更新情報
NINDJA's Update
ニュースレター
NINDJA's Newsletter
ショップ
Warung NINDJA
BAHASA INDONESIA
NINDJA's Indonesian Site
NINDJAの活動
アチェ人道支援
検索
Follow NINDJA's Twitter
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
アチェ人道支援へのご協力のお願い
■ 紛争被害・津波被災女性支援
 2004年末のスマトラ沖地震・津波を受けて、2005年8月15日、インドネシア政府と自由アチェ運動(GAM)のあいだで和平合意が結ばれました。しかし、アチェ自治政府の権限や、人権法廷、紛争被害者への補償など、まだ多くの課題が残されています。
 GAMに参加している、支援していると疑われただけで、若い男性が殺害され、拷問され、誘拐されてきた状況で、一家の働き手を失ったり、家を焼き討ちにされたり、財産を略奪されたりした女性たちは、現在も困難な生活を強いられています。
 NINDJAは、とくに軍事作戦の激しかった北アチェ県を中心に、紛争被害者と津波被災者(とくに女性)への支援を開始しました。ぜひご支援ください。

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ 軍事作戦で父親を殺された子どもたちへの奨学金
 1989年から1998年まで軍事作戦地域(DOM)に指定されていたアチェでは、約6000人の女性が、軍によって夫を殺されました。NINDJAは、協力関係にある北アチェ県のForja DOM(軍事作戦地域被害者寡婦フォーラム)を通じ、父親を殺された子どもたちに奨学金を出しています。
◇対象となる村◇
クタ・マクムル郡アル・ランベ村、グハ・ウレェ村、クルン・スノン村、プロ・イボ村、ニサム郡、西バクティア郡マタン・シジュック村、パヤ・バコン郡アル・ロッ村
◇奨学金の額(月額)◇
小学生 10,000ルピア 中学生 15,000ルピア 高校生 20,000ルピア(2010年2月現在、1円=約100ルピア)

Warung NINDJAからご支援いただけます

■ ピディ・ジャヤ地震被災者支援
 2016年12月7日、ピディ・ジャヤ県でM6.5の地震が発生しました。8日昼までに、死者102人、重軽傷700人、避難3276人と報じられています。NINDJAは、長年アチェで活動してきた経験を活かし、草の根の支援を開始しました。

Warung NINDJAからご支援いただけます
投稿者: NINDJA 投稿日時: 2013-8-30 1:21:00 (1175 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第七弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡プロ・イボ村のジュフリとアフマド・ユニスです。
 プロ・イボ村のスワイバさん(1975年生まれ)は、1990年に父親を殺害された経験をもつ女性で、Forja DOMのメンバーのなかでもとくに貧しいひとりです。2002年8月にインタビューした際は、夫がバナナの葉をいちばに運んで売る仕事をしていましたが、コメ竹筒2本分、魚を買うのがせいいっぱい。当時、小学校に通いはじめた長男は、制服もカバンもなく、ビニール袋に教科書などを入れて通学している状況でした。同じ年の夫が3年前に死に、スワイバさんの生活はより厳しくなっていることから、2013年1月より、スワイバさんの息子2人に奨学金を供与しはじめました。

 1996年1月1日生まれのジュフリは、北アチェ県クタ・マクムル郡プロ・イボ村の非常に貧しい家庭で育った。父親ハルンは生前、ココヤシの木に登ったり、いちばに行ったり、水田で日雇い労働者をしたりして、母親スワイバは水田の日雇い労働者をして、なんとか生計を立ててきた。家も簡素なものだ。
 ジュフリはいまロスマウェ第5高校2年生だ。毎日、3年前に死んだ父親が遺した自転車で、通学している。いちばん好きな科目は生物で、成績も8か9だ。クラスで5位になったこともある。ジュフリのおこづかいは5000ルピア。母親が水田で日雇い労働をしたり、川縁でパキスという草を摘んで売ったりして捻出する。ジュフリも半日の授業が終わると、水田で稲を運んだり、道路建設で石やセメントを運んだり、日雇い労働をして、生計を助ける。夜にはプンガジアン(コーラン詠みの練習)と勉強だ。
 NINDJAを通じた奨学金は、1カ月2万ルピアだが、半年貯めれば靴や制服、ノート、ボールペンも買うことができる。ジュフリの希望は進学すること。奨学金が大学までつづくことを願っている。
 ジュフリの弟アフマド・ユニスは、1999年6月6日生まれの14歳、クタ・マクムル第2中学校2年生だ。アフマド・ユヌスもまた、母親の手伝いをし、牛の面倒をみたり、井戸の水を汲んだりしている。奨学金で靴、制服、ノートを買えるようになったという。ジュフリ同様、将来は大学への進学を希望しており、奨学金がつづくことを希望していた。

(報告:ヌルジュバ)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2011-11-29 10:34:00 (655 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第六弾は、北アチェ県パヤ・バコン郡アル・ロッ村のサフリザルとスリ・ワヒュニです。
 NINDJAは、軍事作戦地域被害女性フォーラム(Forja DOM)メンバー女性の子どもで、かつアチェが軍事作戦地域に指定されていた1989〜98年に父親を亡くした子どもたちに奨学金を供与してきました。98年のスハルト退陣後もアチェの情勢はよくなるどころか、ますます緊迫化し、孤児の数も増えましたが、NINDJAに寄せられるカンパの額を考えると、支援対象を広げることは困難でした。しかし、いっぽうで奨学金を支給していた子どもたちが高校を卒業するなど、支援する子どもの数は少しずつ減っていきます。協力団体のJari Acehと相談し、新たにForja DOMに加わったアル・ロッ村の女性グループのなかから、とくに国軍兵士によってレイプされた女性7人の子どもたちを支援対象に加えることを決めました。

 NINDJAの奨学金を受けているなかに、Aさんの子どもたちがいます。夫と離婚したAさんの生活はかつかつで、3人の子どもを育てるため、ときにピナン(ビンロウジュ)の皮むきなどをして生計を立てています。
 Aさんの3人の子どものうち、NINDJAの奨学金を受け取っているのは2人です。長男サフリザルは中学1年生です。サフリザルは、フォーマルな教育だけでなく、学校近くのプサントレン(イスラーム寄宿宿)に住んで、宗教教育も受けています。Aさんは、子どもの教育にたいへん熱心です。
 二番目の子どもで長女のスリ・ワヒュニは10歳。小学校に通っています。小学校から帰ると、母親を手伝ったり、弟の面倒をみたりします。スリの夢は医者になること。奨学金がずっとつづいて、学校を中退しないでも済むよう、そして夢を達成できるよう願っています。

(報告:エルナ・ジュリアナ)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-6-17 10:16:00 (614 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第五弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡ウレ・グレェ村のジュライニ・M・タエブです。

 ジュライニ・M・タエブは1990年、まだ4歳だったときに、父親M・タエブ(当時37歳)を失った。国軍に連行された父親は、いまも行方がわからないままである。以来、母親のフディアが、ジュライニを育ててきた。
 学校ではずっと成績10位以内、小学校を卒業するときは3位と、ジュライニは勉強熱心だった。中学校でも2年のとき、クラスで1位になっている。学校から帰ると、水田に働きに行く母親を助け、料理など家事を担当した。
 ジュライニは、ロスマウェ市の高校に神学すると、家が遠いため、NINDJAの協力団体であるJari Acehの事務所に住み込むようになる。高校から戻ると、Jari Acehスタッフとともに学び、NGO世界は彼女にとって異質なものではなくなっていった。
 当時のジュライニの夢は、高校卒業後、看護学校に進学することだった。しかし、NINDJAからの奨学金は高校までしかなく、学費の高い看護学校に進学する経済的余裕もなかったジュライニは、ロスマウェ市の単科大学教育学部英語学科に進学を決める。「どんなに経済的に苦しくても、わたしにとって教育はいちばん大切なものだった」とジュライニは話す。
 大学に通いながら、ジュライニは、Jari Acehスタッフとして働きはじめている。「Jari Acehで社会のために働くということを学んで生きたい」

(報告:イムラン・MA)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2008-4-2 20:19:01 (2272 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第四弾は、北アチェ県クタ・マクムル郡ウレ・グレェ村のムンタシルです(写真は姪を抱くムンタシル)。

 無口で、ときどき微笑みをみせるムンタシル・ビン・M・タエブ(18歳)は、ロスマウェ第5高校3年生である。彼には父親がいない。
 18年前の1990年、まだ赤ん坊だったころ、父親を失った。父親M・タエブは、自由アチェ運動(GAM)に関与していると非難され、国軍に連行されたまま、いまも行方がわからない。
 以来、ムンタシルは母親フディアに育てられてきた。農業労働者として水田で働くフディアの収入では、ムンタシルを含めた3人の子どもを育てるのは困難だった。それでも幸運なことに、ムンタシルはブロ・ブラン・アラの小学校に通うことができた。6年生になるとき、ムンタシルはNINDJAからの奨学金を得るようになり、学費の負担は少し軽減した。
 ムンタシルの趣味は絵を描くこと。中学に入ってから、ますます進歩し、友だちから絵を頼まれたり、学校のポスターをつくるよう注文されたりするようになる。ただし、絵を描いたことで、先生から怒られたこともあった。「友だちの制服に絵を描くように頼まれたんだ。それで先生に怒られたよ」
 現在、青年になりつつあるムンタシルは、毎朝7時に学校へ出発する。通学にかかる交通費は2000ルピア。学校から帰ると、母親を手伝って、夕方まで水田に行く。夜には村でコーラン朗詠だ。空いた時間には、見たものなんでもスケッチする。いまでは村の結婚式の垂れ幕も彼の作品だ。
 絵を描くほかに、彼は動物を育てるのも好きである。鳥や猿を飼ったり、母親を手伝って、ニワトリやアヒル、ヤギも育てている。
 ムンタシルのいまの願いは、大学に進学することである。NINDJAからの奨学金が、大学まで出ることを望んでいる。「大学に進学して、医学を勉強し、村の人びとの役に立ちたい」

(報告:イムラン・MA)


投稿者: NINDJA 投稿日時: 2007-6-17 12:42:00 (1860 ヒット)

 NINDJAが奨学金を供与している子どもたちの紹介です。第三弾は、北アチェ県ニサム郡パヤ・ドゥア村のサラフディンとチュッ・ダラです(写真一番左がチュッ・ダラ)。

 奨学金、洗濯代がマレーシアに送られる。マレーシアで教育を受けているニサム郡パヤ・ドゥア村のサラフディンの話は、ここからはじめるのがいいかもしれない。父親はいないが、母親が金持ちの家で洗濯婦をすることで、彼は暮らしてきた。
 ニサムの小学校を出たあと、サラフディンはロスマウェのウトゥン・クッ学校に入学した。この学校の教育システムは、一般の中学校・高校とは異なっている。生徒は、英語とアラビア語という2言語で話すことが義務づけられる。サラフディンも、その生徒のひとりだった。
 サラフディンは、ロスマワティの子どもの2番目だ。ロスマワティの夫は1990年、国軍によって家から連行され、7km離れたところで射殺された。遺体は、道路に投げ捨てられた。3人の子どもを育てるため、ロスマワティは必死で働いた。すべての重荷をひとりで背負わなくてはならず、怒りをぶつける場もなかった。ただ運命を受け入れるしかなかったのである。夫は財産を残すこともなかった。生計を立てるため、彼女はタマリンドを市場に運び、ゴザを売り、金持ちの家で洗濯婦もした。NINDJAからの奨学金は、そんな彼女の支えとなった。
 サラフディンは、1年に1回の休暇のときのみ、アチェに戻ってくる。彼は礼儀正しく、マジメだ。英語とアラビア語を話せる彼の姿に、母親は涙を流さずにはいられない。「サラフディンは勉強をすることができた。子ども以上の存在よ」
 サラフディンの妹チュッ・ダラ・フォナも、北アチェ県デワンタラ郡のパロ・ラダ中学2年生だ。恥ずかしがり屋の彼女は、あと1年で中学を卒業する。ロスマワティは、学校往復のための1000ルピアしか準備できないが、NINDJAの奨学金で学校に必要なものを購入することができた。「学校に行きたいという子どもの希望をかなえるのは難しかったけれども、疲れていたときでも、奨学金があったから励まされたわ」ロスマワティは遠くを見つめて語った。

(報告:イムラン・MA)


(1) 2 3 »