更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-2-25 20:25:00 (1809 ヒット)

 NINDJAの協力団体であるJari Acehは、OXFAMの資金援助を受け、北アチェ県6カ村で、津波被災女性に縫製技術の訓練をおこないました。2月23日から25日まで、ロスマウェ市で、津波支援活動に関する展覧会が開かれ、女性たちのつくった洋服やジルバブ(ムスリム女性のかぶるベール)も出品されました。

 2006年8月から6カ月間の縫製技術の訓練がおこなわれたのは、北アチェ県タナ・パシール郡マタン・ジャネン村(23人)、西バクティア郡ロッ・ウンチン村(23人)、ムナサ・ハグ村(37人)、パヤ・バテン村(12人)、ブラン・ル村(24人)、ブランデ・パヤ村(30人)です。それぞれの村で女性グループがつくられ、グループに対し、ミシン、まつり縫い用ミシン、刺繍用ミシン、布、糸などが支援されました。
 6カ月の訓練が終わり、洋服を縫えるようになった女性たちにとって、今回の展覧会は刺激になったようです。展覧会の期間中、Jari Aceh事務所で雑魚寝している女性たちと、いろいろなおしゃべりをしました。

「とってもうれしい。いままでは何も知らなかったけど、いまは洋服を縫えるようになりました。日々の活動があり、少し進歩しました。洋服を売って、子どもの学費にしたいです」(マタン・ジャネン村女性)

「プログラムがはじまるとき、洋服を縫えるようになれば、収入につながると確信していました。夫に全面的に頼らなくて済むようになります。家計を助けられます。展覧会で買い手と対面するのは、はじめての経験でしたが、とても勉強になりました」(ブラン・ル村女性)

「いままで田んぼに出かけ、賃金労働をするだけでした。支援を受けて、こういう活動ができるようになって、とてもうれしいです。展覧会で売ったのは、とても楽しかった。もっと売れるものをつくっていきたいです。洋服の売り上げは、今後グループの活動をつづけるための資金にします」(パヤ・バテン村女性)

 現在、6つの女性グループに残された問題は、ミシン置き場と市場開拓です。資金援助のあった6カ月間は、村で場所を借りていたのですが、今後、ミシンをどこに置けばいいのか解決策を模索している最中です。

「自分たちグループの場所が欲しいです。いまは人の家をつかわせてもらっていますが、邪魔になってしまうのではないかと気をつかいます。自分たちの場所があれば、自由に活動できるようになります」(パヤ・バテン村女性)

「グループで少しずつオカネを集めていますが、払えない女性もいます。なんとか努力して、自分たちの場所をもちたいです」(ムナサ・ハグ村女性)

 この縫製技術訓練プログラムは、NINDJAがプロポーザル作成に関わったこと、Jari Acehの設立者の一員であることなどから、資金源はOXFAMでも、まったく無関係というわけではありませんでした。
 Jari Acehにとっては、かなり大規模なプログラムだったため、NINDJAが日本のみなさんからいただいたカンパでの支援活動は一時停止、OXFAM資金によるプログラムを進めながら、今後の必要な支援を探っていました。
 ちなみに、Jari AcehがOXFAMから支援を受けている6カ月間、NINDJAから出していた運営経費を、津波被災者のようには支援を受けられずにいる紛争犠牲女性の支援にあてることになりました(その第一弾として、アル・ロッ村の紛争犠牲女性への牛の支援がおこなわれました。詳細は、2007年2月9日の報告をご覧ください)。
 Jari AcehとNINDJAは、この間の支援活動を通じて、津波被災女性グループ、紛争犠牲女性グループが集まり、縫製技術訓練を受け、さらに製品を売ることができる場を設けることの必要性を痛感しています。女性たちが恒常的に集まり、話し合える場にもなります。こういう場は、まだまだ男性が発言権、決定権をもっているアチェ社会ではとても重要です。
 みなさまからもご支援いただけると幸いです。

(報告:佐伯奈津子)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-2-9 20:42:00 (2616 ヒット)

 北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村女性グループに支援した牛が、2月3日には子牛を産んだと聞き、2月9日、村を訪問しました。

■ これまでの経緯
 紛争中、国軍によるレイプの犠牲者を出したアル・ロッ村の女性たちは、2004年からJari Acehが組織するグループ(Forja DOM:軍事作戦地域寡婦フォーラム)に加わりました。それまで、ほかのグループが生計を立てるための支援を受けたことがあるのに対し、アル・ロッ村の女性たちはまだ一度も支援を受けたことがありませんでした。このたび、はじめて28人の女性たちに対し、支援をおこなう運びとなりました。そして、2006年8月、女性たちによる話し合いで、小グループをつくり、牛を育てることに決まりました。

■ 子牛が生まれた!
 話し合い後、すぐにでも支援したいと考えていましたが、9月末からの断食月、10月末の断食明け大祭を控え、牛の値段は高騰していました。そのため、12 月に入ってやっと、メス牛を買い付け(3日)、トラックで村に運ぶ(6日)ことができました。
 2カ月たった07年2月現在、残念なことに、妊娠していた親牛の1頭は電線にあたって感電死し、もう1頭は行方不明になってしまいました。この親牛を飼育していた小グループは、それでも親牛を飼育したいという思いが強く、まず自分たちで解決する方法を探っているところです。とくに感電死した親牛については、切れた電線を放置していた家にとっても、女性たちにとっても不利益にならないよう、村全体で協議する予定だそうです。
 いっぽう、女性たちが何よりも待ち望んでいた子牛(オス)が2月3日に誕生しました。この小グループの女性は、「とてもうれしい。1000万ルピア以上で売れるよう、大きくなるまで育てたい。どうしても必要な支出があり、早く売らなくてはならなくても、収入でヤギを買いたい」と話してくれました。

■ 子牛の売り上げは将来の活動に
 06年8月の話し合いでは、小グループに子牛が生まれたら、売り上げの5%をグループのために積立て、残り95%のうち半分を子牛が生まれた年の管理者に、残り半分を4人で均等に分けるという方式に決まっていました。
 しかし、その後の話し合いで、慣習法にしたがった方式を採用することになりました。つまり、親牛は女性たち、Jari Aceh、NINDJAの共同所有となり、子牛の売り上げの半額、孫牛の売り上げの3分の2が、女性たちの取り分となります。
 Jari AcehとNINDJAは、子牛、孫牛の売り上げの取り分を、女性たちのために積み立てます。この積立金は、出産期の終わった親牛を、新しい親牛と交換する際の支払いに用いるなど、アル・ロッ村の女性グループの将来の活動につながるものとなります。

■ グループ代表サリアティさんのメッセージ
 アル・ロッ村の紛争被害女性の支援をしてくださり、本当に感謝しています。牛を飼うことで、わたしたちの活動が増えましたし、(生まれた子牛を育てて売ることで)収入にもつながります。なによりも、もっとも僻地にいるわたしたちのことを気にかけてくれる人がいることが、とても嬉しかったです。今後も、ぜひご支援いただけると幸いです。

■ 会計報告
<収入>
カンパ 99万5710円
Jari Aceh 3030万ルピア
<支出>
牛7頭 2625万ルピア
輸送費 100万ルピア
<残金>
円 1万5710円
ルピア 7931万ルピア

* WE21ジャパンみやまえ、横浜ゾンタクラブ、ほか個人の方がたからご支援いただきました。ありがとうございました。
* 津波被災者支援で、Jari Acehに出ていた経費・給与6カ月分を、紛争被害女性支援につかう提案が、Jari Aceh から出ました。
* 残金については、もっとも女性の支援になるプログラムを、女性本人、Jari Aceh、NINDJAで話し合い、再度ご報告させていただきます。なお、縫製技術の訓練という案が出ています。
* 1円=約75ルピア(2007年2月現在)

(報告:渡辺瑛莉)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2006-8-22 20:26:00 (2225 ヒット)

■ 支援の背景
 2003年5月にアチェで軍事戒厳令が布かれて以降、1年間に3000人以上が殺害され、多数の拷問、略奪、女性たちへの性的暴力など重大な人権侵害が起こりました。
 北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村では、軍事戒厳令布告直後の2003年6月、4人の女性が、中ジャワ州出身の陸軍戦略予備軍第441大隊の兵士3人にレイプされる事件がありました。この村では、2000年3月にも複数の女性がレイプされています。
 NINDJAのパートナーであるJari Aceh(公正のための女性ネットワーク)は、90年代より軍事作戦の犠牲となった地域の女性たちを組織化し、女性たちの生計を立てる活動への支援をおこなってきました。2000年からは、NINDJAと協力して、軍事作戦で父親を殺害された子どもたちへの奨学金の供与もおこなっています。
 アル・ロッ村の女性たちも2004年、この女性グループForja DOM(軍事作戦地域寡婦フォーラム)の新しいメンバーになりました。グループに参加する28人の女性たちは、今後のグループの活動に役立てるため、毎月2000ルピア(約25円)ずつ貯金しています。
 Forja DOMに以前から属するほか6カ村のグループには、Jari Acehが米国NGOのICMCから助成を受けて、生計を立てる活動への支援をおこないましたが、新しいアル・ロッ村のグループには、まだ支援がありませんでした。

■ 支援内容に関する話し合い
日時:2006年8月22日15時〜17時半
場所:北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村
参加者:アル・ロッ村女性20人、Jari Acehスタッフ3人、NINDJAスタッフ2人

■ 女性たちの生業:
 この村の女性たちの生業は、ゴム農園での賃金労働です。ゴム農園は村から歩いて1時間半のところにあり、女性たちは朝7時から夕方3時まで働き、2万ルピア(約250円)稼ぎます。それ以外に、自宅の庭で、カカオやピナン(ビンロウ)などを小規模に栽培しています。しかし、村に水田はほとんどなく、あっても灌漑施設がないことから、コメは購入するしかありません。

■ 支援の内容:
 まず、女性たちのほうから、どんな支援を望んでいるか、意見を出してもらい、適切かどうか話し合ってもらいました。女性たちから最初に出た意見は、ヤギの飼育でしたが、最終的には牛の飼育がよいということで全員の意見が一致しました。
 ヤギの飼育については、単価が安い(1頭約30万ルピア、約3,900円)ことから、女性たち1人1人の所有になるという利点がありますが、ヤギはすでにたくさんおり、目が行き届かなくなる可能性があるという心配が出されました。
 いっぽう、牛は単価が高い(1頭約300万ルピア、約39,000円)ので、個人で所有することは難しいが、数人のグループをつくって管理したらよいという意見が出て、みんなその意見に賛成しました。
 そこで、4人ずつのグループを全部で7グループつくり、グループの所有としてメス牛を1頭ずつ支援し、子牛が生まれたら、子牛の売り上げの5%をグループの資金として積立て、残りの95%のうちの半分をその年の管理者に、さらにその半分を4人で均等に利益を分配するという方式に決まりました。
 メス牛は1年に1頭の子牛を生むので、管理者は子牛が生まれる度に交替し、4年間で小グループの全員に利益がほぼ均等に分配されることになります。また、親メス牛は4年たったら売り、その売り上げとグループに積み立てたお金(子牛の売り上げの5%)から、新しい親メス牛を買って、つねに子牛を出産できるようにします。
 牛小屋はみんなでゴトン・ロヨン(相互扶助)によって建て、材料も自分たちで集めてくることになりました。万が一、自然的な要因(落雷、トラに食べられる等)によって親メス牛が死んでしまった場合は、グループの積立金から新しい親メス牛を買うことにし、もし管理者の過失によって死なせてしまった場合は、管理者が責任を取るということに決まりました。
 これらの取り決めは、すべて女性たちによって話され、全員の納得のうえで、決定されました。

■ 支援の収益
 女性たちに、このプロジェクトによる収益をどのように使いたいかと尋ねたところ、生活費に回すのではなく、新しい牛を購入したり、急な支出のある時のために貯金したりしたいという意見が返ってきました。このプロジェクトによって女性たちが貯金を増やし、いざというときのための蓄えがあることで、女性たちの暮らしに少しでもゆとりが生まれること、またグループで活動することで、女性たちの間に困ったことがあったときの問題解決のための機会や手段が生まれることが期待されます。


« 1 2 3 (4)