更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-23 23:06:00 (965 ヒット)

■ マタン・スリメン集落とは
 マラッカ海峡沿いの北アチェ県サムドゥラ郡クタ・クルン村マタン・スリメン集落は、2004年12月26日に起きたスマトラ沖地震・津波に襲われた地域です。家は1軒も残らず、女性15人、子ども11人が死亡しました。女性たちは、子どもを探して逃げ遅れたり、またヤシの木に登ることができなかったりして、波に呑まれていったのでした。
 ここまでは、津波被災地となったどの村でも見られた光景です。違っていたのは、この集落が、ハンセン病患者・回復者のコロニーだったことです。逃げることを諦めた重度のハンセン病患者6人は、コーランを唱えながら、最期のときを迎えたといいます。
 生き残った28世帯89人は、同じサムドゥラ郡の津波被災者たちとともに、グドン(郡役場所在地)へと避難しました。グドンでは、大きなテントが並び、それぞれ村ごとに共同生活が営まれていました。幹線道路沿いに位置することから援助物資も入りやすく、テントは一列、しかも裏が水田で風通しも悪くありません。わたしが訪れた北アチェ県の避難民キャンプのなかで、もっとも人びとの表情の明るいところでした。
 しかし、集落の人びとにとっては、そうではありませんでした。「カンプン・レプラ(ハンセン病の集落)」に対して、ほかの被災者は冷たく、集落の人びとは共同の台所への立ち入りを禁止されました。集落の人びとがありつけるのは、骨だけになった魚、実のなくなった汁だったそうです。集落の人びとは、差別に耐えられなくなり、約2カ月半後、観光局所有の掘っ立て小屋に移りました。女性たちは小屋に、男性たちは小屋の外にビニールシートで天井だけをつくり、避難生活をつづけました。
 サムドゥラ郡の被災者が、政府の建てた長屋式仮設住宅に入ったり、自分で元の村に建て直した家に戻ったりしているころ、集落の人びとは行き場もなく、この小屋で暮らしていました。人びとは、せめて海から500m離れたところに住みたいと希望していたが、彼らを受け入れる場はなく、けっきょく元の集落に戻っていきました。

■ 子どもたちへの支援
 「隔離された」マタン・スリメン集落の人びとが職を得ることは難しく、多くはハンセン病患者への政府(社会局)からの援助に頼ったり、ロスマウェ市に物乞いに行ったりして、生計を立てています。NINDJAは、津波被災者への支援活動を終了したのちも、このマタン・スリメン集落との交流を深めてきました。とくに集落の子どものために、バライ・プンガジアン(コーラン朗読の練習をする場)や遊び場(2007年8月15日の報告)を建設したりしています。
 2013年2月に集落を訪れた際、女性たちから子どもの制服を支援して欲しいという要請を受けました。カンパや、2013年9月に実施するツアー収益などから、ようやく制服を購入する資金のめどがたったため、8月23日、北スマトラ州メダンで買い付けを実施しました。

【子どもの数】
小学生:男9人、女4人
中学生:男2人、女2人
高校生:男2人、女2人 計21人
【支出】
制服:200万1000ルピア
靴・靴下:73万5000ルピア 計274万6000ルピア

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-20 23:16:00 (908 ヒット)

 8月20日、昨夕のうちに買い付けを済ませておいた農機具をとりにいき、スルンパ村に運びました。日常的につかってきたものであり、かつ今後の彼らの収入を左右するものであるだけに、農機具をみる被災者の目は真剣でした。山刀(パラン)の刃の部分を指で弾いて、「いい鉄だ」と言ってもらえたときには、本当にほっとしました。
 77世帯分購入するということで、かなり値引いてもらったため、中クラスのパランに手が届きましたが、仮に予算から「ないよりはマシだろう」と低クラスのパランを購入していたら、すぐ壊れてしまったり、被災者につかってもらえなかったりしたかもしれません。2004年末スマトラ沖地震・津波のとき、被災者とともに漁網などの買い付けをしたことを思い出して、結果としては無事ではあったにせよ、今回、自分たちだけで買い付けしたことを反省しました。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-19 22:39:09 (925 ヒット)

 寄せられたカンパ約750万ルピアで、どのような支援が可能なのか悩みながら、2013年8月19日、中アチェ県ケトル郡のブラン・マンチュン村、スルンパ村を訪問しました。被害の深刻度、すでに受けている援助に考慮しながら、現金や食糧の支援をすることは可能ですが、つかったり食べたりしたら終わりになってしまいます。もちろん被災者のニーズが最優先なのですが、2004年末スマトラ沖地震・津波の被災者支援のときに出会った伝統的な漁具のような支援、つまりその後の収入につながっていくような支援を追求したいと思っていました。と同時に、ではどの村を支援するのが最善かも答えが出ないままでした。
 スルンパ村を訪問した際、瞬時に「この村だ!」とわたしたちの心は決まりました。
・山の斜面にある村で、ほかの村と隔絶されている
・地震時に起きた地崩れのため、77世帯のうち第1集落にある12世帯の家屋が谷底に流されてしまった(死者6人、行方不明5人)
・それ以外の家屋も倒壊し、いまは車で20分ぐらい離れた第2集落に避難している
・周辺の道路も破壊され、街や農園へのアクセスが悪い
など、ほかの村より被害は深刻でした。
 しかし、いっぽうで、深刻だからこそ支援が多く入っているかもしれません。事実、わたしたちがもとの村を訪問しているあいだにも、支援物資を届けに来たシンガポールのキリスト教会関係者に出会いました。被災者がどのような支援を必要としているのか、わたしたちができることがあるのか、人びとが避難している第2集落に向かいました。
 スルンパ村の被災者は、社会局から支援されたわずかベニヤ板16枚、トタン22枚、小さな釘1箱で、仮設住宅を自力で建てて暮らしていました。仮設住宅の柱や床にする木材は、倒壊した家からやはり自力で運んできたものです。「元の村では、コンクリの家や木材の家や差があったけど、いまはみなベニヤ板で同じ」と被災者は笑っていましたが……。
 実は避難している被災者が住んでいる土地は、紛争前、この地域で植林、製紙していたKKA社が操業停止、放置した土地なのです。その後、スルンパ村(地滑りの起きた第1集落)住民の一部が整地し、第2集落として住むようになりました。KKA社は現在、スハルトの元娘婿で、元戦略予備軍司令官だったプラボウォの所有となっており、操業が再開されたときに、立ち退かされるのではないか不安を抱いています。この件については、NINDJAの中アチェ県の協力団体が、問題が発生したときには支援することを約束しました。
 村長さん、助役さん、そして男性、女性から話を聞いていたときに、「(礼拝のある)金曜日以外、毎日、農作業していたから、こんなふうに座っていることに慣れていないのよ」と、ひとりの被災女性が語ってくれました。
 村の住民は全員農民で、コーヒー農園、水田、畑を耕しています。地震で灌漑がだめになってしまった水田以外、いまでも生活の糧を得ることができる場ですが、農機具も種苗もなくなってしまったため、働くことができずにいるそうです。
「生活必需品の援助より、自分たちが働けるための援助を待っている」
「働くことで気力が沸いてくる」
被災者たちは、どのような農機具が必要か、これまで何を植えていたか、いろいろなことを教えてくれました。詳しい値段を確認すると、77世帯の支援の可能性が開けてきました。
 村を離れ、タケゴンの街で、被災者たちから希望の出た鍬、山刀(パラン)、トウガラシの種の値段を調べ、買い付けも済ませることができました。明日の朝、村に届けに行きます。

【収入】
カンパ:744万4228ルピア
【支出】
鍬:3万5000ルピア×77=269万5000ルピア
山刀:3万5000ルピア×77=269万5000ルピア
トウガラシ種:3万ルピア×77=231万ルピア
計:770万ルピア


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-19 1:33:46 (945 ヒット)

 8月18日、被害が深刻だというケトル郡の2カ村(東ジャロック村、中ジャロック村)を訪問しました。8月10日に緊急段階が終了し、それまであった食糧、衣料などの生活必需品支援も止まりました。緊急段階が再度延長されるのか、復興段階に移行するのか、アチェ州政府からはなんの発表もない状態です。
 地震発生から1カ月程度、人びとはテント暮らしをしていたのですが、いまは倒壊した家の資材をつかって、掘っ立て小屋で暮らす世帯も出はじめました。2004年末スマトラ沖地震・津波の際には建設された仮設住宅の計画はなく、人びとは当分テント暮らし、ないし掘っ立て小屋暮らしを迫られそうです。
 高地にある村々は、とくに朝晩の冷え込みがひどく、火をおこして暖をとらなくてはならないほどです。1世帯あたり2枚の毛布が支援されたようですが、毛布というより布といったほうが適切なぐらい薄いもので、寒さをしのげるようなものではありません。人びとはなによりも住居の支援を望んでいます。しかし、いっぽうで「政府は仕事が遅いし、フィルターが漏れている(注:汚職で支援金が消えてしまう)から」という声も、被災者からは聞かれました。
 ところで中アチェはコーヒー(ガヨ・コーヒーとよばれる)の生産で有名な地域です。訪問した2カ村も、ほとんどがコーヒー農民です。山の斜面に農園があるために、地崩れが怖くて、農園に行けないでいる農民もいますが、津波被害と異なり、生計手段は失われずに済んでいます。
 しかし、コーヒーの国際価格がとくに地震後に暴落し、コーヒー農民の収入は激減しました。竹筒1本分(約2リットル、乾燥させると約500g)のコーヒー豆が、地震前には1万2000ルピアだったのが、現在2500〜3000ルピアになったそうです。コーヒー農民として、自分の農園に行くよりも、人の農園でコーヒーの実を摘んだり(つまり日雇いの農業労働者になる)、建設労働者になったりするほうが、収入が多いというのが現実です。
 あるコーヒー農民は、「『ガヨ・コーヒーは世界最高の品質』ということばだけが、自分たちの収入だ」と笑いながら、「自分で稼いで、地震で失ったものを少しずつ買っていくほうが、気持ちの負担が少ない。地震被災者への援助より、コーヒー豆の価格を上げて欲しい」と訴えていました。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-19 1:09:31 (632 ヒット)

 2013年7月2日、アチェ内陸ベネル・メリア県でM6.2の地震が発生し、中アチェ県、ベネル・メリア県で甚大な被害が出ています。8月18日から、みなさまから寄せられたカンパ約7万5000円をもって、中アチェ県で活動を開始しました。以下、まず中アチェ県の被害状況について、7月末に県知事が発表した最終データをお伝えします。

【人間の被害】
死亡:35人
重傷:92人
軽傷:352人
病気:2150人
行方不明:5人

【住居】
重度の倒壊:5302
中度の倒壊:2651
軽度の倒壊:7600

【政府機関建物】
重度の倒壊:64
中度の倒壊:52
軽度の倒壊:37

【医療機関・保健施設】
重度の倒壊:211
中度の倒壊:27
軽度の倒壊:4

【教育機関】
幼稚園
重度の倒壊:118
中度の倒壊:82
軽度の倒壊:

小学校
重度の倒壊:89
中度の倒壊:39
軽度の倒壊:

中学校
重度の倒壊:13
中度の倒壊:17
軽度の倒壊:

高校
重度の倒壊:7
中度の倒壊:16
軽度の倒壊:

【祈祷施設】
重度の倒壊:222
中度の倒壊:15
軽度の倒壊:38

【インフラ(県道)】
重度の倒壊:114.62km
中度の倒壊:22.45km
軽度の倒壊:18.25km

【地震の被害を受けた村の数】
1. Ketol郡:31カ村
2. Kute Panang郡:25カ村
3. Bebesen郡:33カ村
4. Kebayakan郡:22カ村
5. Lot Tawar郡:24カ村
6. Bius郡:15カ村
7. Silih Nara郡:32カ村
8. Celala郡:24カ村
9. Pegasing郡:28カ村
10. Rusip Antara郡:12カ村
11. Linge郡:4カ村
12. Bintang郡:2カ村

【生計手段を失った人(コーヒー産業、砂糖産業従業員)】
4215人

【避難民(家の前のテントに暮らす人を含める】
4万8563人


« 1 (2) 3 4 5 ... 10 »