお詫び申し上げます。8月にインドネシアを訪れた際、奨学金をFORJA DOMのメンバーの女性たちに配るのを担当してもらっている北アチェ県のNGO「JARI Aceh」と連絡がとれ、これまでの状況について聞くとともに、今後のことについて話し合うことができました。
 JARI Acehによれば、たしかに軍事戒厳令適用後、奨学金を配るために村々を訪れるのは不可能になってしまったが、女性たちが毎月、奨学金を受け取りに、JARI事務所に来ていたということです。また軍事戒厳令下における暮らしにも「慣れて」きたため、9月からは、もう一度、村々を訪れるよう試してみるということでした。
 奨学金を供与している村々は、それぞれ、武装ゲリラの勢力が強いと言われており、それだけインドネシア国軍による軍事作戦も激しいものとなっています。この奨学金を受けている高校生の男の子がインドネシア国軍に殴られた、FORJA DOMのメンバーの女性の息子がインドネシア国軍に殺害されたなどの情報も入ってきています。さらに軍事作戦が展開されている状況で田畑に行くことができない、避難生活から戻ってきたら家畜や家財が略奪されていた、など生活も厳しい状況です。
 FORJA DOM、JARIともに、このような状況でも何とか子どもが学校に行きつづけられるよう、これからも支援をしてほしいという要請がありました。すでに3年たっていることから、カンパを募りつづけるのは困難だと思いますが、何とか変わらぬご支援を賜りたく、よろしくお願いいたします。

会計報告→ダウンロード

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2002-4-30 12:36:00 (1237 ヒット)

 アチェ「父親を亡くした子どもたち」への奨学金にカンパいただき、ありがとうございました。2000年9月7日、軍事作戦地域寡婦フォーラム(FORJA DOM)メンバーの女性たちと話し合い、第1回の奨学金供与をおこなってから、みなさまからのご支援により、何とか1年半の間、奨学金供与をつづけることができました。
 2002年3月、第4期(2002年1〜6月)の奨学金供与を、現地のNGOスタッフとともにおこなってきました。村々の女性たち、子どもたちに、アチェの状況は厳しいが学校をつづけたい、何とか奨学金を続けてほしい、と訴えかけられました。治安部隊による独立ゲリラ掃討作戦が、村々で展開されているために、自由な経済活動をおこなうこともできず、治安部隊によって夫を殺害された女性たちは、子どもたちの教育費どころか、日々の食費を稼ぎ出すのも困難な状況になっています。そのため、奨学金の額を増やして欲しいという要請も多くありました。
 このような女性たち、子どもたちの声に応えるためには、みなさまからのさらなるご支援が必要となります。現在、日本も不況ですが、ほんのわずかな額でも、アチェでは文房具、教科書など、さまざまな形で活かされてきますので、みなさまから引き続きのご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします。

会計報告→ダウンロード

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2001-4-30 12:33:00 (1340 ヒット)

■ FORJA DOMより奨学金支援のお礼

日本のみなさまへ

 NINDJAを通じて日本のみなさまから寄せられた奨学金支援について、わたしたち北アチェ県軍事作戦地域寡婦フィーラム(FORJADOM)のメンバーは、とても感謝しています。この支援は、子どもたちが教育を受け続けることを可能にし、彼らの生活に大きく役立てられています。わたしたちは、今後もみなさまの協力を得て、この奨学金制度がこれから先も長く続いていくことを望んでいます。
 わたしたちは、わたしたちのことを気にかけ、多くの支援を寄せてくださった日本のみなさまに、この間の心配りに対して感謝の気持ちを表します。ありがとうございました。

ロスマウェ、2000年11月1日
FORJADOM事務局長 Hudiah

■ NINDJAよりご報告
 アチェ「父親を亡くした子どもたち」への奨学金にカンパいただき、ありがとうございました。2000年9月7日、軍事作戦地域寡婦フィーラム(FORJA DOM)メンバーの女性たち全員に集まってもらい、
・ 日本の市民からのカンパであること
・ 子どもたちの学校関係の費用に役立てて欲しいこと
・ なるべく多くの子どもたちを支援したいと思い、一人一人への額を小さくせざるを得なかったこと
・ 長くつづけたいと考えているが、カンパの集まり具合が影響してしまうこと
・ 小学生、中学生、高校生の数が変化することで、奨学金の額も変わってくるため、1年に2回程度、データを新しくすること
など奨学金の説明をしてきました。
 そのうえで女性たち自身が銀行口座を開き、奨学金給付をおこなうスタッフ、銀行通帳の管理者などを全員で決定しました。このスタッフが毎月、村々を訪れて奨学金を渡しています。奨学金を渡す場が、村の情勢(治安部隊による人権侵害など)、女性たちが抱えている問題などについて話し合える場にもなり、女性たちの絆が強まっているそうです。

会計報告→ダウンロード

(報告:佐伯奈津子)


« 1 ... 7 8 9 (10)